スノーダンプ購入の選び方@男性/女性/高齢者|用途別&雪質別に

昔は、鉄製の 重いスノーダンプしか なかったものですが、今では いろいろ工夫された スノーダンプが あります。

見落しさえしなければ、あなたや、あなたの用途に合った ぴったりのスノーダンプが 見つかるはずです。

失敗しないスノーダンプ選びのために、
  スノーダンプ毎に 適切な用途・雪質などを解説
  用途・雪質別に おすすめスノーダンプを解説
の順に整理しますので、参考にしてみてください。

まずは、どんなスノーダンプがあるのかを 知ることも大事です。楽天市場には いろいろなスノーダンプを見ることができます。

Check >> 楽天市場の スノーショベル・ダンプの ランキングは こちら

ところで、ランキング上位の 人気スノーダンプだとしても、あなたや あなたの用途に ぴったりとは限りませんので、ランキングの上位ということに つられて失敗しないように注意です。

スノーダンプ毎に 適切な用途・雪質などを解説

個々のスノーダンプに着目して、各々にあった用途・雪質、注意点などについて まとめます。

雪のない地面でも 雪を運べる コロ付きスノーダンプ

スノーダンプは 雪の上を押して進むのが一般的です。そんなスノーダンプを、雪がない地面で使うのは 大変ですし、地面に接する裏側が キズだらけになってしまいます。

しかし、このスノーダンプは、コロキャスターがついているので、雪のない地面でも運びやすいです。さらに ハンドル折りたたみ式のスノーダンプのため、収納場所にも困らないです。

雪の少ない地域で 活躍するスノーダンプです。(雪の多い地域向けではないです。)



雪を運ぶのにコロキャスターが活躍するので、地面に雪を残さないように 片づけることができます。

大雪地域の定番|軽くて丈夫・先端部ポリカ仕様・金象印のスノーダンプ

大量の除雪作業や 移動に 便利なスノーカート(スノーダンプ)です。皿(カート)部分がプラスチックのため軽く、男性はもちろん、女性や 高齢の方にも 扱いやすいです。

先端のポリカーボネイトにより、雪刺さりも良く、除雪作業が進みます。強度も優れており、丈夫で壊れにくいため 長持ちします。

大雪の地域では よく目にする、人気の金象印のスノーダンプです。


以前は アルミ製のスノーカート(スノーダンプ)も よく見かけました。アルミ製は、軽量で 丈夫で でも 値段が やや高いです。ところが このスノーカートが登場した頃から、アルミ製は あまり見なくなったように思います。このスノーカートが 十分に丈夫であるため、値段が高い アルミ製を 購入する必要が なくなったようです。

雪刺さりがよく、丈夫なため、固い雪にも直接使いがちです。しかし、除雪車が間口に置いていく硬い雪や、氷混じりの固い雪などの場合は、スノーダンプだけで崩して運ぶのは、負担が大きすぎて 壊れる原因になります。

圧雪・氷混じりの固い雪には スコップ&スノーダンプのコラボで

このような固い雪は、鉄のスコップで 一旦崩してから運ぶことが 一般的な片づけ方です。プラスチックのスコップや、アルミのスコップでは、雪が固すぎて スコップの方が壊れることがあります。

鉄のスコップといえば、角型スコップと 丸型スコップがありますが、固い雪を崩すということでは、丸型スコップが 圧倒的に便利です。運ぶのはスノーダンプを使えばいいので、すくう部分の広さよりも、崩しやすさで選んだ方がいいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A柄ショベル丸形 木柄剣先スコップ ゴールド色 オーゴン
価格:1512円(税込、送料別) (2018/2/18時点)



我が家での見解では、「丸型剣先スコップ」と「プラスチック製の 軽いスノーダンプ」のコラボが、きっと最強だと思います^^。



氷の塊を含む屋根からの落雪を、丸型スコップで崩しています。先が鋭いので、固い氷も 隙間からしっかり崩していけます。



適当な大きさに崩した 圧雪や氷の塊を スノーダンプですくって 運びます。

固い・硬い雪!崩す&運ぶを1台でできる 吉鉄スノーダンプ

除雪車が 間口に置いていく雪や、屋根からの落雪など、「硬い圧雪」や「氷混じりの固い雪」には、前に書いたように、
(1)スコップで崩して
(2)スノーダンプで運ぶ
というのが 一般的です。

ところが、この「(1)崩す」と「(2)運ぶ」を、スノーダンプ1台だけで できるのが「吉鉄スノーダンプ」です。



スノーダンプと スコップを 持ち替えることなく、作業ができるのは、気持ちがいいです。滑りもよく、サクサク作業できると喜ばれています。

実際に購入・利用された方々の口コミ評判をご紹介します。

  • 踏み固めてしまった圧雪も削ってくれる。
  • スコップのように かがまなくていいので かなり楽。
  • 苦労していた 除雪車が残していく 重い雪の塊も、スコップで崩す必要がなく、そのまま根こそぎ運べて便利。作業時間も 労力も ママさんダンプとは 比べ物にならない。
  • 除雪車が残していく重い雪の塊も、屋根からの氷混じりの圧雪も、さくさく除雪が進む。
  • 屋根の雪下ろしが 楽に 速くできた。
  • 雪を積み上げるのでなければ、女性でも「中」サイズで いける。
  • 力に自信のない女性には「小」サイズが おすすめ。

除雪作業が、楽に 速くなったと 喜ぶ人が多いです。
 

用途・雪質別に おすすめスノーダンプを解説

様々なシチュエーションや、用途・雪質について、おすすめのスノーダンプをまとめますので、参考にしてみてください。
 

雪の少ない地域で 雪を残さないように片づける

あまり雪が積もらない地域で、雪を残さないように 片づけるのに便利なスノーダンプがあります。コロキャスター付きのスノーダンプがあります。

ところで 通常のスノーダンプは、積雪の上を滑らせて運ぶつくりのため、雪のないところを運ぶことには向いていないです。

  雪のない地面でも 雪を運べる コロ付きスノーダンプ
 × コロキャスター・タイヤなどのない 普通のスノーダンプ
 

大雪の地域で 日々の雪かき・除雪に人気のスノーダンプ

大雪の地域で、日々の除雪・雪かきに利用され、支持されているスノーダンプです。新雪・やわらかい雪から、湿った雪、固い雪などまで 幅広く対応できるスノーダンプが人気です。

軽いスノーダンプは、男性はもちろん 女性や高齢の方にも人気です。

  大雪地域の定番|軽くて丈夫・先端部ポリカ仕様・金象印のスノーダンプ
 

除雪車が置いていく道路からの圧雪/屋根からの落雪・落氷等 固い雪を 片づける

朝、家の間口に 置いていかれる 除雪車による 道路からの 硬くて・重い圧雪の山、あるいは、屋根からの落雪・落氷が積もった 固くて・重くて・氷混じりの圧雪の山。

どちらも、普通のスノーダンプだけで 片づけようと ムリをすると スノーダンプが 壊れることも多いです。

  圧雪・氷混じりの固い雪には スコップ&スノーダンプのコラボで
  固い・硬い雪!崩す&運ぶを1台でできる 吉鉄スノーダンプ
 

屋根の雪下ろし(新雪・やわらかい雪)

雪が積もってから 時間が経っていない雪であれば、やわらかいため、プラスチックタイプのスノーダンプ、あるいは、スコップ等を使って 滑り落とすことも可能でしょう。

雪が固くなる前に 早目の段階で 雪下ろしすることは、作業の安全性を考えても いいことです。

  スコップ(広さ・勾配などに応じて)
  大雪地域の定番|軽くて丈夫・先端部ポリカ仕様・金象印のスノーダンプ
  固い・硬い雪!崩す&運ぶを1台でできる 吉鉄スノーダンプ
 

屋根の雪下ろし(圧雪・氷混じりの雪)

雪が積もってから 時間が経つと ふわふわだった雪も 自重で徐々に 締め固まっていきます。さらに 寒暖などが作用すると 融解・凍結により、つららを含む氷の塊ができたりもします。

このような 圧雪や 氷混じりの雪の場合、もはや スコップだけ、あるいは プラスチック製のスノーダンプだけ では、雪下ろし作業は困難です。

 × スコップだけ
 × プラスチック製スノーダンプ(スノーカート)だけ
  圧雪・氷混じりの固い雪には スコップ&スノーダンプのコラボで
  固い・硬い雪!崩す&運ぶを1台でできる 吉鉄スノーダンプ
 

さいごに

使用者・用途・雪質などに応じて、適切なスノーダンプを選ぶことが、冬の間の除雪・雪かき作業の苦労の軽減には欠かせないです。

大雪の直後には、一気に売り切れ・品薄になることも多いため、事前に準備しておくことが大事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。