上品で大人かわいいマザーズバッグ!ティアティア/TheaTheaの選び方

 

 

ロサンゼルス(LA) の 厳しい ママたちの 目の中で、機能と デザインの 両立を 目指して、改良を 重ね 続けて きたという ティアティア(TheaThea) の マザーズバッグ。だから 軽量・大容量・おしゃれ!と 評判 なのは 当たり前 なのかも。

LAまで 行かなくても、通販を 利用することで、そんな ティアティアの 素敵な マザーズバッグを 購入する ことが できます。せっかく だから、通販ならでは の お得と、ティアティアの 本当の魅力を 見落す ことなく 選びましょう。
 

ちなみに「TheaThea」を「テアテア」と 読む人 も いるみたい だけど、「ティアティア」が 正しい みたいです^^。

 

このページのガイド(目次)

 

1. ティアティア(TheaThea)マザーズバッグ トート・ショルダーの2WAY

小1時間くらいの ちょっとした お出かけ から、半日・1日がかりの お出かけまで、赤ちゃん・子ども と一緒の お出かけに 寄り添って ほしいから、用途に 応じた 2WAYは とても 心強いです。

ちょっとの お出かけなら 手持ち・肘掛け・肩掛けなどで さっと行動できる トートバッグが 気軽で 便利。でも、お出かけの時間が長くなると その分 持ち物も 増えますし、子どもへの フォローも しやすいように、手があけられる ショルダータイプが なにかと 便利。それと、気分に よっても ときどき 変えてみるのも 楽しいかも。

 

1.1. SASHA(サシャ) トート・ショルダーの2WAY


(↑ click! ショップで 確認 ↑)

 
とっても軽くて 大容量の キルティング マザーズバッグ。人気のワケは、上品な 大人かわいさを、外にも 内にも もってるところだと思います。

軽くて 汚れにくい ナイロン キルティング。たっぷり入れたいからこそ、軽いって素敵。大容量な だけでなく、ドリンク ホルダーや ポケットも 充実。使いやすいさも 考えられてます。内側の リボン柄も 素敵で、バッグの 中まで 見せたくなるかも。

取り外しできる ショルダー ストラップも 付いてて、荷物が 多いときは ショルダーバッグとしても 使えます。なんだか たのもしいですね。


 

 

1.2. SANTAMONICA トート・ショルダーの2WAY


(↑ click! ショップで 確認 ↑)

 
SANTAMONICA(サンタモニカ)は、ボーダーが 目をひく とっても素敵な 2WAYバッグ。こなれた カジュアルな 感じの キルティング マザーズバッグです。ポケットなど 中のレイアウトも 素敵で、バッグを 開けたときに どこに 何があるのかを 見やすい つくり。

丈夫で 軽い ナイロン キルティングなので たっぷり入るのに 軽い。荷物を 持ったままでも、気軽に 赤ちゃん・子どもを 抱っこできるって 素敵ですよね。大きな リボンも かわいいですが、このリボンを外すと、ファザーズ バッグとして パパが 持っても 素敵なバッグ。

専用の ショルダーを 利用すると、斜めがけに 持つこともできるので、両手が 自由になり より動き やすくなりますね。目が 離せない 子どもも しっかり 見守る ことが できますね。


 

 

1.3. alice(アリス) トート・ショルダーの2WAY

さりげない かわいい フリルと、おしゃれな バイカラーで 大人かわいい マザーズバッグ。

 
シンプルだから、きちんとした 装いにも 合いますし、その一方で カジュアルな スタイルにも 合います。

たっぷり入るのに、ポケットも充実。整頓がしやすく ごちゃごちゃ しないで 済みそう。しかも 軽い!です。収納部は 大きな メインと、前後に サイド収納の 3層構造。子どもの ものと ママの ものを 別けて 入れられて スッキリ。サイド ポケットには 保冷機能も 付いてるそうで、細かい ところまで 考えられてますね。

普段は トート バッグとして 手持ち・肘かけ・肩がけで使い、荷物が 多い時や 赤ちゃん・子どもに 接するために 両手を あけたいとき等は、ショルダー ストラップを 取り付けて 斜めがけに 持つのもOK。

 

 

ティアティア(TheaThea) リュック

リュック タイプの マザーズ バッグなら、トートや ショルダー タイプの ものよりも、もっと アクティブな お出かけ にも 対応できますね。また 違った お出かけの 楽しみ方が 見つけられるかも。

リュック タイプの場合、混み合う バス・電車 などでは 気を使ったり、荷物の 出し入れ のときに 下ろす手間が かかったりを 心配して 避ける人も。しかし、これらの 課題に 対しても しっかり 考えて 工夫で 応えてる リュックも あります。どんな 工夫か、ちょっと 楽しみ じゃない ですか?

 

THREE(スリー)for MOM しっかりものリュック

子ども との ペアー ルックも 楽しめる マザーズ リュック!リュック タイプの バッグは、斜めがけのショルダータイプ以上に 自由に動けるので、目が離せない 子どもとの お出かけとか、あるいは アクティブな お出かけにも 便利。

 
リュック タイプは 動きやすい 一方で、荷物が 取り出しにくい という 弱点も ありますね。それに 応えるのが、背中部分にある BACK POCKET(バック ポケット)。財布などなら 赤ちゃんを 抱っこしながらでも、縦ジッパーから 取り出せるように つくられています。

また、電車や バスに 乗ったときも 周りの 迷惑に ならないように、背中から 下ろして 手提げや 腕に引っかけて 持てるように 工夫した つくりに なってます。

 

 

THREE(スリー)for BABY ママとおそろで!

 
親子で ペアー ルックが 楽しめるリュック THREE(スリー)の 子ども のほうの リュック。「ママとおそろい!」ということに 喜ぶ 子どもの 姿が 目に浮かびそう。

CHECT STRAP(チェストストラップ)が、子どもの 激しい 動きに 耐えるのに 役立ち、リュックの ずれ落ちを 防ぎます。

また 取り外しできる HARNESS(ハーネス)も 便利。子どもが 抑えきれない 好奇心に 動かされ、ひとりで ママのそばから 離れちゃうのを 防ぎます。混んでいる 場所で 子供を 見失わないためにも。

 

 

さいごに

ファッションで 知られるロサンゼルス(LA)で、そこの厳しい ママたちの目を パスしてきた「デザイン&機能性」だから、素敵に感じるのは 当たり前なのかな。どのアイテムも 魅力的なのには ちゃんと理由があるんですね。

それぞれのバッグには それぞれの特徴とか 魅力が ありますし あれこれ迷います。頭で考えても なかなか決まらないときは、最後は直感が 大事かもしれませんね。
 

関連記事

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。