電動鼻水吸引器・メルシーポット|いつから・いつまで便利に使える?

子供の鼻水・鼻づまりに、自宅でできる 電動鼻水吸引器・メルシーポットが たくさんの家庭に 浸透してます。自宅で簡単・手軽に 耳鼻科でするのと変わらないくらいの 鼻水吸引ができると評判。病院で 教えてもらって 購入した人も 多いそうです。

0歳から 使える メルシーポットだから、子供が 生まれて すぐに購入すれば よかったなぁと 後悔する人も 多いです。それも そうなのですが、でも 子供が 3歳・4歳・5歳に なってから 購入した人にも 満足されてます!

鼻をかめない 3歳くらいまでの 赤ちゃん・幼児の 鼻水吸引は もちろん。3歳以降の子供の 鼻水吸引でも 大活躍。使い方しだいでは 花粉症などに悩む 大人の人にも 使えるそうです。



(↑ click! ショップで 確認 ↑)

 
鼻水トラブルは 赤ちゃんだけ ではないですからね。風邪、花粉症、アレルギー性鼻炎、鼻づまりなど、困ったとき・気づいたときに 自宅で すぐ鼻水吸引ができます。病院に行ったり、待たされたりの 手間も 時間も いりません

子供の 鼻水吸引のメリットは、つらい鼻水・鼻づまりから 解放されるだけ ではないです。風邪の悪化を防いだり、中耳炎などの病気の予防につながったり、鼻呼吸の回復で ぐっすり眠れるようになったり なども そのメリットと いわれてます。

赤ちゃんの場合は、鼻水吸引で 鼻水が すっきりして 機嫌がよくなったり、ぐずりが減ったりすれば、お母さんの負担軽減にも つながりますね。
 

このページのガイド(目次)

 

1. 0歳・赤ちゃんの育児と鼻水

赤ちゃんが 生まれて すぐの頃は、お母さんも 産後の体力回復と 並行しての お世話。3時間ごとの母乳・ミルク、おむつ交換、沐浴、夜泣き・ぐずりなど お世話に追われて なかなか休めないことも。6か月くらいからは離乳食も始まり、はいはいなどで 動き出すようになると 危険などに対しての注意も 増えます。

個人差も ありますが、赤ちゃんは けっこう 鼻水を流します。日常的な 鼻水だけで、ほかに 赤ちゃんの様子に 問題がなければ、それほど気にすることは ないようです。うちの子も 普段から いっぱい鼻水を 流してました^^;。

でも 鼻風邪・鼻づまりで、赤ちゃんが ぐずりがちのときは 安静に させたり、病院に 連れていったり・・。自宅でも 鼻水吸引で 鼻水を すっきりさせて あげることができたら、赤ちゃんも 気持ちよく寝ることが できますね。そしてそれは、赤ちゃんだけじゃなく、お母さんの 負担軽減にも つながりますね。

電動鼻水吸引器・メルシーポットの 購入者のレビューを見ると、新生児も含め 0歳児からの使用でも たくさんの 喜びの声を 見ることができます。
 

Check >> 電動鼻水吸引器・メルシーポットの レビュー・口コミは こちら

 

2. 1歳・2歳の鼻水

1歳を超えると 歩くことができるようになり 行動範囲が広がり、どんどん危険が増えて 目が離せなくなりますね。

保育園に 通いだす 子もいますが、保育園に 行くことで、風邪や 病気をもらってくることも。鼻水のうちに しっかりケアして あげたいですね。鼻水が多いと 中耳炎などになることも。

まだ 上手に鼻を かむことができず、鼻をかむことを 極端に嫌がる子もいますが、鼻水吸引器に慣れると、スッキリできるだけに 鼻水吸引を 嫌がらない子も 多いとのこと。

鼻水 ぐじゅぐじゅで 寝苦しそうなときでも、鼻水を 吸ってあげた後は、気持ちよさそうに寝た というレビューを いくつも見ることができます。

 

Check >> 電動鼻水吸引器・メルシーポットの レビュー・口コミは こちら

 

 

3. 3歳・4歳の鼻水

3歳くらいから 自分で鼻を かむことが できる子も 多く、鼻水吸引器は 要らなくなるんじゃない? と思うかもですが、鼻づまりのときは うまく鼻水が だせなかったりするので、鼻水吸引器は 大助かり。

頻繁に鼻水が 出やすい子だと、中耳炎も 心配なので 鼻水吸引器が 役に立ちます。

ところで、3歳児(年少)から入園する 三年保育の場合や、4歳児(年中)から入園する 二年保育の場合など、幼稚園での 集団生活が 始まる子も。幼稚園に 通いだすと 幼稚園で 風邪を もらってくることもあり、鼻水吸引器の出番が 増えることもあります。

病院の 鼻水吸引だと 泣くのに、自宅でできる 電動鼻水吸引器・メルシーポットなら 泣かないという子も。また 鼻が出せずに 癇癪を おこしがちだったけど メルシーポットで ぐずぐず言わなくなったという子も。さらに 鼻水が すっきりすることに 気づいて、自分からホースを 鼻にあてる子も。耳鼻科の先生に勧められて購入した人も。電動鼻水吸引器・メルシーポットの レビュー・口コミが参考になります。

 

Check >> 電動鼻水吸引器・メルシーポットの レビュー・口コミは こちら

 

4. 5歳・6歳以上の子供の鼻水

5歳、6歳ともなれば 自分で鼻を かむことも できますが、鼻炎や 鼻づまりが 多い子には 鼻水吸引器が 役立ちます。とくに 鼻づまりだと うまく鼻水が 出せないですからね。

鼻水を 放置すると 中耳炎の心配もありますし、耳の不調にもつながります。

メルシーポットの購入者の中では 遅いほうですが、それでも レビュー・口コミを見ると 利用者が多いのでした。7歳の子供のために購入したという人も。もっと早く購入すれば よかったとしながらも、まだまだ役に立っているようです。

 

Check >> 電動鼻水吸引器・メルシーポットの レビュー・口コミは こちら

 

 

5. 大人の鼻水にも?

中には、子供の鼻水吸引に慣れた お母さんが 風邪のときに 自分の鼻水吸引で すっきりできた!というコメントも。鼻づまりは 大人にとっても 鼻を かむだけでは 解消しない イヤなものですからね。

花粉症や 慢性鼻炎など 鼻水の悩みは 風邪だけではないですし、上手に活用している人も。
 

6. 電池式や 口で吸うタイプも 試したけど・・

お母さんが 口で吸うタイプの 鼻水吸引器もありますが、それを使うことで 子供の 風邪を もらうこともあり、なかなか気軽にはできないかも。また、電池式の 電動鼻水吸引器には 物足りないという声も 多いです。

鼻水・鼻づまりの 頻度が高い 子だと、電池式や 口で吸うタイプでは 対応が 難しいことも。鼻水の 悩みに メルシーポットが 喜ばれています。
 


 

 

7. 電池式の鼻水吸引器 ベビースマイル

メルシーポットより リーズナブルに購入できる 電動鼻水吸引器(ベビースマイル S-303)も あります。

携帯にも便利で、気がついたときに 鼻水を吸引してあげることができます。音が 静かなのも 助かります。

吸引のしかたには コツもあるようですが、使いこなすと かなり重宝するようです。


 

 

8. 口で吸うタイプの鼻水吸引器


(↑ click! ショップで 確認 ↑)

お母さんが 口で吸うタイプの 鼻水吸引器です。吸引力は 吸う力で調整できます。値段的にも 気軽に 試せそうですね。

赤ちゃんが動いても 傷つけることがないように、鼻ノズルは やわらかい素材。

逆流防止パーツが 付いて、お母さんの 口に 子供の鼻水が 入らないようになっているようです。

 

 

9. さいごに

子供の鼻水の悩み、個人差もあるので 一概には いえないけど、鼻水が 多い子の場合、病院に行く手間や時間・費用、そして子供の負担軽減なども 考えると、自宅に 鼻水吸引器があっても よさそう。でもけっこうな お値段なので 迷いがちですが、迷ったときは 購入者の声が ヒントになります。

Check >> 電動鼻水吸引器・メルシーポットの レビュー・口コミは こちら

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする