抱っこ紐・エルゴとの併用で選ぶ!マザーズバッグ・リュック特集!軽量・おしゃれ

抱っこ紐・エルゴとの併用・両立で選ぶ、マザーズバッグ・マザーズリュックの特集です。

エルゴは、赤ちゃんのことも、抱っこするママ・パパのことも、考え尽くされた 抱っこ紐です。それだけに すっごく人気で、利用者も多いですね。

ところが、抱っこ紐(エルゴ)と一緒に使うのに ちょうどいい マザーズバッグ・マザーズリュック探しで 苦戦している人も多いです。そこで、抱っこ紐(エルゴ)との併用に相性のいいバッグ・リュックを紹介します。
 

このページのガイド(目次&比較一覧)

 1. 抱っこ紐(エルゴ)と併用のマザーズバッグ・リュック!おすすめ集
  1.1. DORACOLUV 10ポケット マザーズリュック 超軽量
  1.2. Hanna Hula(ハンナフラ)バックパックベーシック
 2. 抱っこ紐・マザーズバッグ/リュック活用に!素敵な知識・情報集
  2.1. エルゴにもいろいろなバリエーション
  2.2. エルゴは暑い?
  2.3. エルゴの進歩
  2.4. エルゴしたままリュックは背負える?
 3. さいごに
 

バッグ・リュック
(詳細情報へリンク)
特徴/魅力 値段/送料
1.1. DORACOLUV 10ポケット マザーズリュック 超軽量 エルゴと一緒に背負えてOK
約22Lの大容量&約560gの軽量
税込23,760円
送料無料
1.2. Hanna Hula(ハンナフラ)バックパックベーシック メイン収納とは別の底のポケットにエルゴがしまえて便利
大容量&約620gの軽量
税込 8,532円
送料無料

 

1. 抱っこ紐(エルゴ)と併用のマザーズバッグ・リュック!おすすめ集

1.1. DORACOLUV 10ポケット マザーズリュック 超軽量

抱っこ紐・エルゴと 一緒に背負っても大丈夫。大容量で収納ポケットも充実、なのに軽量が自慢のマザーズリュックです。



エルゴとの併用
大容量なので 他の荷物と一緒にエルゴをしまうこともできます。
リュックストラップがクッション入りなのに薄いつくりで、エルゴと一緒に背負ってもスッキリです。バッグが軽いのも嬉しいですね。

収納&出し入れ
サイズが 幅約31cm/高約45cm/マチ約16cmで 容量が22L(販売サイトより)と 大容量です。エルゴをしまうこともできますし、お泊り用のバッグとしても便利そうです。
メイン収納が ガバッと大きく開き、中の荷物が見やすく、取り出しにも便利です。ポケットが充実しており、整理整頓にも役立ちます。背面ファスナーが左右両方についていて、リュックを下ろさなくても 物の出し入れができて便利です。

持ち運び
背中に背負えるリュックタイプですので、両手が自由になります。同様に両手が自由になる 斜めがけショルダーバッグ以上に、リュックタイプは動きやすいですね。
大容量で丈夫なのに 約560g(販売サイトより)と 軽量なことも 持ち運びには嬉しいことですね。背中にフィットし、通気性を考慮したメッシュ素材で、背中が蒸れにくいです。

外観
エレガントな雰囲気でオシャレなバッグ。神戸セレクションに認定されてます。シンプルなデザインなので、ママはもちろん、パパが持っても自然です。

カラーバリエーション
カラーバリエーションは、ブラック、ネイビー、グレー です。
 

 

1.2. Hanna Hula(ハンナフラ)バックパックベーシック

Hanna Hula(ハンナフラ)の大容量で軽量なリュックタイプのバッグです。メイン収納とは異なる 底の収納ポケットに、エルゴなどの抱っこ紐がしまえて便利です。



収納&出し入れ
サイズが 幅約33cm/高約58cm/マチ約17.5cm(販売サイトより)と 大容量です。底の収納ポケットに エルゴ等の抱っこ紐を しまうことができます。
メイン収納が ガバッと大きく開く巾着口と、サッと取り出しやすいファスナー口があり、用途に応じて使分けできます。巾着口だと中の荷物が見やすく、取り出しにも便利です。リュックを下ろさなくても 物の出し入れができる サイドのポケットもあります。

持ち運び
背中に背負えるリュックタイプです。大容量なのに 約620g(販売サイトより)と 軽量なことも 持ち運びには嬉しいです。背面と肩紐には衝撃を和らげるクッション加工が嬉しいです。

外観
シンプルなデザインなので、ママはもちろん、パパが持っても大丈夫です。荷物が少ない時には高さを少しコンパクトにできますが、小柄なママには ちょっと大きく感じるかも。

カラーバリエーション
カラーバリエーションは、ブラック(Black)、モスグレー(MossGray)、カモフラージュ(Camouflage)です。
 

 

2. 抱っこ紐・マザーズバッグ/リュック活用に!素敵な知識・情報集

2.1. エルゴにもいろいろなバリエーション

エルゴの抱っこ紐にも、いくつかバリエーションがあります。それぞれ対応できる月齢や体重などが 異なりますので、間違えないようにしないとですね。

 ・OMNI 360(オムニ スリーシックスティ) 新生児から(0〜36カ月:3.2〜15kg)
 ・ADAPT(アダプト) 新生児から(0〜48カ月:3.2〜20kg)
 ・ORIGINAL(オリジナル) 4カ月から(首が完全にすわってから5.5~20kg)
 ・360(スリーシックスティ) 4カ月から(首が完全にすわってから5.5~15kg)

これに加えて、ブランドコラボもあります。

抱き方のバリエーションは主に4つです。まずは、赤ちゃんの顔が見える「対面抱き」。長時間でも疲れにくく家事や作業にも便利な「おんぶ」。赤ちゃんが大きくなってくると 向きを変えて「前向き抱き」や「腰抱き」もあります。
 

 

2.2. エルゴは暑い?

エルゴは、かなりしっかりした つくりになってますので、真夏には 赤ちゃんとの 密着で かなり暑くなることも。

ママや パパも 熱いですが、暑すぎると 赤ちゃんのことも 心配ですね。

360(スリーシックスティ)のクールエアだと、熱がこもりにくいように、メッシュ・バッグパネルが使われてますので、暑さ対策にはいいかもしれません。
 

 

2.3. エルゴの進歩

エルゴは ユーザーの声を聞いて 進歩してます。

たとえば、腰ベルトの固定方式。今は バックルですが、前は 強力なマジックテープが 使われてました。

実は このマジックテープに 対して 不評が ありました。固定機能には、もちろん 不備は なかったのですが・・。

不評の原因の一つは、腰ベルトを外すときの マジックテープの 強烈なバリバリ音。せっかく 寝ている赤ちゃんも 起こしてしまうという問題です。

そして もう一つは、エルゴをバッグに 他の荷物と一緒にしまったときに、強力すぎるマジックテープが 服や 他のものにくっついてしまうという問題です。

固定方式をバックルにすることで、この問題は解決したようです。

多くの人たちに 支持され 続けて いるのには、やはり理由があるんですね。エルゴは、この調子で継続して より便利な アイテムになっていきそうですね。
 

 

2.4. エルゴしたままリュックは背負える?

 

 

3. さいごに

赤ちゃんが生まれると 育児に 家事に とにかく忙しいです。体力的にも、気持ち的にも、なかなか余裕が 持てなかったりすることも。だからこそ 日常的に使うバッグの購入で 失敗している場合では ないですね。求める機能・条件を整理して、焦らず落ち着いて選ぶことも大事です。

忙しい育児ママにとって、こま切れな時間もムダにしないという点では、ネット通販が便利ですし、欠かせない存在かもしれませんね。お出かけ準備などの 一切の前置きなしに、自宅でも どこでも いきなり商品選びが 始められます。店舗での商品探しでは ありえないことですね。もちろん、お店でのショッピングならではの 楽しみもありますので、賢く使い分けることも大事ですね。
 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。