カドー加湿器STEM620|おしゃれで人気!でもお手入れは?低評価は?

機能とインテリア性の高さや、芸能人に利用されていること等でも 話題となった cado(カドー)の加湿器は、人気の 高級加湿器です。前のモデルより お手入れが簡単になり、機能もアップした「STEM 620」について紹介します。

お手入れや、メンテナンスって どうなの? ライバル商品には どんなのが あるの? 失敗や 心配は ないの? 気になるところから どうぞ。
 

このページのガイド(目次&比較一覧)

 1. cado STEM 620 と おしゃれ加湿器いろいろ
  1.1. 超音波式加湿器 cado(カドー)STEM 620
  1.2. ポータブル加湿器 cado(カドー)HM-C11U
  1.3. 超音波式加湿器 Dyson(ダイソン)Hygienic Mist
  1.4. 気化式加湿器 BALMUDA(バルミューダ)Rain
  1.5. スチーム式加湿器 ±0(プラスマイナスゼロ)XQK-Z210
 2. cado(カドー)加湿器 STEM 620 が選ばれる理由
  2.1. 加湿量の多さとミストの細かさ
  2.2. おしゃれなスタイル
  2.3. ホワイトダスト(白い粉)への対応
  2.4. 抗菌プレート
 3. cado STEM 620 が応える!あんなとき・こんなとき
  3.1. お手入れが面倒じゃないか心配
  3.2. 超音波式 加湿器って ホワイトダストが心配
 4. 低評価コメントや失敗に学ぶ注意点
  4.1. 思ったように湿度が上がらないけど・・
  4.2. 加湿器って電気代が高いんでしょ?
 5. 基礎知識&素朴な疑問をおさらい
  5.1. 快適な湿度は40~60%って本当?
  5.2. 特徴比較@スチーム式・気化式・超音波式など
  5.3. 面倒くさがりはスチーム式がいいって本当?
 6. さいごに
 

おしゃれな加湿器の比較一覧(超音波式/ポータブル型/気化式/スチーム式など)
名称
(詳細情報へリンク)
特徴 値段と送料
1.1. 超音波式加湿器 cado(カドー)STEM 620 加湿量 約30~600ml/h
部屋の広さ 10~17畳
消費電力 3 ~ 42W
税込45,900円
送料無料
1.2. ポータブル加湿器 cado(カドー)HM-C11U 加湿量 約15~100ml/h
(ポータブル)
税込19,980円
送料無料
1.3. 超音波式加湿器 Dyson(ダイソン)Hygienic Mist 加湿量 約300ml/h
部屋の広さ 5~8畳
消費電力 35 ~ 55W
税込46,205円
送料無料
1.4. 気化式加湿器 BALMUDA(バルミューダ)Rain 加湿量 約150~600ml/h
部屋の広さ 17畳まで
消費電力 2 ~ 23W
税込49,680円
送料無料
1.5. スチーム式加湿器 ±0(プラスマイナスゼロ)XQK-Z210 加湿量 約100ml/h,約350ml/h
部屋の広さ 6~10畳まで
消費電力 100W,290W
税込12,960円
送料無料

 

1. cado STEM 620 と おしゃれ加湿器いろいろ

1.1. 超音波式加湿器 cado(カドー)STEM 620

特徴的で オシャレなスタイルと、芸能人の愛用でも話題となった 人気の高級加湿器です。加湿量の多さや、ミストの細かさは もちろん、気になる お手入れのしやすさなど、多くの人に選ばれているのには理由があります。


特徴
洗練されたデザインが人気です。加湿量は最大600ml/hとパワフルです。そして、上面給水や 水槽内の掃除など、使いやすさや お手入れについても しっかり考えられた つくりです。自動運転やフレグランスにも対応しています。

バリエーション
カラーバリエーションは、ブラックと ホワイトです。
 

 

1.2. ポータブル加湿器 cado(カドー)HM-C11U

車内や オフィス、旅先にも携帯できる加湿器です。カーDCアダプターや USBからの電源でも使えますし、充電でも最長10時間 使えます。



特徴
クルマの中、オフィス、旅先などでも使える加湿器です。小さくても 15~100ml/hの 加湿量が可能です。ピーズガードとのコラボで、除菌&消臭にも使えます。電源は、かーDCアダプター、USB、充電式バッテリーで使えます。

バリエーション
カラーバリエーションは、ブラック、ゴールド、シルバーです。
 

 

1.3. 超音波式加湿器 Dyson(ダイソン)Hygienic Mist

バクテリアを除菌する加湿器です。加湿器のほか、扇風機、サーキュレーションとしても使えるそうです。



特徴
除菌プロセス「ウルトラバイオレットクレンズテクノロジー」や、特許技術Air Multiplier、音響工学に基づいた静音設計など、様々な技術や 知識が 集結した製品です。
ダイソンといえば、掃除機で 革新的な製品を 出して 衝撃を与えた メーカーだけに、期待しちゃいますね。
 

 

1.4. 気化式加湿器 BALMUDA(バルミューダ)Rain

水瓶のような形の加湿器です。給水に特徴があり、上から有機ELディスプレイ向かって水を注ぐという新鮮な感覚が楽しいです。注がれる水に ディスプレイも呼応します。



特徴
水瓶のような形の 気化式加湿器です。加湿量の目安は150~600ml/hです。給水は上から直接注ぎ簡単です。直接操作のほか、スマホを使った遠隔操作も可能です。

 

 

1.5. スチーム式加湿器 ±0(プラスマイナスゼロ)XQK-Z210

スチーム式のため、煮沸した蒸気のため衛生的です。シンプルデザインで、インテリアにもなじみやすい加湿器です。



特徴
シンプルデザインで、インテリアにもなじみやすい スチーム式(加熱式・ヒーター式)加湿器です。加湿量の目安は、約100ml/h(長時間モード時)・約350ml/h(標準モード時)です。給水はタンクを取り出して行います。煮沸した蒸気のため、衛生的です。

 

 

2. cado(カドー)加湿器 STEM 620 が選ばれる理由

2.1. 加湿量の多さとミストの細かさ

急速運転で 1時間に約600mlという 加湿量が可能な、パワフル仕様です。吹き出し口に手をかざすと、きっとその手ごたえが わかります(スチーム式と違い ミストは熱くないです)。なお加湿量は、間欠(30ml/h)、弱(200ml/h)、強(400ml/h)、急速(600ml/h)です。

ミストが細かく 壁や 床に 水滴が 付着する 心配も ほとんどないようです。

(関連)1.1. 超音波式加湿器 cado(カドー)STEM 620 約30~600ml/h

バミューダも同じくらいの加湿量ですが、プラスマイナスゼロ、ダイソンは少なめですね。

(関連)1.4. 気化式加湿器 BALMUDA(バルミューダ)Rain 約150~600ml/h
(関連)1.5. スチーム式加湿器 ±0(プラスマイナスゼロ)XQK-Z210 約100 , 350ml/h
(関連)1.3. 超音波式加湿器 Dyson(ダイソン)Hygienic Mist 約300ml/h
 

2.2. おしゃれなスタイル

インテリアを邪魔しない すごく おしゃれなスタイルです。加湿器は 乾燥がちな 冬場は もちろん、できれば一年中 部屋に置いておきたいものですから、インテリアにマッチしやすいのは とても素敵です。

初めて見ると なかなか加湿器には 見えない 独特な姿ですが、実はこの姿にも ちゃんと理由がありました。

縦長のタンクの上面から給水するつくりのため、給水口が高く かがまなくても 楽に 水を注ぎ入れることができます。また 高い位置にある 吹き出し口からのミストの噴射のため、お部屋にミストが広がりやすい つくりです。

(関連)1.1. 超音波式加湿器 cado(カドー)STEM 620

個性的なスタイルということでは、ダイソンもバミューダも負けていないですね。
(関連)1.3. 超音波式加湿器 Dyson(ダイソン)Hygienic Mist
(関連)1.4. 気化式加湿器 BALMUDA(バルミューダ)Rain
 

2.3. ホワイトダスト(白い粉)への対応

ホワイトダストとは、水道水に含まれる 炭酸カルシウムなどが ミストともに広がり 乾いたときに白い粉として 壁や電化製品に 付着する問題です。

蒸発ではなく、水を超音波で破砕してミストにする 超音波式ならではの現象ですが、「STEM 620」では フィルターカートリッジに イオン交換樹脂を 搭載することで、かなり問題が 改善されたようです。

このフィルターカートリッジの カルシウム除去能力は、前のモデルより さらにアップし、99%以上抑制できるようになったそうです(詳しい説明は 販売サイトの解説が 分かりやすいです)。

(関連)1.1. 超音波式加湿器 cado(カドー)STEM 620

ちなみに、気化式加湿器は 蒸発による加湿のため ホワイトダストが 出にくい方式です。
(関連)1.4. 気化式加湿器 BALMUDA(バルミューダ)Rain
 

2.4. 抗菌プレート

この加湿器「STEM 620」が 採用する超音波式は、水を超音波で破砕してミストにする仕組みです。

そのため 沸騰させる必要がなく 電気代が安く、危険な高温部も不要で、場所をとらずデザイン性に優れる等の 長所の多い方式です。でもその一方で、もし水槽内に菌が増えると、菌を含んだミストになってしまいます。

タンクの水は、毎日新しい水道水に入れ替えるなど、正しい使い方をすることが大事です。水槽内の掃除も 前よりしやすくなってますので、定期的に掃除して気持ちよく使いたいですね。

超音波式の加湿器では 菌の抑制が非常に重要ですが、「STEM 620」の水槽内には 抗菌プレートも使用されています(販売サイトの説明が 参考になります)。

(関連)1.1. 超音波式加湿器 cado(カドー)STEM 620
 

ちなみに、同じ超音波式の Dyson(ダイソン)Hygienic Mist の場合は、「バクテリアを除菌する衛生的な加湿器」を掲げ、「本体内で、水を一滴も残らずUV-Cライトに直接当てることで、99.9%のバクテリアを除菌するウルトラバイオレットクレンズテクノロジーを搭載」しているそうです。こちらも かなり強力な 取り組みのようですね(販売サイトの説明が 参考になります)。

(関連)1.3. 超音波式加湿器 Dyson(ダイソン)Hygienic Mist

気化式の場合は 蒸発での加湿のため、菌をそのまま含んだミストには なりにくいですが、日々の水替え・排水・お手入れ等を怠れば、水槽内が雑菌の温床になる可能性は あります。どの方式や製品にしても 水替えは大事ですし、きちんと正しく使っていれば 快適ですし 問題も起こらないはずです。

(関連)1.4. 気化式加湿器 BALMUDA(バルミューダ)Rain
 

 

3. cado STEM 620 が応える!あんなとき・こんなとき

3.1. お手入れが面倒じゃないか心配

給水が楽

縦長の給水タンクの上面のフタをスライドさせて水を注ぎます。かがまないで できる高さなことも 嬉しいですね。

タンクを本体から外して水を入れ、水を満たして重くなったタンクを運んで 本体に再びセットするという 加湿器に比べると ずっと楽です。タンクに 水を入れるときに、タンクが 洗面や シンクより 大きくて 苦労することも なくなります。

掃除が楽になった

前のモデルより水槽内部が拭きやすくなっています。拭きにくい凸凹が減り、角もなくなめらかに拭くことができます。

引っかからないで隅々まで拭けるのは、気持ちがいいですね。

電源コードが取り外せる

電源コードが 本体から取り外せるようになったことも、掃除や メンテナンスを ずっと楽にしてくれます。

(関連)1.1. 超音波式加湿器 cado(カドー)STEM 620
 

 

3.2. 超音波式 加湿器って ホワイトダストが心配

超音波式 加湿器の 心配の ひとつ、ホワイトダスト(水道水に含まれる 炭酸カルシウムなどが ミストともに広がり 乾いたときに白い粉として 壁や電化製品に 付着する)については、この「STEM 620」で かなり 改善されたようです。

フィルターカートリッジのカルシウム除去能力が 前のモデルより さらにアップし、99%以上抑制できるようになったそうです(詳しい説明は 販売サイトの解説が 分かりやすいです)。

(関連)1.1. 超音波式加湿器 cado(カドー)STEM 620

ちなみに、気化式加湿器やスチーム式加湿器は 蒸発による加湿のため ホワイトダストが 出にくい方式です。

(関連)1.4. 気化式加湿器 BALMUDA(バルミューダ)Rain
(関連)1.5. スチーム式加湿器 ±0(プラスマイナスゼロ)XQK-Z210
 
 

 

4. 低評価コメントや失敗に学ぶ注意点

4.1. 思ったように湿度が上がらないけど・・

故障を疑う前に、つぎのような見落としがないかチェックしましょう。
・お部屋が広すぎないか?推奨の広さを 超えていないか?
・外の空気が入ってきていないか?窓や 隙間、換気扇が回っていないか?
・同じ部屋で、除湿器や エアコンの除湿機能が 働いていないか?

加湿器の 水替えや、水槽内・フィルターの掃除など お手入れが 滞ると 加湿量が 落ちることもあります。なお 加湿器の お手入れ不足は、雑菌の原因にもなります。水替えは毎日行い、掃除も定期的に行うことが大事です。

加湿器を置く位置も 意外に大事です。ドア、換気扇などの 近くだと、蒸気・ミストが 室外に逃げやすくなります。窓の近くだと、蒸気・ミストが 冷え込んだ窓に結露して、部屋の方に回らなくなったりします。部屋の 隅すぎても 全体に届きにくくなります。

ちなみに、湿度は上がり過ぎても 良くないと言われてます。ウイルスにもカビにも配慮し、のどや目など にも快適な湿度は、一般的に40%~60%といわれています。

(関連)5.1. 快適な湿度は40~60%って本当?
 

 

4.2. 加湿器って電気代が高いんでしょ?

はい。スチーム式(加熱式・ヒーター式)の加湿器は、超音波式や気化式などに比べると かなり高く、1ヶ月で数千円ということもあるようです。

でも、超音波式や 気化式の加湿器の場合は、1ヶ月で数十円~数百円程度の場合が多いです。

cado(カドー)STEM 620」「Dyson(ダイソン)Hygienic Mist」は 超音波式で、「BALMUDA(バルミューダ)Rain」は 気化式、「±0(プラスマイナスゼロ)XQK-Z210」はスチーム式です。
 

 

5. 基礎知識&素朴な疑問をおさらい

5.1. 快適な湿度は40~60%って本当?

湿度は40%を下回ると、のどや目、肌に 乾燥を感じるように なるといわれています。さらに、インフルエンザなど ウイルスも 活発になります。

一方で、湿度60%を超えると、こんどは カビや ダニの 発生の心配が 高まると いわれています。高すぎるのも良くないです。

そのため、湿度は 40~60%が 適切ということになります。50%を 目標にするのが よさそうです。
 

5.2. 特徴比較@スチーム式・気化式・超音波式など

除湿器のスチーム式(加熱式・ヒーター式)・気化式・超音波式の比較
項目 スチーム式 気化式 超音波式
原理 ヒーターで沸騰させて蒸気にする 風をあてて気化させる
 
超音波で水を破砕してミストにする
電気代 高い 安い 安い
雑菌対策 沸騰による蒸発のため問題になりにくい 毎日の水替えと、定期的な掃除が大事 毎日の水替えと、定期的な掃除が大事
周り影響 消費電力が高く、室温が上がりやすい。高温部がある。 小型化しにくい仕組みのため、スペースをとる。
 
ホワイトダスト対策がないと、室内に白い粉が出ることもある。
製品 プラスマイナスゼロ XQK-Z210 バルミューダ Rain
 
カドー STEM 620
ダイソン Hygienic Mist

 

 

5.3. 面倒くさがりはスチーム式がいいって本当?

衛生的に加湿器を使うためには、毎日の水替えや、定期的な水槽内の掃除が大事です。

もし 水替えや掃除が ちゃんとできていないと、水槽内に雑菌が増える原因になります。

スチーム式は煮沸した蒸気で加湿するため、雑菌に対しては強いです。そのため、超音波式や気化式よりメンテナンスが楽な加湿器もあります。

そのため、面倒くさがりには、スチーム式が合ってそうです。

ただし、スチーム式は 消費電力が大きくて電気代が、超音波式や気化式より高いです。さらに吹き出し口など、高温になる箇所があるため、小さい子供やペットがいる場合には注意が必要です。
 

 

6. さいごに

カドー(cado)の加湿器は、芸能人(阿部寛さんや米倉涼子さん他)に 利用されていることや、加湿器としては個性的&おしゃれな姿で 話題となった人気の高級加湿器です。でも人気の理由は 話題性や 外観だけではありません。

「STEM 620」では、さらに お手入れもしやすくなり、ホワイトダスト(壁や電化製品に付着する白い粉)の問題も かなり改善しました。年間を通じての利用にも 便利になってますし、初めて購入する人にも、買換えをお考えの人にも おススメですね。
 

 

コメントの入力は終了しました。