学び一覧

進研ゼミ小学講座の体験・感想/テレビ・動画大好き6年生が自ら勉強を!

この春から小学校6年生の下の子は、テレビ・動画が大好きで、隙があるとすぐに夢中に。そんな下の子が進研ゼミ小学講座のスタートで、大好きなテレビ・動画もスルーして進研ゼミで自ら勉強するように。これまでの苦労がウソみたい。最初だけかな?とも思いましたが、もう1ヶ月くらい続いてます。

我が家の中学1年の最初の中間テスト体験記@進研ゼミ

我が家の上の子も、中学二年生になりました。今回は1年前を振り返り、中学1年の初めての中間テストでの、私と上の子の奮闘記を紹介。中間テストが近づいても、なかなか勉強しない上の子。ようやく始まっても、すぐキレて止まる勉強。でもあることを境に勉強するようになり、徐々に集中力も・・。

中学1年・初めての中間テスト!差がつく勉強法と準備(中1・春)

中1最初の中間テストは人生初の定期テスト。この成績が子供に与える影響は大きいです。自分のレベルを決めてしまうことも。良い成績なら次のモチベーションに、でも悪い成績で自信を失えば勉強のやる気も危ういです。初めてでも失敗しない準備&勉強法、そして奥の手についても。

中学英語(中1)分からない・できない人vs得意な人の勉強法の違い

中学英語(中1)について「苦手・分からない・できないという人」と「得意な人」では、勉強の取り組み方が違います。早く気づいて改善しないと差がどんどん 開きます。意識を変えるだけの わずかなことも大事です。たとえば英語は「分かる」より「慣れる」もの。学習を支えるトレーニングについても。

方程式が苦手な人と得意な人の違い|数学嫌いを直すきっかけ中1中2中3

中学校の数学で「方程式が分からない」という人が多いけど、方程式は「分る」ものではなく「慣れる」ものです。方程式は問題を解くためのツール(道具)です。例えば紙を切るための「ハサミ」と同じ。ツールを使いこなすのに必要なのは「分る」ことより「慣れる」こと。「分らない」といって立ち止まることが方程式を苦手にする最大の原因。

進研ゼミに我が子は向いてる人?中一講座の1年間&続かない時の工夫

中一講座の1年間を振り返り、ウチの子が 進研ゼミに向いてる人かどうかを考えました。向き・不向きを考えるときの参考になると嬉しいです。忙しい部活との両立に苦戦し、初期の段階で進研ゼミにもつまづき、全然進まなくなった時期もあり、やめる・やめないの話もあったけど、あるきっかけで終盤には部活と勉強の両立ができるようになり・・。

進研ゼミ中ニ講座が4月からスタート@継続16か月目の体験・感想

上の子が小学校6年生の1月から始めた進研ゼミも、この4月で16か月目。中一講座を経て、4月の中学校二年生の新学期スタートともに中二講座もスタートです。毎日遅くまでの部活とギリギリ両立?した中一講座に引き続き、新教材(5教科パーフェクト暗記マスター等)も到着して中二の挑戦がスタート。