進研ゼミ中ニ講座が4月からスタート@継続16か月目の体験・感想

上の子が小学校6年生の1月から始めた進研ゼミも、この4月で16か月目となります。

毎日帰りが遅い部活との両立で、中一講座は 何度かくじけそうになりながら、苦戦しつつもギリギリ両立(?)ということで、なんとか成績も 目標圏内を維持しています。

中二講座の新しい教材が3月に到着し、この4月から新学期も始まり、いよいよ中学2年生の挑戦がスタートしました。


 

このページのガイド(目次&教材一覧)

 1. 中二講座スタート
  1.1. 届いた内容
  1.2. 5教科パーフェクト暗記マスター
  1.3. 中二5教科パーフェクト事典プラス
  1.4. 記述力UPドリル 赤ペン先生の添削問題
  1.5. 冊子 知っておきたい入試制度 2019年度入試用 最新版
 2. 中一講座の奮闘と感想(回想)
  2.1. 小学校6年生の1月にスタート
  2.2. タブレットのトラブル
  2.3. 中学校の生活の開始と中一講座
 3. さいごに
 

今回届いた気になる教材・資料の一覧
名称
(詳細情報へリンク)
概要と特徴
1.2. 5教科パーフェクト暗記マスター 隙間時間にゲームやスマホ感覚で気軽に暗記したり復習したり出来るツールです。 暗記のコツはゴロ合わせのダジャレだけじゃないみたい・・。
1.3. 中二5教科パーフェクト事典プラス さくいんで気になる用語・分からい用語・習ったはずだけど思い出せない用語をすぐに確認できる。教科書で探す時間ともやもやを省いて効率的にすいすい学べそう。 コンパクトで持ち歩きにもOK!
1.4. 記述力UPドリル 赤ペン先生の添削問題 タブレットで繰り返し問題を解いて学んだものが、きちんと身についてるかを試すドリルです。出来ないところはもう一度復習。最後は赤ペン先生に挑戦!
1.5. 冊子 知っておきたい入試制度 2019年度入試用 最新版 気になる話だけど、今まではウワサでしか聞こえてこなかった情報が、具体的に詳しく知ることができました。ウワサには間違いもあったみたい・・。

 

中二講座スタート

届いた内容

この4月新学期が始まり、上の子も中学校2年生の中学生活が始まります。

それに合わせて、進研ゼミ中二講座が届きました。

ちょっと目を離したすきに、箱には落書きが・・。しかも、箱がけっこうな感じで早くもボロボロ・・。まぁちゃんと勉強さえやってくれれば文句はないですが・・。

新学期ということで、今回は箱に5教科の教材や保護者用の雑誌などなど、盛りだくさんの内容が届きました。

中二の上の子より、母親の私の方がワクワクしながら教材を広げてみました(笑)

いろいろ気になるところが いっぱいの内容ですが、まずは、どんなものが入っているのか?あるいは不足はないのか?のチェックからです。

内容物について書かれた紙(上)をもとに、内容物を確認していきました。

チラシとか、冊子とか、いろいろあります。

これから半年かけて付き合っていくドリルです。

駆け足で見ていきましたが、とりあえず到着物には不足がなく、見た感じ問題のありそうなものはなかったのでした。

それでは、気になったところを、それぞれ見ていきます。
 

 

5教科パーフェクト暗記マスター

上の子も一番気になったのか、さっそく中箱から出して、付属の保護用カバーとイヤホンもセットしてました。

退屈な暗記を、楽しくしてくれそうな予感のツールです。

こういうのがあれば、私ももっと成績が上がったのかなぁと羨ましくなるのでした。
 

中二5教科パーフェクト事典プラス

コンパクトで、持ち歩きにも適したフォルム。これ1冊に大事なことが凝縮してるって素敵です。しかも5教科全部。

勉強って積み重ねですし、今学んでいることだけじゃなく、前に学んだことを忘れていないかの確認も大事だと思います。

コンパクトにまとまってるので、短い時間で、前に学んだことを忘れてないか確認したり、思い出したりするのにも役立ちそうです。

もし、自力で作ろうとしたら、とんでもない時間がかかりますし、自作と違って間違い・勘違いもなさそうで安心して使えそうです^^。
 

記述力UPドリル 赤ペン先生の添削問題

半年かけて付き合っていくドリルです。

勉強も、部活と同じく、日々のトレーニングが大事だと思います。

勉強って覚えるだけじゃ十分ではなくて、
 ・覚えたことを必要なときに思い出せるか?
 ・覚えたことを課題解決に活かせてるか?
が大事なので、覚えたことを使いこなすためのトレーニングが欠かせないと思います。

ドリルは、トレーニングと、理解の確認に欠かせないものですね。

実績が豊富な進研ゼミのドリルなら、漏れや不足を心配することなく、安心してトレーニングに集中できそうです。

赤ペン先生の指導が付いているのもうれしいです。やりっぱなしにならないですし、一人じゃないってトレーニングには大事なことかも。
 

冊子 知っておきたい入試制度 2019年度入試用 最新版

まだ2年生始まったばかりと思ってたけど、入試はもう来年度のことなんですね。

進研ゼミの先輩の合格者数も載っていたり、県内の入試に関わる気になる情報です。

こういう情報が、がんばらなくても何気なく 当たり前に 見ることができるって素敵ですね。
 


ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

 

中一講座の奮闘と感想(回想)

小学校6年生の1月にスタート

上の子が、進研ゼミを始めたのは、もうすぐ小学校卒業という 6年生の1月です。

中学生になるということで、勉強の方も難しくなるし、高校受験も意識して何かやらせたいなぁって思ってました。

ただでさえ我が家では初の中学生で 心配なのに、中学校ではサッカー部に入る!っていってたので、なおさら心配に・・。

どうしてそう感じるかというと、中学のサッカー部の評判に理由があります。

小学生のときに所属していたサッカーのスポ少の関係者や、その先輩などから、いろいろ中学のサッカー部の話が聞こえてきていました。

練習時間がたっぷりすぎて、勉強が時間的にも体力的も大変ということでした。そのためか、サッカー部出身の子たちの進路は、ほとんどが実業高校で、私が行ってもらいたい進学校には、ほんの一握りしか入れてないとのこと。

いろいろ調べたり、お友達のママにも聞いたりして、考えに考えて、進研ゼミの中学準備講座に申し込むことにしました。
 

タブレットのトラブル

我が家は、学習専門のタブレット学習の方にしました。

タブレットが届いて喜ぶのもつかの間、いきなり不良品だったみたいで、ビーっていう音がひどくて、何度かやりとりの末に、交換になりました。

最初ごたごたがありましたが、進研ゼミでの学習が始まりました。

タブレットは、その後トラブることもなくスムーズに動いて、上の子の勉強を支えています。

タブレットの裏側(写真の右上)にカメラが付いていて、これでパシャリして送信することで、赤ペン先生の添削では、郵送の封筒を使ったことがないです。便利です。


 

中学校の生活の開始と中一講座

中学校に入学して、部活が始まると、やっぱり予想通りでした。

サッカー部は8時頃帰宅。しかも、ドロドロですぐ風呂に行きます。

それから、御飯を食べて、すこしまったりしてから勉強タイムです。寝る時間も考えると時間がありません。

しかも、へとへとになってますから、集中力もそんなにないです。

最初の頃は 本人任せで、せいぜい「そろそろ勉強してね」というだけでも、学校の先生からの宿題(毎日ノート2ページ分の勉強)と、進研ゼミをがんばってました。

でもそのうち、「勉強してね」だけでは なかなか勉強しなくなり、「勉強しなさい!」と何度も言うように・・。なんとか宿題は無理してでもやりましたが、進研ゼミのほうが進まなくなりました。

それにあわせて、もちろん成績も落ちました。

心配になった私は、いつしか勉強している上の子の そばにつくようになりました。ずっとではないですが、家事の合間にちょこちょこ見に行きました。そばにいること自体は、上の子は嫌がりませんでしたが、ときどきケンカしながらの 二人三脚の勉強です。

静かに勉強しているときもありますが、ちょいちょい脱線していたり、集中力が上がらないでイライラしてたり、問題が解けなくてキレてたりということも。

一筋縄ではない毎日ですが、進研ゼミは 楽しそうに取り組むことが多いです(でもときどきキレてます)。タブレット学習法が長男には合っていたようです。

特に 苦手な英語については、直接 耳で英語を聞くこともできるし、リスニングにはもってこいだと思います。

それとイジワルなくらい徹底的なトレーニング。単語や英文の入力も間違うと、また最初から入力なので、鍛えられます(ここで、ちょこちょこキレるのを目にします)。

よく成長していく主人公を描くドラマで よくある序盤のアレですね。ココを乗り越えると!ってヤツみたいです。

実際、最初のうち、なかなか合格しなくてキレるのをよく目にしましたが、一年たったら、結構スラスラ解けるようになってました。最近は、あまりキレなくもなりました。

成績も、一時期よりは回復して、今のところ上り調子です^^。
 

 

Check! 進研ゼミの公式ページはこちら(↓)です。
【進研ゼミ中学講座】では、レベル別・志望校別・都道府県別コース制教材で、授業対策から志望校合格までをバッチリサポート!

さいごに

中二講座もしっかり取り組んで、またがんばらせたいです。私も、できる限り協力して、二人三脚でがんばっていきたいと思います。
 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする