通学靴(白)アディダスを特徴別に紹介!雨/蒸れ対策/運動/細身/幅広甲高

通学靴に 使える 真っ白な 靴選び。カッコいいアディダス(adidas)でも リーズナブルな価格で いろいろ 選べます。もし 気づいていないなら もったいないかも。

通学靴に 欲しい 特徴ごとに、ぴったりな アディダスを ご紹介

  1. 雨の日も 使える
  2. 運動靴としても 便利
  3. 足が 甲高や幅広の 人の場合
  4. 足が 細身の 人の場合
  5. 通気性の良い ムレない靴

忙しい方の 通学靴選びに どうぞ。慌てて 選んで 失敗しないように、あわせて「水が 浸みこみやすく 雨に 弱い」など 状況に応じた NGポイントも お伝えします。

いろいろ選べて、ショップの比較も カンタンな 楽天市場の 活用も、お得に & 便利に 購入する コツ。営業時間に 関係なく 購入できることも、忙しい人にも 支持される理由です。

 

このページのガイド(目次 & アディダス ホワイト 通学靴 一覧)

 

アディダス ホワイト 通学靴 一覧
名称
(詳細情報へリンク)
特徴 値段と送料
2.1. VAL CLEAN 2(バルクリーン2) adidas neoの定番スニーカー。アッパー素材は合成皮革。通常幅の2E相当です。 税込 4,290円
送料無料
2.2. ADIPACE VS(アディペースVS) シンセティックレザーのアッパーのベーシックデザインのシューズです。2E。 税込 4,280円
送料別
2.3. アディダスファイト MSH K 日本の子どもの足型に合わせたジャパンモデル。運動向けのシューズ。 税込 3,661円
送料別
2.4. GALAXY3 WIDE(ギャラクシー3 WIDE) 通気性が高く軽くて安いアディダスのランニングシューズ。甲高幅広の4E相当です。 税込 2,959円
送料別

 

1. 通学靴に 求める 特徴で 選ぶ or 選んではいけない アディダス

1.1. 雨の日も使える

a 通学中の雨

通学中に 雨が 降っていることも ありますが、雨くらいでは 通学靴で 通う人が 多いです。

そのため、多少の雨では 靴下が 濡れない 靴が 欲しいですね。
 

b 靴下まで 濡れると ニオイの原因

下校時の 雨なら 家に帰ってから、多少靴下まで濡れても、足を洗ったり、靴を乾かしたりすることもできますが、登校時の 雨は そうはいきませんね。

もし 靴下まで 濡れた場合、学校の上履きも 靴下を通じて 生乾きのような 状態になり、イヤな ニオイの 原因になったりします。
 

c 合成皮革など 雨を通しにくい 素材の 靴を 選ぶ

アッパー部分が 合成皮革などの 靴であれば、簡単には 雨を通さないので、多少の雨なら 靴下まで 濡れる ことは避けられます。防水スプレーなども使うと、さらに 効果が 見込めます。


参考:2.1. VAL CLEAN 2(バルクリーン2)
参考:2.2. ADIPACE VS(アディペースVS)

 

d メッシュ地が 多い靴は 濡れやすいのでNG

メッシュ部分は、水を通しやすいので、メッシュ地が多い靴は、雨の日には 向きません。傘を使えば 大丈夫と 思うかもしれませんが、傘だけで 靴の甲までは カバーしきれないので、靴下まで 濡らす ことになります。

参考:2.4. GALAXY3 WIDE(ギャラクシー3 WIDE)



(写真は アキレス 俊足です)

 

 

1.2. 運動靴としても便利

a 通学靴での運動

外での 体育や、あるいは 部活での ランニングなど、通学靴を 使って 運動する シーンもあります。
 

b 動きやすさや 軽さ

重さのある 靴よりは、軽い靴が 運動には いいですね。それと、底部のグリップが しっかりしていて、靴の やわらかさなど、動きやすい靴が 便利です。


参考:2.3. アディダスファイト MSH K
参考:2.4. GALAXY3 WIDE(ギャラクシー3 WIDE)

 

c 暑い日は ムレにくい 通気性も

暑い日の 運動には、靴にも通気性が あると いいですね。蒸れると ニオイも 気になりだします。

参考:2.4. GALAXY3 WIDE(ギャラクシー3 WIDE)

 

1.3. 足が 甲高や幅広の 人の場合

a 甲高幅広向けの靴 3E・4Eなど

日本人には 欧米人より 甲高幅広の足の人が 多いといわれています。そのため、甲高幅広向けの靴もあります。

日本のJIS規格による 表現だと、「3E」や「4E」と 表記された 靴です。ちなみに、標準的な 足とされるのが「2E」です。細身の足には「E(1E)」もあり、たとえば アディダスでは、スタンスミスは E相当の 細身の 靴といわれます。

JISが定める 靴の幅についての 規格は「ワイズ(ウィズ)」と呼ばれ、「足囲(又は足幅)」に応じて、B、C、D、E、EE、EEE、EEEE、F、G、の9段階に分けられます。EEが 2Eで、EEEが 3E、EEEEが 4E です。
「2E」が標準幅の靴で、それ以下が細身の幅の靴、それ以上が甲高・幅広の靴です。

 

b 「ワイド」など他の表現の靴もある

3E や 4E という表記は 日本独自のもので、海外では 違った表現が 使われています。

アディダスを 始め、海外メーカーの靴も 多いので、「ワイド」とか「ゆったり」とか 違う表現で 靴の幅を 示すことも ありますので、見落さないように 注意しましょう。

参考:2.4. GALAXY3 WIDE(ギャラクシー3 WIDE)

 

c 2Eなど標準幅の靴から選ぶ場合

甲高や幅広の足だけど、やむを得ず 2Eなどの標準幅の靴を 購入する場合は、0.5~1.0cm ほど サイズの 大きい靴を 選びます。


参考:2.1. VAL CLEAN 2(バルクリーン2)
参考:2.2. ADIPACE VS(アディペースVS)

 

 

1.4. 足が 標準幅や それより細身の 人の場合

a 3E・4Eなど幅広タイプは NG

自分の足の幅より 広い 靴を購入すると、靴ずれの心配があります。幅広の人が、標準幅の靴の 大きいサイズを 購入することは ありますが、逆に 細身の足の人が 幅広を購入するのは NGです。注意しましょう。
 

b 2E以下など 標準幅 又は 細身の靴を 選びましょう

2E以下などの 自分の足のサイズに あったものを 選ぶことが 大事です。


参考:2.1. VAL CLEAN 2(バルクリーン2)
参考:2.2. ADIPACE VS(アディペースVS)

 

1.5. 通気性のいいムレない靴

a 靴のニオイの悩みにも

靴といえば、ニオイに悩む人も多いです。その悩みの 原因の ひとつに ムレがあります。通気性の良い、メッシュ地の部分が多い 靴なら 通気性がよく ムレも防止できそうです。

参考:2.4. GALAXY3 WIDE(ギャラクシー3 WIDE)

 

b 通気性の良い靴は 洗ったときも乾きやすい

通気性の良い靴なら、洗ったときも 乾きやすいという 特徴もあります。靴を 清潔に 保つには 便利な 特徴ですね。
 

 

2. 通学靴に 使える オールホワイトの アディダス

2.1. VAL CLEAN 2(バルクリーン2)

adidas neo の 定番スニーカーです。シンプルなデザインと お手頃価格で人気です。


(↑ clickで ショップにて 確認できます ↑)

アッパー素材は 合成皮革で、多少の雨なら 大丈夫です。通常幅の2E相当です。
※ 写真は 白x緑 ですが、オールホワイト(白x白)も あります
 
特徴

  • adidas neo の 定番スニーカー
  • シンプルなデザイン
  • アッパー素材は 合成皮革で 多少の雨なら 大丈夫
  • 通常幅の2E相当
  • サイズ:23.0cm ~ 28.5cm


 

 

2.2. ADIPACE VS(アディペースVS)

シンセティックレザー(合成皮革)のアッパーで、ベーシックデザインの シューズ。普通幅の2Eです。
 
特徴

  • ベーシックデザインのシューズ
  • アッパー素材は 合成皮革(シンセティックレザー)で 多少の雨なら 大丈夫です
  • 通常幅の 2E
  • サイズ:24.5cm ~ 27.5cm

 

 

2.3. アディダスファイト MSH K

日本の子どもの足型に合わせたジャパンモデル」なんだそうです。つま先周りは ゆとりを 持たせることで 蹴る力を こめやすい設計など、運動向けに 考え 尽くされた シューズです。
 
特徴

  • つま先周りはゆとりを持たせた設計
  • 蹴る力を こめやすい設計
  • かかとのホールド性でぶれない着地など 運動向けのシューズ
  • 中敷きは取り外し可能
  • アッパーは 合成繊維/合成皮革
  • サイズ:17.0cm ~ 25.5cm

 

 

2.4. GALAXY3 WIDE(ギャラクシー3 WIDE)

通気性が高く、軽くて、安い、アディダスの ランニングシューズです。甲高・幅広に嬉しい、4E相当です。

雨の日には 水が浸みこみやすく弱いですが、暑い日には めっぽう 快適です。
 
特徴

  • メッシュ地部分が多く 通気性がよく 軽くて 快適な ランニングシューズ
  • 甲高・幅広 の足の人向けの 4E相当
  • サイズ:22.0cm ~ 32.0cm

 

 

3. さいごに

子供の大事な通学靴。いろんな選択肢があるけれど、全ての要望に 適したものって なかなか見つからないことも。そんなときは、2足以上を組合わせて使うのもアリです。

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする