成績は心配。でも塾には行きたくない中1・中2の勉強に!人気の教材

中学生にもなると 周りの ほとんどが、塾や 家庭教師、あるいは 教材など を 利用して 勉強します。

ママ友の子や 子供の友達が 塾に行ったり、塾を 変えたりという 話が聞こえてくると、うちは大丈夫かな?と 心配になったり、焦ったりしませんか?

塾は 気になってるけど・・

  • 部活が 忙しくて 時間が拘束される 塾だと 通えない
  • 塾を どうしても 子供が 嫌がる
  • 塾に 悪友がいて おしゃべりばかりで 勉強にならない
  • 塾だと 教科ごとに 費用が かかり 経済的に 厳しい

等の理由で 塾には 踏み切れないけど、何も しないのも 不安で 落ち着かない という方へ。これらの 悩みに 応える 勉強 方法を 紹介します。

実績も 豊富で、実は 利用者の 間では 超有名。毎年 多くの 中学生を指導し、志望高校の 合格までを サポートしている方法です。
 

このページのガイド(目次&比較一覧)

 

1. 塾 以外にない? 塾に代わる学習方法

1.1. 塾が選ばれる理由と 成績UPのコツ

中学生の 子供の 勉強が 不安なときに 塾が 選ばれるのには、いくつか理由が あります。

  • 塾は 学習サポートの 定番だから
  • ママ友の子・子供の友達等 身近な子が 通ってる(通っていた)安心感
  • 通っている子の 成績が 良い(上がった)から
  • 口コミで 評判が いい塾だから
  • 塾に通う子たちの影響で 勉強への やる気の 刺激になる
  • 塾に 行けば 少なくとも その間は 勉強するはず
  • 成績が 心配だから 塾に 行かせないと 不安
  • 家庭教師だと 高いし 面倒なので 塾にした
  • 拘束されない教材だと怠けちゃいそうなので 拘束される塾にした
  • (参考:1.4. それ違います!教材に関する 勝手な誤解

 

塾通いを きっかけに 成績を伸ばす 子もいますが、一方で、塾に 通っても 期待する 結果が 得られないことも。それには 理由が あります。

成績アップは 塾の 役割も 大きいですが、あわせて 家庭学習の 時間も 欠かせません。塾の 限られた時間だけでは、たくさんの内容を 覚えたり、繰り返し 問題を解いて 自分のものに するのには 時間が不十分。

成績を上げる子や 成績が良い子は、例外なく 塾に加えて 自宅でも 勉強しています。塾に 行かせただけで 安心するのは 要注意
 

 

1.2. 塾のデメリット

塾に通うには、デメリットとも とれる 次の事項を クリアする 必要が あります。

  • 決まった時間が 拘束されるため 部活など 他の活動が 制限される
  • 教科ごとの費用で 月謝の負担が大きい
  • どうしても 子供が 塾を 嫌がる場合も・・

もし クリアできない 場合は、塾以外の 方法に なります。

1.3. 塾に代わる方法と 塾との比較

 
塾に 通っても 期待する結果が 得られない場合には いくつか理由が あります。

  • 塾と 子供の レベル・相性が 合っていない(塾の 授業が 分からない)
  • 塾の 授業は 分かるけど 家庭学習が 不足(塾が 家庭学習の増に 役立ってない)
  • 悪友との おしゃべり等が 楽しくて 勉強にならない

放っておいても、子供の意識が上がれば、解決することもありますが、それを待っていると 手遅れになることも・・。何より 時間と お金が ムダですね。問題を 解決するには、今の塾を 変えたり、塾のほかに 別の方法を考えたり することも大事です。

1.3. 塾に代わる方法と 塾との比較

 

 

1.3. 塾に代わる方法と 塾との比較

塾 以外にも 実績が 豊富で 多くの中学生の 高校受験を 支えてきた 学習サポートは あります。それは 学習教材です。

昔の 学習教材は、紙ベースで モチベーションの 高い子じゃないと 使いこなせず、どんどん たまっちゃうイメージ かも ですが、今は 違います。

動画など デジタル レッスンや、ゲーム性で 興味を刺激する コンテンツ等もある タブレット学習が 導入されて、従来とは ガラリと 違います。

中でも 進研ゼミ 中学講座は、指導実績も 豊富で 多くの 志望高校 合格を 支えてます。学習は もちろん、タイムリーな 保護者向け 受験情報も 豊富で 情報戦でも 強い味方。サポートの 守備範囲が 広いのに 費用は とっても リーズナブル なのも特徴です。

学習教材 vs 塾 の比較
学習教材(進研ゼミ) 塾の場合
授業・解説 動画などのデジタルレッスンと 教材で 解説。 塾講師が授業で(又は 個別指導で)解説。
やる気が出ない時 デジタルレッスンや ゲーム性のある やる気を サポートするコンテンツ等で やる気から支援。 塾に行きさえすれば 拘束された時間内は 教室での 学習が 確保される。
分からない時 タブレットから いつでも質問できる。過去のQ&Aも参考になる。
人目を気にせず 質問できる。
24時間 いつでも 質問できる。
塾講師に授業で(又は 個別指導中に)質問。
すぐに 直接 回答が もらえる。
塾に行ったときに質問できる。
家庭学習の促進 気軽にできる タブレット学習で 気分を上げてから 記述力UPのドリルに 取り組める等の工夫も。 直接は 関われない。宿題を出して 家庭学習を 促すなど。塾の自習室が使える場合も。
暗記のサポート 教材(暗記BOOK等)や電子教材(5教科パーフェクトマスター)等、ゴロやインパクトで暗記をサポート。 特になし。(塾や 講師にもよる。補助教材がある場合も。)
 
時間の自由度 計画しだいで 朝型でも 夜型でもOK。時間の自由度が高い。
部活などとの両立に便利
塾での学習と 通うのに必要な 時間が 拘束される。
 
保護者の学習確認 取組みお知らせメールで、日々の 取組み内容・総取組時間などを 翌日の朝に お知らせ。 塾による。(登下校・遅刻・早退などを メール連絡する塾もある)
 
費用 5教科+実技4教科+受験情報 と 守備範囲は 広いけど リーズナブル 教科ごとの費用で 月数万円も 珍しくない

 

1.3.1. 進研ゼミ 中学講座

 

1.3.1. 進研ゼミ 中学講座

実際に 進研ゼミ 中学講座を 受講してみて 知った&感じたメリットが こんなに ありました。

数多くの 先輩たちの 志望高校 合格までを サポートしてきた 実績豊富な 教材
ゲーム・動画 好きには 相性ぴったりの タブレット学習も 人気
過去の指導実績を基に ニガテになりそうな単元は あの手この手で しっかり指導
マンガや イラスト、動画など いろんな切り口で 興味を 刺激する 学習内容
ゴロや インパクトなど 暗記学習も サポート
タブレットの演習問題と 紙のドリルで 効率的な 演習
赤ペン先生の添削指導や 質問への回答なども 丁寧な解説で わかりやすい
暗記BOOK や 予想問題など 5教科も 実技4教科も しっかりテスト対策
学校生活や悩みに!毎月タイムリーなテーマで 先輩・同世代達の声や ヒントも
内申点のこと等 気になる 受験情報も タイムリーに 届くので 情報戦も楽ちん

幅広いサポートなのに 意外と リーズナブル

公式ページは 下のバナーからどうぞ。


ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
(↑ クリック! 公式ページで確認 ↑)

 

 

1.4. それ違います!教材に関する 勝手な誤解

食わず 嫌いで 気づいてないだけの 巷にある 誤解について、私なりに 整理してみました。

 

教材って やる気が ある子にしか むかないんじゃない? 手つかずの 教材が どんどん たまっちゃうんじゃない?

紙の 教材が 主流だった 以前なら そういう心配も ありました。しかし、タブレット学習が 導入されたことで、その心配も かなり 軽減されてます。

タブレット学習には、動画などの デジタル レッスンや、ゲーム性で 興味を刺激する コンテンツ等もあります。

動画・ゲーム好きの 子供たちには 相性ピッタリ。紙の 教材や 教科書より、ずっと 学習に 取り組みやすくなってます。

保護者への「取り組みお知らせメール」で、日々の 取り組み内容・総取り組み時間を、翌日の朝に 毎日 お知らせ するので、子供の 取り組み状況も 簡単に 把握できます。

1.3.1. 進研ゼミ 中学講座

 

教材って 人を介さず モノだけが送られてくる 一方通行で ドライな イメージだけど・・。 サポートも ほとんど ないんでしょ?

進研ゼミは、意外と 人間味の ある教材でした。教材を 作っている スタッフが キャラクターとなって 教材・資料の あちこちに登場し、親しみを 感じます。

赤ペン先生の添削も、質問コーナーへの質問も、すごく丁寧で びっくりしました。こういう丁寧さが、子供の 次の やる気に つながっていくようです。

電話相談なども ありますし、塾とは 違う形では ありますが、サポートも けっこう充実しています。

ちなみに、子供の取り組み状況は「取り組みお知らせメール」で、毎日 簡単に 保護者が 把握できる しくみになってます。

1.3.1. 進研ゼミ 中学講座

 

レベルや 学習ボリュームが 物足りない 気がするけど・・

もし レベルや 学習ボリュームに 物足りなさを 感じた場合には、コース変更や オプションを 利用することもできます。

たとえば コースでは、中一講座・中二講座は「スタンダードコース」と「ハイレベルコース」が 選べます。途中からでも 適宜 切り替えOKです。中3になると「受験総合コース」「難関挑戦コース」「最難関挑戦コース」があります。

オプションでは、英語の「Challenge English 中学・高校4技能クラス」や、別売り教材などが あります。

1.3.1. 進研ゼミ 中学講座

 

教材って どうせ昔の 使いまわし なんでしょ? もっと 安くて いいんじゃない?

2つ歳の離れた 兄妹で 進研ゼミを 利用してますが、2年の違いでも 進化しているところが けっこうあります。

例えば、中学準備講座(小6・1月号)で 届いた電子辞書も 2年で 大きく変わってます。

上の子の時は 白黒の 英語の辞書 でした。意味のほか、ネイティブの発音の確認、自分の発音のチェックなどもできて、その時も すごいなぁ!便利だなぁ!と 思ったのですが・・。

下の子の電子辞書は カラー。しかも 英語だけではなく、この先 9教科分の 事典としても 使えるように パワーアップするようです。

内容が いいものは 変更する必要が ないでしょうし、実際の指導を 通じて教材が どんどん洗練されてきたのが 今の姿なんだと思います。

他にも 選択肢が ある中で、選ばれ、実績をあげてるのには、それなりに 理由があるということですね。

1.3.1. 進研ゼミ 中学講座

 

教材って 学習指導 だけ なんでしょ?

実際の学習指導はもちろんですが、学習計画、ニガテ対策、総復習なども含めて 進研ゼミに お任せできます。

学習も 5教科は もちろんですが、内申点に関係する 実技教科の 定期テスト対策も しっかり含まれています。

さらに 中学生活・悩みに 関する情報誌も 役立ちます。先輩や 同世代の声に ヒントや元気がもらえたりするのでした。

2.1. 中学生活・悩みに!役立つ先輩たちの声・体験

また、保護者向け情報として 受験情報なども 充実しているので 情報戦も 楽々です。

2.2. 受験関連の解説&最新情報で 情報戦にも負けない

 

 

2. 中学生活・悩み・受験情報でも頼りに

2.1. 中学生活・悩みに!役立つ先輩たちの声・体験

進研ゼミには 中学生活や 悩みにも 目を向けた 情報誌が 毎月 添付されてきます。

その時期に 応じた タイムリーな テーマ にも対応していて 勉強抜きでも すごく 役立つ情報が いっぱいです。

それぞれの月の特集を 整理してみました。

  • 中2・ 4月号:キミのキャラを生かして 先輩デビュー大成功!
  • 中2・ 5月号:大充実のキーワードは「攻めの姿勢」 攻めないくん 中2 の後悔
  • 中2・ 6月号:やる気がない日の 勉強スタート術
  • 中2・ 7月号:夏の カラダの悩み相談室
  • 中2・ 8月号:部活も友情も恋も本気になる。 中2の夏は、部活天国!
  • 中2・ 9月号:「捨てる」だけ! 中2後半 すっきりスタート術
  • 中2・10月号:「恋愛テクニック」で ニガテ克服!!
  • 中2・11月号:かくれムダ時間をなくして テスト大成功!!
  • 中2・12月号:やり残しゼロで2019年へ! ムダ0復習術
  • 中2・ 1月号:受験生の真実 受験勉強中も やりたいこと やれます!
  • 中2・ 2月号:がむしゃら・ずるずる・ばっかり 3つのタイプに速く効く!学年末テストの終わらない撃退法

1.3.1. 進研ゼミ 中学講座

 

2.2. 受験関連の解説&最新情報で 情報戦にも負けない

受験情報についても 適宜 情報が届きます。中2の 終盤くらいからは かなり頻繁に 届くようになります。

内申点の 内容など、ふつうなら 簡単に 手に入らないような かなり 突っ込んだ 情報も あるので すごく 頼もしいです。

  • 知っておきたい 入試制度 〇〇県
  • 知っておきたい 高校情報 〇〇県
  • 〇〇県 受験戦略&入試分析
  • 行きたい高校選びから はじめる受験戦略
  • 3点固定でうまくいく!結果につながる 時間組み立て方
  • 定期テストも 大学入試も 今、中二で 高めていきたい記述力
  • 中二の高校見学 保護者だけでも 行っ得ガイド 厳選10の知恵
  • 中二で受験生貯金 今知ってソンしない!内申点 +5 サポート
  • 志望校の選び方BOOK
  • 内申点アップBOOK  など

1.3.1. 進研ゼミ 中学講座

 

 

3. さいごに

進研ゼミって、勉強は もちろんですが、中学生活についても ヒントが たくさんあって 頼りになります。先輩たちの 声や 体験などからも 元気が もらえたり します。

保護者の 立場でも すごく勉強になる 情報が たっぷりで、親子 迷いなく 受験に向けて 全力で 進めそうです。
 

(関連記事)

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする