中学生向け人気サングラス特集!子供の目の紫外線対策はカッコつけじゃない

 

 

サングラスって 目を 紫外線 から 守るには とても 有効な アイテム だけど、カッコつけ の イメージ が 強くて 敬遠されがち。とはいえ、紫外線は 昔より 増えていると いわれてるのに、大事な 子供の目を 強い 日差しや 紫外線 に 無防備に さらす のも 心配ですね。

 

日差しが どれだけ強くても、外で 長い時間の 練習 や 試合が 当たり前の、野球、サッカー、テニス、ゴルフ等々 の スポーツ。また、トレーニング のための 屋外での ランニングなども、長い時間 強い日差しの中に 身を置くことになります。

子供が 競技や トレーニングに 夢中に なりすぎて、大事なことを 見落さないように 注意してあげたいことが あります。

紫外線による 眼のダメージは 充血・涙・痛み等の その時の 炎症だけにとどまりません。蓄積によって 白内障や 黄班変性症、翼状片など 大変な 病気に つながる危険も あります。

ところで、昔から 日本では サングラスで 目を 隠すことが 無礼に 捉えられる など、サングラスには 向かない 考え方が あります。そのため、サングラスに対して「カッコつけ」「生意気」「いきがってる」など マイナスな イメージも 昔から あり、サングラス利用を ためらう原因に。

それでも 近頃は、徐々に 多様な 考え方に 柔軟に なってきており、サングラスに 対するイメージも 紫外線 対策などの 実用面にも 目が向いて、寛容に なってきています。

強烈な 日差し や 紫外線が 眼に 及ぼす 問題 や リスクを 考え、子供のために サングラスを 積極的に 活用する人も増え、サングラスを 受け入れる 環境も 徐々に できて きています。これ以上 先延ばしするのは 後々の 後悔 に つながるかも。

ちなみに、眼への負担は 紫外線だけで ありません。今や パソコン や スマホ、タブレット等からの ブルーライト による 眼の負担も 話題です。子供たちにとって 昔より 眼の負担の 大きい 社会 だから 眼への 対策は とても大事です。

子供の 目を 守るため、中学生向けの 人気の サングラス について 特集します。

 

このページのガイド(目次&子供におすすめサングラスの一覧)

 

子供におすすめサングラスの一覧
名称 (詳細情報へ) 特徴 値段と送料
2.1. NIKE スポーツサングラス ev1104 001 小学校高学年~中学生・小顔の女性向け。紫外線はUVA/UVBを100%カット。テニス 野球 ゴルフ 自転車 登山 ランニングなどに。 税込 9,504円
送料無料
2.2. OAKLEY スポーツサングラス QUARTER JACKET スポーツ サングラスの定番・オークリー(OAKLEY)の子供用サングラス。ブラックで 落ち着いたシンプルデザイン。 税込11,000円
送料無料
2.3. OAKLEY スポーツサングラス RADAR EV XS PATH スポーツ サングラスの定番・オークリー(OAKLEY)の子供用サングラス。ウェアに合わせやすい青と白のカラー。 税込14,050円
送料無料

 

1. 子供向けのサングラスが買われてる理由

1.1. 紫外線って目に悪い?昔より増えてるって本当?

a 紫外線って 目に悪いの?

紫外線 といえば、日焼け や シミ など 肌トラブルで よく問題視されますが、多すぎる 紫外線は、眼にも 決して 良いものでは ありません。

紫外線は 眼にも ダメージを 与えています。 たとえば、充血・異物感・流涙・痛みなど 角膜の炎症だけじゃなく、ダメージが蓄積すると 白内障や 黄班変性症、翼状片などの 大変な 病気に つながることも あります。

肌には 日焼け止め を するのに、眼には 何もしないなんて、本当は おかしい ですね。

 

b 昔より 多い 紫外線

紫外線については、気象庁などが 継続して観測を続けており、その結果が 公表されています。

日本においても、紫外線は 観測を 開始した 1990年以降 長期的に 増加傾向に あるそうです。

紫外線 量といえば、オゾン層 破壊の 問題を 思いだす人も 多いと思います。オゾン層は、太陽からの有害な 紫外線の ほとんどを 吸収し、地表に届かせない 役割を 担う存在です。

フロン等 の関与で オゾン層 破壊が 指摘されだしたのが、1970年代 中ごろ のこと。その後 1987年になって「オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書」採択で、世界的に オゾン層破壊を くい止める 動きが 本格化しました。

こうした 動きも受けて、世界的な オゾン量は、1980年代から 1990年代前半に かけて 大きく 減少が 進んだものの、それ以降は 減少が 止まったようです。しかし、依然と 低い状況は 続いているそうです。

 

c 世界的にも 関心の 高い 紫外線

紫外線量については、世界的にも 非常に 関心の 高い 問題です。中でも 皮膚がん などが 多い オーストラリアでは、紫外線 問題は 切実です。
 

d 知っておきたい UVインデックス

人体に影響する 紫外線の 強さを シンプルな 数字で 表した指標が UVインデックスです。世界で 使われている 指標のため、世界の別の地域との 比較にも 便利です。



「環境省 紫外線環境保健マニュアル2015 p7(WHO:Global solar UV index-A practical guide-2002)」より

 

e 今の日本の 紫外線量は あの オーストラリアにも 負けてない?

紫外線量で 有名な オーストラリアですが、実は 場所によっては 日本も オーストラリアと あまり 変わらない くらいの 紫外線量が あるのでした。

たとえば、WHOの公表資料によると、シドニー(オーストラリア)と 東京では、UVインデックスを 通年で見ると あまり変わらないレベルです。

なお Darwin(オーストラリア)と比べると、東京のほうが 数値は 低いですが、日本も 南に行くほど UVインデックスは さらに高くなっていきます。



「WHO:http://www.who.int/uv/intersunprogramme/activities/uv_index/en/index3.html」より

 

f 本当は 大事な 子供の 目を守る 紫外線 対策

紫外線が もたらす 被害や 問題も 昔より 分かってきており、また 紫外線量も 無防備に 放置して いいレベルでは ありません。

大切な 子供の 眼を 紫外線から 守るために、紫外線 対策は 先送りしていい 問題では ないですね。

参考:1.3. 状況に 適した サングラス選び と 使い方の工夫
参考:2. おすすめ中学生向けサングラス

 

 

1.2. サングラスへのイメージは 変わってきている

a スポーツとサングラスの関係

テレビなどで アスリートが サングラスを かけて トレーニングしたり 試合に出場したり する 姿も、近頃は 見慣れた ものに なりました。

屋外の スポーツなら、サングラスは 昔から 海外選手では 当たり前でしたが、だんだん 日本人選手に とっても 当たり前の ものに なっています。

特に マリンスポーツや スキー・スノーボードなど では、さきがけて 紫外線対策の サングラスは 当たり前の存在になってましたが、徐々に その スポーツの すそ野も 広がっています。

一般 や ジュニア世代 でも、屋外の スポーツや トレーニングで サングラスを 利用することは ふつうの ことに なってきています。
 

b 紫外線のリスクに対する 認識の深まりも 影響

時の流れとともに 紫外線に対する 知見が深まるとともに、その認識が 世間一般にも広がり、紫外線 対策の 必要性は 今では 誰もが知る 当たり前のこと です。

たとえば、肌なら 日焼け止め、唇なら リップ、眼なら サングラス というのが、誰もが知る 当たり前の 紫外線 対策であり、昔より 紫外線ケアに 力をいれる人も ずっと増えています。

特に 日焼け止めによる 肌のケア に ついては、今では 逆に 無防備な人は 少数派 かも しれませんね。

ところが サングラスに 関しては、頭では 分かっていても、昔ながらの「カッコつけ」イメージに 惑わされて、なかなか 踏み出せない 人も いる ようです。

でも、肌をきっちり ケアしているのに、眼は 無防備って、本当は おかしな こと ですよね。
 

c サングラスへの偏見の由来

そもそも なぜ サングラスに「カッコつけ」という イメージが 定着したのでしょうか?

日本では もともと、目を隠して サングラスを かけることは、無礼なこと と 捉えられていました。そのため、昔は 空気を 読む ふつうの人が サングラスを 使うことは まれ でした。紫外線への 知識も 昔は 薄かったので、眩しくても ガマンするのが けっこう ふつうでした。

そんなこともあり、サングラスを かける人には、こわい人や、やんちゃな人が 多く、逆に サングラスに そんな イメージも つくようになりました。

また、一方で 外国人が 気軽にサングラスを 使うことは よく知られていたので、「サングラスは 外国人には 似合うけど 日本人には 似合わない」という言葉も まことしやかに ささやかれてました。

このような背景から、サングラスを かけるのは、やんちゃな人 か 外国人に あこがれた「カッコつけ」という イメージに つながったようです。

でも この イメージは、今 考えると サングラスに 対する 間違った 偏見ですね。「カッコつけ」というイメージ が できあがった 頃は、まだ 紫外線に 対する 知見が 日本では それほど 広がっていません でした。まだ 日焼け止め を 肌に 塗る人も 今ほど 多くなかった頃 の話 です。

今 改めて 考えてみると、サングラスは 眼を 紫外線から守るのに すごく 有効なアイテム。また、顔につけるものだから、もちろん おしゃれにも 気をつかって 選びたい ですね。
 

 

1.3. 状況に 適した サングラス選び と 使い方の工夫

a 機能性を アピールした デザイン・ブランド

シンプルな デザインなほど「カッコつけ」の 印象も 緩和されるようです。また スポーツ サングラス として 分かりやすいように 誰もが知る メジャーな ブランドの ほうが 受け入れられ やすいかも。

2.1. NIKE スポーツサングラス ev1104 001
2.2. OAKLEY スポーツサングラス QUARTER JACKET

 

b トレーニング ウェア に あった デザイン・カラー

トレーニング ウェアに あった デザイン・カラーの サングラスの ほうが 浮かないので、より 自然に 使えそうです。合わせる トレーニング ウェアの デザインに よっては、案外 シンプルな ブラックのほうが 浮いちゃうこともあります。注意したいですね。

2.3. OAKLEY スポーツサングラス RADAR EV XS PATH

 

c スポーツ サングラス といえば オークリー

オークリー(OAKLEY)は、特にアイウェアで 有名な アメリカの メーカーの ブランドです。圧倒的な 技術力で そのスポーツ サングラスが 高く 評価されており、多くの プロ スポーツ選手にも 選ばれています。

たとえば、偏光ひとつ とっても オークリーの サングラスは 違います。ほかにも、鮮明度や 解像度、対衝撃性、UVプロテクションなど ひとつ ひとつに 高い テクノロジーを もつ メーカーです。(参考:https://www.oakley.com/ja-jp/technology/eyewear

野球では イチロー 選手が 愛用していたことでも有名です。話題の選手では、大谷 翔平 選手など も いますし、ゴルフでは 宮里 藍 選手 や 松山 英樹 選手など も オークリーの サングラスです。

2.2. OAKLEY スポーツサングラス QUARTER JACKET
2.3. OAKLEY スポーツサングラス RADAR EV XS PATH

 

d 自主トレから 慣れてみる

もし、チームに サングラスを 使っている人が いない等で 持ち込みにくい場合は、まずは 自主トレから サングラスを 試してみるといいかも。

実際に 使ってみて、気づくこともあります。いくらか 使い 慣れてきてから、チームの練習に サングラスを 持っていくか どうか を 考えるのも アリです。
 

 

2. おすすめ中学生向けサングラス

2.1. NIKE スポーツサングラス ev1104 001

 
ナイキ(NIKE)の スポーツ サングラス です。小学校 高学年 ~ 中学生 向けのサイズです(小顔の女性にも使えます)。

紫外線はUVA/UVBを100%カット。テニス 野球 ゴルフ 自転車 登山 ランニングなどに。
 

特徴

  • 小学校 高学年 ~ 中学生 向け(小顔の女性もOK)
  • 紫外線はUVA/UVBを100%カット
紫外線は、UVA、UVB、UVCに分けられ、UVCは地表まで届かないので、地表に届くのは UVAと UVBといわれてます。UVBは 有害性がUVAより強いけど 量は多くなく、UVAは UVBより有害性は小さいけど 量が多いです。

 

 

2.2. OAKLEY スポーツサングラス QUARTER JACKET

 
スポーツ サングラス の定番・OAKLEY(オークリー) の 子供用サングラス。オークリーは、スポーツ サングラスでは 非常に 評判が高く 定番のブランドです。

ブラックで 落ち着いた シンプル デザインです。
 

特徴

  • 可視光線透過率 10%
  • 紫外線カット率 99%以上

 

 

2.3. OAKLEY スポーツサングラス RADAR EV XS PATH

 
スポーツ サングラス の定番・OAKLEY(オークリー) の 子供用サングラス。オークリーは、スポーツ サングラスでは 非常に 評判が高く 定番のブランドです。

RADAR EV XS PATH(レーダーEV XSパス) は 青白調のカラー。ウェアにも 合わせやすそう。
 

特徴

  • 可視光線透過率 13%
  • 紫外線カット率 99%以上

 

 

3. サングラスの体験談から学ぶ

3.1. 恥かしすぎる失敗談

a スマホの表示が壊れた?サングラスをはずしたら・・

何気に スマホを 取り出して、画面を見たら 表示が 全く 見えない!

何をしても、何も表示されず、「壊れちゃった?」と かなり 焦りました。

しばらく悩んでましたが、なんとなく サングラスを 外したら、普通に表示された いつも通りの スマホが 目に入りました。

サングラスの せいで 見えてなかった だけでした。

 

b ロード サイクリング での トンネル や アンダーパス

サングラスを かけての ロードサイクリングでは、トンネルや アンダーパスなどの 暗がりに入るときに ヒヤッとすることも。しっかりスピードを 落とすなど 注意したい ポイントです。
 

3.2. 役に立つ 気づき・発見

a 失くさない 置き場所の工夫

サングラスは 使うときには 頻繁に 必要になるけど、使わないときは かなりの期間 使わないことも。

そのため サングラスの 置き場所を 忘れて 失くさないために、定番の 置き場所を 決めておくことが 大事です。
 

 

4. さいごに

紫外線の 怖さを 知らない 子供 任せでは 心配です。肌には 日焼け止めが 当たり前なのに、本当はもっと 注意しないと いけないはずの 眼は 紫外線に対して 無防備というのも 残念なことです。

サングラスって 昔から カッコつけな イメージが あるので、いくらか抵抗は あるかもしれないけど、近頃は そんな 偏見も 緩和されて きています。

1.2. サングラスへのイメージは 変わってきている

偏見に惑わされて 大切な 眼の ダメージを 放置するのは 残念なことです。後回しに しないことが 大事です。

1.3. 状況に 適した サングラス選び と 使い方の工夫
2. おすすめ中学生向けサングラス

 

関連記事