ランドセル・リメイクのお店を特集!安い/仕上り/人気/実用性で選ぶ

小学校の6年間を一緒に過ごした ランドセル。思い出・愛着が いっぱいで、小学校を卒業して 使わなくなったから といっても 捨てるのには 抵抗があります。

ランドセルは、お祖父さん・お祖母さん から 孫への入学祝いとして贈られることも多く、たとえば「今は亡き母にプレゼントしてもらったから・・」との思いを重ねてしまう場合もあるようです。

とはいうものの、もう使うことはないですし、保管には場所をとります。どうにかしたいけど、でも処分には踏み切れずに、ずるずる 先送りしている人は わたしの周りにも けっこういます。わたしも 保管というか ほぼ放置状態です^^;。

ランドセルを、記念品としてのミニランドセルや、実用も兼ねた各種ケース・キーホルダーなどに リメイクするサービスが注目されてます。「スッキリ!!」などのテレビや いろんなメディアでも話題になり、すっかり定着しています。

ある人は、ランドセルの形を失うことに抵抗があったものの、リメイクで出来上がった 品物を目にした瞬間に 感動したそうです。また 上の子でリメイクを利用すると、下の子でも リメイクをしたくなるという人も多いです。

ランドセルのリメイクを 依頼できる お店も いろいろあります。

Check >> 楽天市場の ランドセルのリメイクの お店は こちら

 
そこで、「安さ」「仕上り(きれい・おしゃれ等)」「実用性」「人気」など いろいろな切り口で、ランドセルのリメイクの お店を 選びましたので、参考にしてみてください。

安い・満足 の口コミが多い ランドセルのリメイク店

楽天市場の「Askal カバン工房」には、値段と内容に満足の口コミがたくさんありました。


ペンケースや 通帳ケース、キーケース、写真立て、コインケース、メガネケースなど お好みのセットから選べるのは 嬉しいですね。それぞれのセットに 含まれる品物には、コードホルダー、キーホルダー、リール付き単パスケース、印鑑パット、印鑑ケースなどもあります。どのセットにしようか 迷いそうです。

実際に利用された方々の口コミ評判をご紹介します。

価格について

  • お値段が本当に良心的でした
  • リーズナブルな料金で仕上りにも満足 ・・など

品物について

  • 最初は興味がなかったのに、届いた品物に 子供も大喜びでした
  • かわいく仕上がっていて、使うのがもったいないくらい
  • キズさえも思い出で、懐かしく感じた

その他

  • 納期が 予想以上に はやかった

 
口コミを見ていると、実際にリメイクした品物を 目にした人にしか分からない 喜びや 感動があるのかなぁ・・と感じるでした。興味が無かった人さえも 喜ばせてしまうって、すごく素敵ですね。

外観も 内側も そして金具まで!ミニランドセル

ランドセルのリメイクで作った ミニランドセルが評判です。思い出のランドセルが「そのままでした」という口コミもありました。


ロゴ、校章、キズなども できるだけ残し、かぶせなど 外観だけではなく、内側にも気を配った作りです。たとえば、名札や時間割は 縮小コピーするそうです。

実際に利用された方々の口コミ評判をご紹介します。

品物について

  • 思い出のランドセルが、そのまま小さくなってました
  • 感動の仕上りで、下の子の時もお願いしたい
  • 当時のキズ・汚れ・デザインまでミニチュアで蘇り、6年間の思いが詰まってる
  • 小さいので、みんなが見えるところに飾っておける
  • 娘も大喜びで すぐに部屋に飾りました
  • ランドセルを贈ってくれた祖父母に見せたら とても喜んでくれました

 
口コミを見ていると、その仕上りに感動したというコメントが多かったです。でも 時間はたっぷりかかるようです。ランドセルの発送から 完成品の到着まで、2ヶ月かからない人もいれば、10か月くらいの人もいました。余裕をもって依頼することも大事なようです。

長財布・スマホケース・システム手帳 等々にリメイク

ミニランドセルや 小物(キーケース、ストラップ、キーホルダー、コインケース、パスケースなど)のほかにも、長財布や スマホケース、システム手帳など、いろいろなランドセルリメイクが選べる お店も 楽天市場にあります。下請職人集団 工房花鯨(HANAKUJIRA)です。

Check >> 下請職人集団 工房花鯨(楽天市場)

いろいろありますので、ランドセルのリメイクで、どんなものができるのか、気軽に 眺めてみるのも面白いかも。

さいごに

ランドセルのリメイクは、卒業後すぐに 利用する人もいる一方で、数年後に利用する人もいます。たとえば、兄弟姉妹がいる家庭では、複数のランドセルを まとめて依頼することもあります。

リメイクした品物の使い方は 様々です。その子本人や 家族が 使うだけではないです。

たとえば、孫への入学祝として お祖父さん・お祖母さんから ランドセルを 贈られた ある方は、卒業後に そのランドセルのリメイクで作った 写真立てに その子(つまり孫)の 写真を入れて贈ったそうです。素敵ですね。

お下がりで ランドセルを譲ってもらった ある方は、卒業後に ランドセルをリメイクした品物を 分けて贈ったら、びっくりされるとともに 喜ばれたそうです。

もしかしたら卒業から 間もなくは、思い入れが 強くて、処分はもちろん、リメイクによって ランドセルが その形を失うことにも抵抗を感じるかもしれません。そんな場合には、気持ちが落着くまで 時間をかけるのもいいと思います。とりあえず ランドセルのまま とっておいて、いずれ気持ちが固まったら リメイクを利用してみては いかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。