ランドセルの肩ベルト※ずれるのを防ぐには?ずり落ちを簡単に防ぐ方法

6年間使う ランドセルだから、入学 当初は 子供の体が 小さくて、大きすぎる ランドセルで 苦労する こともあります。

肩ベルトの長さ調節など、ある程度は サイズ調整できますが、肩幅 や 肩のかたち など ランドセルだけでは うまく調整できない こともあります。

ランドセルのサイズが 昔より 大きくなっていることも 背景にあるようです。


 

サイズ調整しきれないと、子供が 背負った時に、肩ベルトが ずれやすい・落ちやすい・動く・浮いてしまう など で、通学時に その子が 苦労することになります。

意外と 見落とされがちな 問題のため、登下校で 何度も ランドセルの 肩ベルトを 直ししたり・手で支えたりして 歩く 子も たまにいます。

まだ 体の小さい子が 大きいランドセルで 苦労しないために、ずれ落ちを防いで 負担なく 背負えるように サポート する 人気の アイテム を紹介します。
 

このページのガイド(目次&アイテム一覧)

 

ランドセルの肩ベルトのずれ落ちを防ぐアイテム
名称
(詳細情報へリンク)
特徴 値段と送料
2.1. ふわりぃ ランドセル用チェストベルト ランドセルの肩ひもがズレ落ちるのを防ぎます。バックルを簡単にカチッとつけるだけの簡単操作でOK。 税込 2,160円
送料無料
2.2. decorate フロントストラップ/チェストベルト リュックや ランドセルの ずり落ち防止に。子供にも 大人(女性)にも 使える便利な フロントストラップです。 税込  648円
送料別

 

1. ランドセルの肩ベルトのずれ・落ち・浮きなど

1.1. 見落としやすいので要注意!

ランドセルの 肩ベルトの 長さ 調節 だけでは、まだ 小さい肩幅や なで肩などには 十分 対応できない場合も あります。

子供も 親も ランドセルを 信じすぎて、見落とすこともあるので 注意が必要です。

ランドセルでは 調整しにくい、子供の 肩幅に 対する 調整には、サポートアイテムが 必要です。

子供の 成長で いずれは 不要になるものですが、サポートしないと 肩ベルトが ずれやすかったり・落ちやすかったりして 安定しまぜん。そのままだと、子供の 登下校の 負担になります。

子供の 登下校の様子を 見てみたり、あるいは、子供に 肩ベルトが ずれ落ちないか? 聞いてみることも大事です。


 

 

1.2. サイズが大きくなっているランドセル

ランドセルは、以前より サイズが 大きくなっています。

それには、教科書・ノートなどが A4サイズに 大きくなったことが 影響しています。

教科書などの 規格が 変更されたことで、最初は A4サイズが 入る大きさに ランドセルの サイズも 少し大きくなりました。

ところが、その翌年くらいから、「A4クリアファイルが曲がらないで入るサイズ」とか、「A4フラットファイルが楽にはいるサイズ」とか、どんどん ランドセルの サイズは 競うように 大きいのが登場しました。

ある程度 成長して体が大きくなると 問題はないですが、入学当初の 1年生にとっては そのサイズアップが けっこう影響します。

ランドセルの 大きさが、必要以上に 負担にならないように、サポートアイテムで 対応しましょう。
 

 

2. 肩ベルトを安定させる人気のサポートアイテム

2.1. ふわりぃ ランドセル用チェストベルト

ランドセルの肩ひもがズレ落ちるのを防ぎます。着脱簡単な バックルの チェストベルトなので 子供にも扱いやすく とても便利です。

特徴
・着脱は簡単なバックル方式です。
・ランドセルの肩ひも(肩ベルト)がズレるのを防ぎます。
・カラーは、ストロベリー、ピンク、スミレ、スカイ、ブラウン、ブラックです。
・ランドセルと同じカラーにしたり、あるいはアクセントとして色違いにするのも おしゃれです。

レビューからのヒント
・細身な体型のためか 肩ベルトが 何度もずり落ちていたけど、チェストベルトで楽になった。
・小さい体だけど、走っても ランドセルが安定するようになった。
・肩ベルトを気にしなくてよくなり、登下校の歩くのが速くなった。
 

 

decorate フロントストラップ/チェストベルト

decorate(デコレート)のフロントストラップ/チェストベルトです。リュックや ランドセルの ずり落ち防止に。子供にも 大人(女性)にも 使える便利な フロントストラップです。

特徴
・キッズバックが人気のブランド「DECORATE(デコレート)」のチェストベルト
・体が小さい 1年生のランドセルや カバンが ずり下がる 悩みに 対応
・リュック、バックパックにも 使えて キッズのほか ママにも便利
・カラーは合わせやすい黒地です。刺繍カラーは、ホワイト、ピンク、スカイブルー。

レビューからのヒント
・ランドセルが安定して背負えるようになった。
・Dカンに、防犯ブザーや 携帯を 付ける事が 出来て便利。
・校外学習のときのリュックが 大きかったので、役に立った。
・通学にリュックを使いだしたけど、Dカンに防犯ブザーもつけることができて便利。

 

 

3. 他にも便利な ランドセルの サポートアイテム

3.1. 肩が痛い!に対応するアイテム

1 肩パッドで 肩の痛みを解決

肩ベルトに 肩パッドを つけることで、肩に かかる 荷重を 分散させたり、あるいは 衝撃のクッションとなり、痛みを解決します。

体が小さい子や、通学距離が長い子の 負担軽減にも 喜ばれています。

 関連記事 小学生の肩が痛い!ランドセルの肩ベルトの問題を肩パッドで改善
 

2 チェストベルト による固定で 解決できる場合も

ランドセルの 肩ベルトを チェストベルトで 固定する事で、背負ったときの ランドセルが 安定して、肩の痛みが 解決する 場合も あります。

 (参考)2. 肩ベルトを安定させる人気のサポートアイテム
 

 

3.2. ランドセルの保護&イメチェンのアイテム

ランドセルの 保護や、見た目の イメージチェンジに、ランドセルの かぶせに 装着する ランドセル カバーも 人気です。

ランドセルを きれいに使いたい!という目的の ほかにも、例えば・・

・入学前に大好きだったキャラクターのランドセル、学年が上がったら恥ずかしくて・・
・ランドセルの キズ・色剥げなどを 隠したくて・・
・友達のランドセル カバーが カッコよくて!(かわいくて!)

等々の 目的や きっかけで 利用されています。 ランドセルカバーには、

・ランドセル の もとのカラーや デザインを 活かす 透明系デザインの カバー
・イメージを ガラリと変える 全く違うデザインのカバー

など様々です。

 関連記事 女の子に人気!透明ランドセルカバー特集!おしゃれ・かわいい・反射も
 関連記事 男の子用ランドセルカバー選び(人気/カッコいい/反射)初めでも失敗しない
 

 

4. さいごに

成長が著しい 小学生の6年間を 使い続ける ランドセルだから、実は けっこう いろんな サポートアイテムがあります。

「肩が痛い!」「肩ベルトがずり落ちやすくて・・」「キャラクターランドセルに飽きて・・」「ランドセルのキズが恥ずかしくて・・」・・等々の 悩みや 問題も サポート アイテムで 解決できる場合もあります。

上手に使いこなして、子供の 小学校生活を サポートして あげましょう。もしサポート アイテム に 気づかず、あきらめているママ友がいたら、教えてあげるのもいいかも。
 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする