トイレトレーニングパンツは紙?布?何枚?何層?/長引く理由も

トイレトレーニングを 始めるときに、役立つ トイレトレーニング パンツ ですが、いろいろ種類もあって、どれがいいのか 迷います。

「紙? それとも 布?」「何層がいいの?」「何枚必要なの?」「洗濯での注意点は?」などの疑問に お答えし、人気のトレーニングパンツについても紹介します。

トイレトレーニングは、1~2週間でできる人もいれば、何カ月もかかる人もいます。トイレトレーニングが 長引いてしまう 見落としがちな 理由についても まとめます。


 

このページのガイド(目次&トイトレパンツ一覧)

 1. トイレトレーニングパンツの選び方
  1.1. 「紙」と「布」のメリット・デメリット
  1.2. 層ってなに?何層がいいの?
  1.3. トイトレパンツは何枚必要?
  1.4. パンツ選びの前に知っときたい洗濯の注意点
 2. 人気のトイレトレーニングパンツ
  2.1.2.2. (一覧に記載)
 3. トイレトレーニングに関わる話題いろいろ
  3.1. トイレトレーニングが 長引く理由
  3.2. おまる or トイレ+補助便座
  3.3. 子供の やる気の 引き出し方いろいろ
  3.4. トイトレパンツを嫌がるとき
 4. さいごに
 

人気のトイレトレーニング パンツ 一覧
名称
(詳細情報へリンク)
特徴 値段と送料
2.1.1. 中股4層ハローキティ トレーニングパンツ3枚組 4層。女の子に人気のキティ―ちゃんのデザインのパンツです。 税込 1,598円
送料別
2.2.1. トレパンマン 男の子用ビッグ 32枚(12~17kg)ほか ユニチャームの紙製トイレトレーニングパンツです。男の子用・女の子用があります。 税込 1,541円
送料別

 

1. トイレトレーニングパンツの選び方

1.1. 「紙」と「布」のメリット・デメリット

トイレトレーニング(トイトレ)パンツには、「紙製」と「布製」があります。

それぞれの 特徴を知り、状況に応じて 適切に選ぶことが、よりストレスの少ない トイレトレーニングに つながります。
 

 1.1.1. 紙製 トイトレ パンツの メリット・デメリット
 1.1.2. 布製 トイトレ パンツの メリット・デメリット
 

1.1.1. 紙製トイトレパンツのメリット・デメリット

紙製トイレトレーニングパンツとは
・使い捨てのトレーニングパンツです。

メリット
・洗濯が 要らないため、紙おむつ感覚で 楽ちんです。丸めて捨てるだけ。
・紙おむつと違い、おしっこをした後の不快感が残ります。
・外に漏らさないので、掃除の手間も省けます。
・トイレトレーニングが短期間で終われば割安です。

デメリット
・1回1回使い捨てなので、トイレトレーニングが長引くと割高です。
・紙おむつと あまり変わり映えしないので、気持ちの 切り替えには不利かも。
 (商品によってはこの部分をフォローする工夫があります)

(参考)2.2. 人気の紙製トイトレパンツ
 

1.1.2. 布製トイトレパンツのメリット・デメリット

布製トイレトレーニングパンツとは
・布のトイレトレーニング用パンツです。
・普通のパンツと違い、おしっこをしても漏れにくいように厚いつくりです。
・紙おむつと違い、おしっこをしたときの 不快感があります。

メリット
・子供の 気持ちの 切り替えに 役立ちます。
・特に お気に入りのパンツを選ぶと、気持ちの 切り替えの 効果が 高いです。
・繰り返し使えて、長い目で見ると 紙製より 経済的です。

デメリット
・当たり前ですが、洗濯を 要します。
・すぐ洗えないときの 仮置きの方法・場所を 工夫しないと 臭います。

仮置きの工夫
お漏らししたときは、できればすぐに 手洗いで ざっと汚れを流して おきたいですが、タイミングによっては難しいときもあります。
そんなときは、使用済みの 紙おむつの保管のように、専用の蓋つきのバケツを準備して 保管しておくことで、ある程度は ニオイを 防ぐことができます。(その後、数回分又は1日分を まとめて 手洗い&洗濯します)

(参考)2.1. 人気の布製トイトレパンツ
 

1.2. 層ってなに?何層がいいの?

布製のトイレトレーニングパンツは、普通のパンツより厚みがあります。

6層、4層、3層などの表記がありますが、これは層の 数字が 大きいほど 厚くなり、おしっこの 吸収力の 目安となります。

何層がいいか? は、トイレトレーニングの 進み具合に 応じて 選びますが、洗濯後の 乾き方は、層が 厚いほど 乾きにくくなるため、吸収力と 洗濯の バランスも 考えて 選ぶことになります。

おしっこを外に漏らさない ことだけを 重視すれば、紙製のトイレトレーニングパンツ のほうが いいかもしれません。

 

1.3. トイトレパンツは何枚必要?

トイトレパンツの 必要枚数は、1日5枚程度が 目安となります。

毎日 洗濯する場合で、翌日までに 乾くペースなら、2日分をローテすれば 10枚程度が 必要な計算と なります。

トイレに 成功する 回数が 増えれば その分 必要枚数は 減っていきます。逆に 失敗が 多いほど たくさん枚数が 必要に なります。

不足分は 紙製のトイトレパンツ で、補う という手も ありますね。
 

1.4. パンツ選びの前に 知っときたい 洗濯の注意点

層が 厚いほど、乾かすのに 時間が かかります。

トレーニングパンツには、乾燥機 NG のものも 多いです。

吊り式といわれるものは、そうでないものより 乾くのが 早いです。

 

 

2. 人気のトイレトレーニングパンツ

2.1. 人気の布製トイトレパンツ

2.1.1. 中股4層ハローキティ トレーニングパンツ3枚組

女の子に人気のハローキティの トレーニングパンツです。4層タイプで 少々のお漏らしも大丈夫です。

特徴
・女の子に人気のハローキティーのデザインのトレーニングパンツです。

仕様
・4層タイプ
・素材:表・綿100%/中表・ポリエステル100%(ポリウレタンフィルム使用)/
    中裏・綿80% ポリエステル20%/裏・綿80% ポリエステル20% 

サイズ
サイズは、80cm、90cm、95cm です。

 

 

2.2. 人気の紙製トイトレパンツ

2.2.1. トレパンマン 男の子用ビッグ 32枚(12~17kg)ほか

ユニチャームの 紙製トイレトレーニング パンツです。男の子用と、女の子用があります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ユニチャーム トレパンマン 男の子用ビッグ 32枚(12〜17kg)
価格:1541円(税込、送料別) (2018/6/18時点)

特徴
・使い捨ての紙製のトレーニングパンツなので、洗濯が不要です。
・おしっこ2回分を吸収するため、万一の失敗にも安心。
・「お知らせサイン」つきで、おしっこが分かる。
・紙おむつとは異なり、漏れた感じが実感できます。

サイズ
サイズのバリエーションは、次の通りです。
・男の子用L 36枚(9~14kg)
・女の子用L 36枚(9~14kg)
・男の子用ビッグ 32枚(12~17kg)
・女の子用ビッグ 32枚(12~17kg)

 

 

3. トイレトレーニングに関わる話題いろいろ

3.1. トイレトレーニングが 長引く理由

1 スタートが早過ぎない?

まだ、子供の準備が 整わないうちに 始めても、失敗を繰り返して 長引くだけです。

なかには、失敗に うんざりしてしまう子もいます。

トレイトレーニングを始める時期は、個人差があるので、周りが おむつを卒業したからといって、本当は焦る必要なんて ないです。


 

2 長引くトイレトレーニングとは?

トイレトレーニングが長引いている人を見てみると、1歳代から 3歳前の子たちが 多いようです。
 

3 短期間のトイレトレーニングとは?

逆に、3歳過ぎてからの トイレトレーニングの場合、1、2週間程度の短期決戦で おむつを卒業している人もいます。
 

4 一旦 中断するのも アリ

トイレトレーニングで 失敗を繰り返して なかなか 進まないときは、いったん中断して、もう少ししてから 再チャレンジするという方法があります。

今はまだ、タイミングでは なかったのかもしれないからです。

トイレトレーニング中は、洗濯など忙しくなりますし、だらだら続けても お母さん(お父さん)も大変ですし、失敗を繰り返す 子供も 辛いです。
 

3.2. おまる or トイレ+補助便座

トイレトレーニングを行うとき、「おまる」を用意する場合と、「トイレに補助便座をつける」場合が あります。

それぞれの メリット・デメリットなどを まとめます。
 

1 おまる
メリット : 近くなど 置き場所の自由度が高い。トイレが離れているときは便利。
デメリット: 片付けが大変。場所をとる。おまる から トイレへの練習も要す。

 参考記事 トイトレ*おまる選び!またぐ従来型/洋式イス型/両用型@人気・安い
 

2 トイレ+補助便座(踏み台など)
メリット : おまるのような片付けが不要。
デメリット: トイレが離れていると間に合わないことも。

 参考記事 トイレトレーニング踏み台選び!子供のやる気UPとケガ・事故防止で選ぶ
 

3.3. 子供の やる気の 引き出し方いろいろ

3.4. トイトレ パンツを嫌がるとき

 

 

4. さいごに

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする