小学生の肩が痛い!ランドセルの肩ベルトの問題を肩パッドで改善

 

 

ランドセルを 背負ったときの 肩ベルトの 具合は、

購入時に お店で 空っぽの ランドセルを 背負っただけでは

分からないことが 実は けっこう あります。

 

教科書やノート、教材など、しっかり荷物が 入ったランドセルを

背負って 小学校に 通いだしたら、肩が痛い!ということも。
 

肩ベルトの 長さ 調整も もちろん大事 ですが、

それだけでは 解決できないことも・・。
 

そんなとき、肩ベルト用肩パッド が 役に立ちます。

ランドセルによる 子供の 肩の痛み 解決に 人気の 肩パッドを 紹介します。

 
肩の 痛みを 解決して 子供の 笑顔を 取り戻しましょう。
 

このページのガイド(目次&比較一覧)

 

人気・おすすめ 肩パッド(ランドセル 肩ベルト用)
名称
(詳細情報へリンク)
特徴 値段と送料
2.1. まもるちゃん ランドセル用肩パッド 女の子・男の子 サイズ:約50×200mm 材質:ポリエステル 反射材付 税込 1,263円
送料無料
2.2. まもるちゃん 反射機能付き肩パッド サイズ:約60×200mm 材質:ポリエステル 反射材付(縦のライン) 税込 1,555円
送料無料

 

1. ランドセルが原因の小学生の肩が痛い

1.1. 子供の肩が痛い

a ランドセルで肩が痛い

教科書・ノート・教材などが 入った ずっしりの ランドセルを

背負ってみたら、肩が痛い! ということは 珍しくないです。
 

お店で 空っぽの ランドセルを 背負った だけでは、

なかなか 気づけない ことです。

 

たとえば、肩ベルトの 当たり どころが 悪い 場合や、

肩ベルトの 角度の 関係で 食い込むような場合、

あるいは 動いたときに 擦れて 痛い 場合も あります。

子供の肩が ベルトあと のせいで、赤く なっている ことも あります。

 


(↑ click! ショップで 確認 ↑)

肩ベルトの 調整では 改善しない ときこそ、

クッションになる 肩パッド が 役に立ちます。

 

b 通学距離との関係

学校までの 通学距離が 長い 子ほど、

ランドセルの 肩ベルトへの 配慮も 大事です。
 

長く 背負う分、肩への 負担も たまりやすい ですからね。

長く 歩いてるうちに 痛くなってくる 場合も
 

通学距離が 長いときは、少しでも 肩への 負担を 減らすことが 大事です。

ランドセルに 後から 装着できる 肩パッドで、解決できる 問題も あります。

 

c 傷めてからでは遅い?

肩を 傷めてからの 対策では 遅すぎます。

気になったり、痛いなと 感じたら 肩を 傷める前に、

肩パッドを 利用することが 大事です。

意外と、親が 気づいていないだけで、子供が ガマンしていたり、どうしていいか 分からずに いることも あります。

子供に「痛くないか?」を 聞いてあげたり肩が 赤くなっていないか?を たまに 見てあげることも 大事ですね。

 

d 衣服が薄くなる夏場も注意

夏に 近づくほど、衣服が 薄くなり、その分 肩ベルトの 当たりが 強く感じられるようになります。

厚い服越しなら 大丈夫でも、薄着になったとき肩が痛い! と 言いだす 場合もあります。

 

e チェストベルトで 肩ベルトが 安定して 改善することも

体が 小さいことで、肩ベルトが ずり落ちたり、安定しない場合には、

チェスト ベルトを 利用することで、肩ベルトが 安定して、肩の痛みが 改善する ことも あります。

 

 

1.2. 意外に重いランドセル

a 意外に重い!ランドセル + 教科書・ノート他

ランドセルは、本体だけでも 1kg ~ 1.5kg くらい あります。

それに 教科書・ノート・教材などの 荷物が 入ります。
 

かわいいデザインの 教科書や ノートも まとまると、

その重さは 決して かわいいもの ではないです。

よく「軽さ」を アピールする ランドセルも ありますが、それでも、1kg 前後 あります。

 

学年が 上がるほど 教科書や 荷物も 増えて、ランドセルが 重くなることで 後から 肩が 痛くなる 場合もあります。

子供が 背負っている ランドセルを 試しに 持ってみると、

その重さに ビックリ!することも あります。

さらに、運動着や 鍵盤ハーモニカなどの 手荷物が あったり、

雨の日は 傘も差します。

 

b 以前より大きくなっているランドセル

A4 規格に 対応した ランドセルの 登場で、ランドセルは 以前より 大きくなっています。

教科書・ノートも 昔と違って 大きいサイズです。

大きい分 ランドセル本体も 重くなります。

また、大きい分 中にも たくさん 入ります。

さらに、見落しがちですが、ランドセルの 容量が 大きいと、

中の物が 少ないときは、中身が がたがた動きやすく、

肩への荷重が 安定せずに、擦れたり 負担になったり しやすいです。

 

 

1.3. 肩ベルトはメーカーによって様々

肩ベルト の つくりは、ランドセル メーカー によって 実に様々。

子供の体に 合った肩ベルトの ランドセルを 選べていれば 良いのですが、そうでない時は 肩にかかる 重さのバランスが 悪くなったり、擦れたり する原因になります。

そんなときこそ、肩パッドが クッションに なったり、肩まわりの 改善に 役立ちます。

 

1.4. 肩パッドで簡単に改善

肩ベルト に 関わる 問題は、お店で 空っぽのランドセルを

背負うだけでは 気づかないことも多いです。

実際の 荷物が 入った ランドセルを 背負って、

学校まで 歩いて はじめて 気づくこともあります。

 

もし、肩ベルトが いまいち 合っていなくても、

高額な ランドセルは、簡単に 買い直すわけには いきません。

また、成長による 体の変化が 大きい小学生ですし、

加えて 学年が上がれば 教科書などの 荷物も増えて 重くなります。

今は 問題が なくても、後で 痛くなることも あります。
 

そんな時こそ、肩ベルトにつける 肩パッドが 便利です。

 

 

2. おすすめの肩パッド

2.1. まもるちゃん ランドセル用肩パッド 女の子・男の子

子供の肩への負担を軽減する、ランドセル用肩パッドです。

特徴

  • 高いクッション性
  • 快適な通気性
  • 雨の日や暗い道で車のライトに反射する反射テープ付き
  • 水洗いOK
  • 素材:ポリエステル
  • サイズ:横50mm × 縦200mm
  • アカ ピンク ブラウン ベージュ ブルー ブラック

 
購入者のレビューから

  • 肩の痛さが なくなる・やわらぐ と喜ばれてます
  • 半信半疑だったけど 満足という声も
  • 買って良かった
  • サイズは、ちょうどいい という声のほか、きつい・ずれやすい などの声もあり 参考になります

 

 

2.2. まもるちゃん 反射機能付き肩パッド

子供の肩への負担を軽減する、ランドセル用の肩パッド。取り付けが 巻きつけて マジックテープで 固定するタイプです。
 
特徴

  • ランドセル肩ベルト用の肩パッド
  • 暗闇で光が当たると光る(縦のライン)
  • 取り付けは巻きつけてマジックテープで固定
  • 素材:ポリエステル
  • サイズ:横60mm × 縦200mm
  • ピンク ブルー ブラック

 
購入者のレビューから

  • 「いたくない!」「おもくない!」と喜ばれてます
  • 重い荷物の時も 痛くならない
  • 子供が気に入って使っている
  • 反射材が ついているのもいい

 

 

3. 他にもある小学生の肩が痛い理由

3.1. 小学生の肩こり

a 小学生でも肩がこるの?

「肩が痛い!」の原因のひとつに 肩こりもあります。

子供の場合、「肩がこる」という状態を うまく 言えずに、

単に「肩が痛い」と言ってしまう場合が 多いです。

「小学生にも肩こりってあるの?」と 疑問を 感じる人も いるかもしれませんが、意外と 少なくないです。

肩こりは、肩 周辺の 筋肉の こわばりや 血行の 滞り によって 起こりますが、勉強や ゲームなどで 同じ姿勢を 続けたり することも 多い 子供にも 起こります。

スマホや ゲーム、動画の 場合には、ブルーライトによる 目の 疲労からも 肩こりに つながる こともあります。

運動不足や ストレスも 影響する こともあります。

また、重い ランドセルを 長く 背負うことでも、肩こりに つながる ことも あります。

 

b 肩こり の 場合は 肩パッド だけでは解決しない

肩が 痛いの 原因が 肩こりなら、肩パッドだけでは 痛みは なくなりません。

肩こりが 起こらないように、あるいは 肩こりを ほぐす ことも 併せて 考えることが 大事です。たとえば、

  • 勉強や ゲームのとき 姿勢をよくする
  • ストレッチや 体をよく動かす
  • 冷やさないようにする
  • 目の疲れのケア 等々

ランドセルに 関しては、

  • 肩ベルトの長さ調節
  • 肩パッド
  • 不要なものが入りっぱなしでランドセルを重くしていないかチェック

などがあります。

痛みを やわらげるという ことでは、ランドセルの肩ベルトにつける 肩パッドも 役にたつと思います。

 

3.2. スポーツ障害

肩の痛みは、肩のスポーツ障害による場合もあります。この場合は しっかり治療することが大事ですね。

肩に 関係した スポーツ障害としては、

  • 野球(特に投球による障害)
  • 水泳(水泳肩など)
  • テニス(サーブなどによる)
  • バトミントン(スマッシュなどによる)
  • バレー(スパイクによる)
  • 剣道
  • 柔道(打撲などによる)
  • ラグビー(打撲などによる)

などが あります。まだ成長期の 子供にとって やり過ぎは NGですね。また ストレッチなどの 適切な ケアが 不足している場合も あるようです。

スポーツ障害は、適切な 治療と 練習や 試合を しっかり休むことが 大事ですね。

痛みを やわらげるという ことでは、ランドセルの 肩ベルトにつける 肩パッドも 役にたつと思います。

 

 

4. さいごに

子供の「肩が痛い!」の原因は ランドセルだけとは限らず、肩こりや スポーツ障害なども あります。子供は なかなか上手に 伝えることが できなかったりするので、子供の 様子や 状況を しっかり見て 原因を 一緒に 考えてあげることが大事ですね。

ランドセルだけではなく、生活に渡って かえりみることが 大事かも。

 

 

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする