ランドセルと相性がいい*小学生の子供の防犯ブザー・防犯アラーム

平和な 日常を 過ごしていると 忘れがちですが、子供が 被害者となる 事件は 統計で みると かなりの数が 発生しています。不審者情報も 意外と 多いです。

小学生になると、学校への通学など 子供だけで 外を歩く時間があります。

子供ひとり あるいは 子供だけ のとき 何かあった場合に、周囲に 異常を伝え 助けを呼ぶ 防犯ブザー(防犯アラーム)は、小学生の 必須アイテムの ひとつです。

日常の生活に邪魔にならなくて、だけど 目立つところ、手が届きやすいところに、置いておきたい 防犯ブザーだから、ランドセルの肩ベルトに くっつけちゃうのが 一番です。

防犯ブザーの 選び方や、ランドセルと相性のいい 人気の 防犯ブザーを 紹介します。
 

このページのガイド(目次&防犯ブザーの一覧)

 1. 子供用の防犯ブザーの選び方
  1.1. 防犯ブザーを選ぶポイント5つ
  1.2. ランドセルと相性がいい防犯ブザーを選ぶ理由
 2. 小学生におすすめの防犯ブザー(防犯アラーム)
  2.1.2.2. (一覧に記載)
 3. 防犯ブザーに関わる知識
  3.1. 優良防犯ブザー
  3.2. 普段からの心掛け
 4. さいごに
 

小学生・子供用 防犯ブザーの一覧
名称
(詳細情報へリンク)
特徴 値段と送料
2.1. ベルト&ボタン付非常用ブザー ランドセルに付けるのに便利なマジックテープ付。生活防水タイプ。 税込 1,200円
送料無料
2.2. 税込 円
送料無料

 

1. 子供用の防犯ブザーの選び方

1.1. 防犯ブザーを選ぶポイント5つ

ポイント1 子供でも扱える簡単なもの

どれだけ高機能な 防犯ブザーでも、いざという時に とっさに使える ものでなくては、防犯ブザーとしては 意味がないです。

子供にも 確実に 扱えるものであることが 大事です。

防犯ブザーを慣らす方法は、概ね次の3つの方法があります。

 1. ピンを引き抜く
 2. ひもを引く(ピンが引き抜けないタイプ)
 3. ボタンを押す(離すと音が止まる場合も)

メインの操作が「1.」か「2.」の いずれかで、補助の操作として「3.」の方法も ついている場合が 多いです。

 

ポイント2 音が大きいこと

少し離れた人にも 気づいてもらうためには、音が大きいことが 欠かせません。多少の 雑音に かき消される程度では 心配です。

100dB前後以上のものが、ひとつの目安になります。

防犯ブザーの表記を見ると、90dB~120dB ぐらいのものを よく目にします。

他の音で音の大きさをたとえると・・
120dB ・・ 飛行機のエンジンの近く
110dB ・・ 自動車のクラクション
100dB ・・ 電車が通るときのガード下
90dB ・・ 犬の鳴き声(正面5m)

また、緊急自動車のサイレンは、自動車の前方 20m の位置で 90dB 以上 120dB 以下ということになっているそうです。

 

ポイント3 音を止めにくいこと

身の危険を感じてブザーを鳴らしたとき、相手が ブザーの音を 簡単に 止められるものでは 困ります。

たとえば、ピンを引き抜くタイプなら、ピンを戻すまで 鳴り続けるため、簡単には止めることが できないです。

一方で ボタンの場合は、ボタンから手が 離れると 音が止まってしまう場合が あるので、非常時に 鳴らすには 向かないです。(平時の電池確認や 音の確認、他の方法で 動作しないときの方法です。)
 

ポイント4 壊れにくいこと

子供が 毎日 持ち歩くものだけに、壊れやすいものでは、肝心な時に 使えないということもあります。丈夫なものを選びましょう。

非常時に 相手が 防犯ブザーを 壊して 音を止めようとしたときも、壊れにくいほうが 頼もしいですね。
 

ポイント5 防水について

子供が 毎日 持ち歩くものだから、雨の日の度に 壊れていたら 困ります。生活防水くらいは ついていたほうが いいですね。

とはいえ 生活防水は、ちゃんとした防水では ないので、できるだけ濡らさないように 配慮することも大事です。

より強い防水・防滴機能がついていると、雨の日もより安心です。
 

 

2.1. ランドセルと相性がいい防犯ブザーを選ぶ理由と使い方

理由1 通学時に忘れない

子供がひとり あるいは 子供だけになる、小学校への 通学時には、必ず持たせたい 防犯ブザーです。

学校に 必ず持っていく ランドセルに 装着しておけば、忘れる心配が ありません。
 

理由2 ランドセルと 別に持つのは邪魔

ランドセルだけでも 十分な荷物です。それとは別に 何か持つのは、ジャマですね。

防犯ブザーを 首に ヒモで 下げて 携帯する 方法
この場合は、防犯ブザーや ヒモが 引っ張られたときに 首が締まらないように、安全装置(ブレイクアウェイ)が ついている物を選ぶ必要があります。

防犯ブザーを ベルトループなど 衣類に つける 方法
この場合は、衣類によって つける場所が 変わり、使う時に 戸惑いやすい かも・・。

 

使い方 防犯ブザーは ランドセルの 肩ベルトにつける

ランドセルにつけるときは、肩ベルトにつけるのがベストです。

普段から視界に入りますし、存在を忘れることもなく、とっさな時に すぐに手が 届く場所です。

肩ベルトに つけておけば、持つわけではないので 邪魔には ならないです。


 

注意1 ランドセルの中や 側面は いざという時に手間取る

ランドセルの中に入れて置いたり、外につけても ランドセルの側面の場合には、いざという時に とっさに手が 届きません。

また、普段から視界にないことで、焦った時に 防犯ブザーの存在を 忘れる恐れもあります。

防犯ブザーは、肩ベルトにつけるのがベストです。
 

注意2 衝撃で故障することもあるので乱暴にしない

ランドセルは頑丈なので、多少乱暴に扱っても 壊れることはないです。(多少 傷つくことはありますが・・)

そのためか、ランドセルの扱いが乱暴な子は注意が必要です。装着した防犯ブザーが 衝撃で故障してしまうこともあります。

ランドセルを おろすときや、持ち運ぶときなど、防犯ブザーにも 注意して 扱うことが大事です。
 

2. 小学生におすすめの防犯ブザー(防犯アラーム)

2.1. ベルト&ボタン付非常用ブザー

ランドセルの肩ベルトに 付けるのに 便利な マジックテープ付の 防犯ブザーです。生活防水タイプ。

特徴
・ランドセルの 肩ベルトに 付けるのに 便利な マジックテープ付
・生活防水タイプ
・警報を鳴らす方法は2つ
 1.ボタンを押す
 2.ストラップを抜く
・(財)全国防犯協会連合会推奨

 

 

2.2.

3. 防犯ブザーに関わる知識

3.1. 優良防犯ブザー

3.2. 普段からの心掛け

1 防犯ブザーの動作チェック

ときどき、防犯ブザーの動作チェックを することも大事です。

ところで、防犯ブザーの 製品説明を見ると 製品にもよりますが、概ね 数カ月~半年に 1度は チェックすることが 勧められています。 製品としては、そのくらいの頻度でも 大丈夫なのでしょうね。

でも、「優良防犯ブザー」の推奨を行っている団体である「公益財団法人 全国防犯協会連合会」では、最低1か月に 1回程度の 点検とチェックを 勧めています。

防犯ブザーを 使う人の 操作方法の 確認も 兼ねて、毎月 動かしてみると 安心ですね。

なお 電池は 入れておくと、使わなくても 徐々に 消耗するものなので、注意が 必要です。ブザー音が 小さくなったら、電池を 交換することが大事です。
 

2 使い方を練習してみる

何にも 言えることですが、ぶっつけ本番だと 失敗する 可能性が あります。

一度は、使い方を練習しておくことが、本番で失敗しないために大事です。
 

3 防犯標語 「いかのおすし」

 

 

4. さいごに

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする