家庭教師で失敗する前に!少ない費用でできる進研ゼミ小学講座と比較

子供の勉強を そばで指導してくれる 家庭教師への期待は 大きいです。受験など 高い目標に 向かう場合は もちろん、逆に 勉強への やる気に 問題があったり、どうしていいか分からない!と 勉強方法が 分からない 子にも 期待されます。

ところが、家庭教師は 一言で言って「ピンキリ」です。素晴らしい先生に あたる場合もありますが、ハズレの先生に あたる場合もあります。でも 多くの場合は、ハズレなのか どうかが 分からない!というケースです。一度 頼むと 断りにくくなり、ずるずるという 場合もあります。

少ない費用で 実績も豊富な 進研ゼミ小学講座の利用とも 比較してみます。
 

このページのガイド(目次)

 1. 家庭教師への期待
  1.1. 成績アップの期待
  1.2. 過程で得られるもの
 2. 家庭教師での失敗とその原因
  2.1. 成績が上がらない・成績が落ちたけど・・
  2.2. 先生のアタリ・ハズレ
  2.3. プロのようでプロでない先生も
 3. 原因別にみる改善方法@子供の勉強・成績
  3.1. 勉強にやる気が出ない
  3.2. 勉強のやり方が分からない
  3.3. 算数が苦手
  3.3. 国語が苦手
 4. さいごに
 

家庭教師への期待

成績アップの期待

家庭教師は、塾や 教材等と違い、子供に 専任の先生が マンツーマンで 教えてくれる仕組みです。費用は かかりますが、それだけに 期待も大きいですね。

子供の目標や成績、状態に応じて、期待するものも違ってきます。
 

中学受験などの高みを目指して

中学受験(受検)や、中高一貫校受検などを 目指している場合には、目標を達成するのに 必要な 成績アップ と その成績の維持が 目的ですね。
 

そこそこだけどレベルアップを目指して

普通くらいには 勉強にもついていけてるけど、それだけでは不安。今後 難しくなっても 落ちこぼれないように、勉強の習慣・やり方とともに、しっかり学力を身につけさせたい。
 

落ちこぼれないために

勉強が嫌い・分からない!という場合に、後々困らないくらいには 成績を上げておきたい!
 

 

過程で得られるもの

経験者の経験に直に触れる

家庭教師の先生が 受験(受検)や 受験勉強を 経験した人の場合、経験者から 直接 話を聞けることが、子供の 取り組み姿勢や 考え方に、大きな影響を 与えることもあります。

お父さん・お母さん・家族にも 同じ 経験者がいても、その経験とは、また違った 気持ちで 捉えることが できたりします。
 

少し先の未来の指標

お兄さんや お姉さんがいる 2番目・3番目の子って、勉強にしても スポーツにしても、兄・姉を 良き手本にして、兄・姉以上の成績を あげたりします。

子供にとって、自分の 少し先の姿が、具体的に イメージできるって 大きいみたいです。何もなければ 未知の 未来に 向かって「いきあたりばったり」。でも 少し先の姿が 目の前にあることで、目標が より具体的に なりやすいです。

そういう 少し先の お兄さん・お姉さん的な 先生と関わることが、子供の意識にも 影響を与えます。「こうなりたい!」「もっと 上も目指せるかな?」という思いは 意外に大事です。
 

 

家庭教師での失敗とその原因

成績が上がらない・成績が落ちたけど・・

家庭教師を 始めて しばらく経つのに、成績が 上がらない、あるいは 逆に成績が 落ちた!という ケースも 少なくないです。

先生の説明としては、
・学習内容が 難しくなっており、今やめると、さらに悪くなる
・過去の 基礎部分が できていないので、その部分を やり直すのに 時間がかかっている
などがあります。

実際に その説明通りの場合も ありますし、実は 違う先生なら もっと効率的に 結果が出せるのかも しれないです。

続けるべきか? 他の先生をあたるべきか? 見極めが 難しいところでもあります。
 

先生のアタリ・ハズレ

家庭教師の 先生には、残念ですが アタリ・ハズレが あります。ハズレの 先生だと、ほとんど効果は 期待できないです。

家庭教師は 決して安くないだけに、つい安いところに 目が 奪われがち。でも たとえば、教え方も上手で やる気もある 経験豊富な 先生なら、人気もあるはずですし 格安条件で働く可能性は 低いですよね。

アタリの先生を 高い可能性で 見つけるには、安すぎる家庭教師は 外して考えたほうが いいでしょう。(とはいえ、必ずしも 高いから 良い という 話でもないです。)

ひょっとしたら、安くても 効果を出せる先生が 見つかる可能性も ゼロではないかも ですが、そういうミラクルを 探している間に 貴重な時間が 失われるようでは 残念です。

ちなみに 家庭教師の 紹介会社が、指導方法についても しっかりレクチャーしていると 思っているかもしれませんが、案外 先生の斡旋・紹介だけで、教え方などは 家庭教師 個人に お任せ!というところも 多いんです。
 

プロのようでプロでない先生も

家庭教師には プロの人もいますが、アルバイト感覚の 学生も多いです。もちろん アルバイトでも 真剣に取り組む人も たくさんいますが、どうせアルバイトだからと 割り切っている人も 少なくないです。

また、真剣に取り組んでいるから と言っても、スキルや 経験が 伴っていないと、なかなか結果には つながらないことも あります。
 

 

原因別にみる改善方法@子供の勉強・成績

勉強にやる気が出ない

子供には「勉強しなさい!」と 何度も 言っているのに、なかなか 勉強しなくて・・という お母さん(お父さん)の 悩みは 多いです。

でも、勉強を やらせる という発想 ではなく、もし お母さん(お父さん)が、一緒になって 子供の 勉強を見てあげると、いつもとは 違った流れに なるかも! 子供が 意外と 喜んで 勉強しだすことも あります。

やる気 への特効薬は、実は 塾や 家庭教師などより、お母さん(お父さん)が 一番かもしれません。

とはいえ「仕事や 家事で 忙しくて 子供の勉強に つきあうのは・・」という お母さん(お父さん)も 多いです。しかし 早いうちに お母さん(お父さん)が 協力してあげて 勉強の習慣を 作ることができれば、その後は 子供任せでも 大丈夫です。

関連記事 進研ゼミに我が子は向いてる人?中一講座の1年間&続かない時の工夫
 

勉強のやり方が分からない

いざ、勉強しようと 思ったときに、何をしていいのか分からない!という子も 多いです。宿題はやるけど、それ以外は どうしていいのか 分からない!という子です。

勉強の やり方を 学ぶには、マンツーマン指導の 家庭教師も 便利ですが、そのほかにも方法は あります。

たとえば、もっとリーズナブルな費用で、4教科プラス英語の学習ができる、進研ゼミ小学講座も便利です。豊富な指導経験と実績で、小学生が つまづきやすい ところや、分かりにくい ところも 知り尽くしており、子供の やる気を 空回りさせないです。

進研ゼミでは、準備された流れで、学習と演習を繰り返すだけです。1回の学習時間も身近いので、気軽にできるところも嬉しいです。

自宅での学習で、塾や家庭教師のように時間にも縛られないので、やる気 不足なときは、お母さん(お父さん)が 最もサポートしてあげやすいです。進研ゼミと お母さん(お父さん)のコンボが、子供の勉強には 最強かもしれないです。
 

算数が苦手

算数が 苦手な子と 得意な子の 違いは 何でしょうか? それは、繰り返し 演習の 数です。

算数は 繰り返し 演習して、基本問題なら 反射的に 問題が 解けるくらいになることが大事です。そうやって しっかり身に つけていかないと、ぐらぐらして 次の内容を 積み上げていくことは できないんです。

分かった!と 思った程度で、次に進んでしまうのは 実は 危険!です。しばらくすると 忘れてしまいます。でも、繰り返し 演習して 身につけたものは 簡単には 忘れません。

算数は 積み重ねが カギとなる教科なので、今の分からない!は、実は 前に習ったことの習得が 不足していることが 原因かもしれません。

たとえば 進研ゼミでは、できないところは できるまで チャレンジする 仕組みになっており、後々の苦手の原因を 作らないように 工夫されているのでした。
 

 

さいごに

お金を 十分かけることが できるのなら、家庭教師は よい選択肢かもしれないです。しかし、先生のアタリ・ハズレもあるので、節約しようとすると、貴重な時間をムダに失う リスクも 高くなります。

いっそ、お母さん(お父さん)が 子供の やる気をサポートし、勉強の方法・内容については、経験・実績が豊富な進研ゼミを 活用するというのが、一番いいいのかもしれないです。
 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする