小学3年生の算数・理科・英語|進研ゼミで楽しく勉強習慣・高学年前に

小学校の中学年(3~4年生)は「9歳の壁」ともいわれる時期です。学校の勉強も だんだん難しくなってきており、勉強で 苦労したり、勉強が嫌いになっていく 子も でてきます。あなたの お子さんは 大丈夫でしょうか?

勉強が 難しくなるほど、勉強の時間だけでなく、取り組み方が 重要になります。もし、正しい 勉強の習慣が できていないと、成績は 落ちるばかりです。さらに 難しくなっていく 高学年を前に 不安なままでは困ります。

たとえば 子供の勉強、ただ机の前に いるだけの時間に なっていないでしょうか? ノートや ワークは進んでいても、ただ書いてるだけの 作業になっていないでしょうか?

小学3年生の勉強について、見落せないポイントと、改善のカギについて まとめます。
 

このページのガイド(目次)

 1. これで大丈夫?子供の勉強習慣の質と量
  1.1. 勉強しない/勉強してるつもりの問題
  1.2. 適切な勉強:インプット&アウトプット
  1.2. 適切な勉強:演習
  1.3. うっかりはまりやすい勉強の落し穴
  1.4. 親が子供にできる一番の方法
  1.5. 進研ゼミ 小学講座
 2. 小学3年生のあれこれ
  2.1. ギャングエイジ・9歳の壁
  2.2. スポ少や部活
  2.3. さらに難易度が上がる高学年の前の準備
 4. さいごに
 

これで大丈夫?子供の勉強習慣の質と量

勉強しない/勉強してるつもりの問題

「いくら言っても 勉強を なかなかしない」
「勉強は している はずなのに 成績が よくない」

勉強が嫌い、勉強に興味が持てない、勉強しても成績につながらない、勉強のやり方が分からない、・・。子供の勉強の悩みにも いろいろですが、いずれも このままには しておけない問題です。

勉強をしないというのも問題ですが、机に向ってはいるけど 適切な勉強ができていないのも、同じぐらい大きな問題です。勉強している つもりなのに、成績が 上がらないというのは、「頭が悪い」と自信を 失うことにも つながります。

「適切な勉強」を、子供が 自力で 見つけられる 可能性は、実は それほど高くない のかもしれません。勉強の やり方は、能力よりも 性格に 左右される 傾向が 強いためです。

単に「適切な勉強」を見つけられなかったというだけで、自信を失い、どんどん勉強が嫌いになったら もったいないです。

子供自身では 気づきにくいこと だからこそ、身近にいる お母さん(お父さん)が カギとなります。

子供にとっても成績アップは 嬉しいことです。もし 手応えがあり、成績にもつながる 勉強なら、子供も喜んで がんばるはずです。
 

 

適切な勉強:インプット&アウトプット

勉強で 大事なのは、覚える(インプット)だけでは ありません。

必要な時に すぐ引き出し、使いこなせること(アウトプット)も 大事です。

アウトプットすることで、覚えてるか どうかを確かめることができますし、もし、アウトプットできない ものは、再度 覚える(インプット)が必要です。

つまり「インプット」と「アウトプット」の 繰り返しが 勉強です。

適切な勉強:演習

たとえば 算数の場合は、単に覚える(インプット)だけで 問題が解けるようになるわけではないです。ワークなどで 繰り返し「演習」することが 欠かせません。

算数が 分からなくなるのは、この「演習」が不十分なまま 次に 進んでしまうためです。算数は 知識や スキルを 積み重ねていく 教科です。前の部分の習得が あいまいなままだと、基礎が ぐらぐらして 次に積み上がっていきません。

小学3年生の算数といえば、少数や 分数も 始まります。子どもたちには とっつきにくい内容ですね。でも その一方で、中学・高校の数学でも 欠かせない重要な内容です。簡単に 忘れる程度の 演習で 次に進むと 後で 困ることになります。繰り返し「演習」して、反射的に 問題が 解けるくらいの レベルまで がんばることが大事です。
 

うっかりはまりやすい勉強の落し穴

たとえば、書いて覚えよう(インプット)としていたのに、いつの間にか、書くだけの ただの作業に なっていないでしょうか?

覚えたこと(インプット)の 確認(アウトプット)や、トレーニング(演習)するのに 欠かせないワークを、宿題を提出するという 体裁だけのために、答えを 写すという「ただの作業」に してしまって いないでしょうか?

気をつけないと、「インプット」でも「アウトプット」でも「演習」でもない、ただの作業をして、時間と労力をムダにしているのかもしれません。
 

親が子供にできる一番の方法

子供が勉強で「インプット」と「アウトプット」が きちんと できているか? 不足なく「演習」もできているか?

子供に「勉強しなさい」というだけでは、知ることができないことです。

でも もし、お母さん(お父さん)が、子供と一緒に 勉強に 取り組んであげることが できれば、その確認もスムーズですし、きっと いつもとは 違う展開が 待っています。

そのとき ひとつ 注意したいのは、もし子供の勉強が 突っ込みどころ 満載でも、小言は できるだけ 控えること。子供の やる気を 折りかねないからです。

コツとしては、子供の勉強している姿を 見るというよりは、子供が 取り組もうとしている 課題に 一緒になって 目を向けてあげる感じです。

お母さん(お父さん)と 一緒に 取り組むということで、心が 後押しされて、思った以上に 子供のモチベーションも 上がりやすくなります。(小言でやる気を 折らないように くれぐれも注意です。)

お母さん(お父さん)の中には「子供の勉強をサポートするにしても、学校の勉強なんて昔のことで、もう覚えてないよ!」「聞かれたときに小学3年生に分かるように説明する自信がない!」という人も多いです。

そんな場合には、便利な方法があります。
 

進研ゼミ 小学講座

進研ゼミ 小学講座は、多くの受講生に支持され、実績もたっぷりの教材です。国語・算数・理科・社会の4教科に、英語も加えた 充実した教材です。

そのため、勉強の中身は 進研ゼミに 任せて、子供の見守りだけに 徹することができます。

子供にとっても、塾任せ・教材任せ の場合より、お母さん(お父さん)に 見守られていいたほうが 自然に やる気が 上がりやすいです。

子供の 興味を くすぐり、勉強の 集中力アップに役立つことでも 人気の進研ゼミですから、お母さん(お父さん)効果で、子供の やる気が 上がれば さらに いっそう効果が 期待できるはずです。

「お母さん(お父さん)+ 進研ゼミ 小学講座」は、子供の勉強にとって、最強のコラボかもしれませんね。


ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

 

 

小学3年生のあれこれ

ギャングエイジ・9歳の壁

スポ少や部活

さらに難易度が上がる高学年の前の準備

さいごに

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする