進研ゼミ中学講座の口コミ・評判|実績豊富なのに低評価の多い理由

 

 

進研ゼミ 中学講座 といえば、中学生の子供が いる家庭なら

だれもが知る 有名な 中学生向けの 通信教材。

実績・経験も豊富 で すごく人気 もある 反面、

意外と 失敗談 や 低評価 の 口コミ・レビューも 多い です。

 

内容 など も 検討して 1度は 進研ゼミを 選んだ はずなんだけど・・

あるいは、子供に せがまれて 進研ゼミを 始めたけど・・

満足できずに やめちゃった という人たちの 意見・理由は、

これから 進研ゼミを 考える際の 迷い や 検討への 重要なヒントに。

 

進研ゼミ への 経験者からの 不満を 知ることで、

自分の子供に 進研ゼミが あってそうか? の判断に 役立ちます。
 

もし 始める場合でも、失敗を避ける 使い方の ヒントが ごろごろ 見つかります。

成功のためには、うまくいってる人の話も 大事だけど、

失敗した人の話は 違った意味で 心に刺さり 思っている以上に 役に立つことも。

 

このページのガイド(目次)

 

1. 進研ゼミ中学講座の失敗談・低評価・不満

1.1. 勉強が 続かない

1.1.1. コツコツ型の お兄ちゃんには 良かったけど、弟には・・

コツコツできる お兄ちゃんには良かったけど、勉強嫌いな 弟のときは、あれこれ言わないと、自分では全くやらないため、やらせるだけで疲れました。

 

ひとりでも 勉強できる子 には、進研ゼミは 評判が いいです。

しかし ひとりで 勉強できない子 だと、評価は 落ちます

  • 取り組ませるのに 苦労した!
  • まったく進まなかった!

という 口コミも。

手つかず 教材が たまっていくのは、もったいないですし 残念すぎます。
 

しかし その一方で、なかなか 取り組めずに ため込んでいた人でも、

きっかけ を つかんで 再開したら、思った以上の 手応え と 成績で、

それ以降は 満足で使い続けた という 逆転型の口コミも あります。
 

 

1.1.2. ためてばかりで、最初は 良さが 全然 分からなかったけど・・

最初は 進研ゼミが届いても、ためてばかりで 良さが 全然 分かりませんでした。でも テストの点数が 悪かったときに、ほかの 習い事との 両立で 忙しかったことから、少ない時間で できる進研ゼミを、そのとき 初めて 本気で 取り組んだら、成績が あがりました

 

進研ゼミの 利用者には、部活習い事 等で 忙しい人も多く、

限られた 時間 と 体力で 効果的に 勉強するのに 役立ててます。
 

それは「進研ゼミが 短時間で 取り組める構成」だから。

さらに 加えて、実績豊富な 教材だからこそ

「ムダな迷いなく 信頼して これ一本に 集中できる」ことも 見落とせない ポイントです。
 

勉強に 対する「やる気」の喚起では、進研ゼミ だけでは 力不足な 場合も あるけど、

「やる気」を 成績 に 導くこと では 喜ばれています。
 

 


ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
(↑ クリック! 資料請求・お申し込みは こちら(公式ページへ) ↑)

 

 

1.1.3. さぼりながらも、苦手な分野だけは利用し、サブ教材も役に立った

さぼって 毎日は できなかったけど、苦手分野の 勉強には 役立ちました。教材の中の、英単語帳や 要点がまとまってる資料が 学習に 便利で 重宝しました。

 

本当は 毎日 計画 通りに 続けるのが、進研ゼミ の本来の 使い方ですが・・
 

でも 学校の 宿題も ありますし、部活・習い事等で 忙しかったり、

忙しく ないけど つい さぼったりで、

毎日は 続けられず レッスンや 課題を やり残しちゃう 人も。

そんな 場合でも 苦手なところには 活用して 役に立った! など、

部分的な 活用で 喜ばれることも。
 

また 進研ゼミでは、脇を固める サブ教材も 充実していて、

それだけでも 欲しい! という人が いるほどです。
 

たとえば 便利な 電子辞書も 人気 教材の ひとつ。

  • 英語辞書はもちろん ネイティブの発音も
  • 9教科分の電子辞書として使えます
  • 解説はもちろん暗記サポートのゴロ等も豊富

また「英単語・表現などの暗記BOOK」や、

「要点のまとめ」「ニガテ対策」等も 充実。

自分で まとめる 手間が 省けるだけではなく、

経験豊富な 指導のプロが まとめたもの だから、

安心して 暗記にも 勉強にも 使えます。
 

「ニガテ対策」は、マンガ・イラスト・思いもよらないインパクト等、

あの手・この手の いろんな 切り口で、楽しく 学べる工夫も 助けになります。

 

中間・期末などの 定期テスト前には 予想問題が 届き、

効率的に 定期テスト対策 の 勉強が できます。

我が家では、この 予想問題に 救われた こともあり、

これだけでも「進研ゼミを やっててよかった!」と 思ったことも 1度や 2度では ないです。

 


ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
(↑ クリック! 資料請求・お申し込みは こちら(公式ページへ) ↑)

 

 

1.2. ボリューム不足

もともと 短時間の勉強で 継続できることが 特徴の 進研ゼミ だけに、

演習の ボリューム不足を 不満に挙げる 人もいます。

分かりにくい ところほど、家庭学習での 繰り返しの演習が 大事です。
 

学んだことに さらに積み重ねていくことが多い 中学校の学習では、

覚えるだけでなく、不安が なくなるまで しっかり演習して 定着させることが大事。

ぐらぐらした 知識のままだと、さらに 積み重ねることは できないですからね。
 

目安としては、基本問題なら 問題を見た時に

反射的に解ける(又は、解き方が思い浮かぶ)ぐらい

のレベルに まで なっておくことが 大事です。

ギリギリ 解ける 程度のレベルでは ぜんぜん 演習が 足りてません
 

もし 演習を やり尽くしても ボリューム不足を 感じる場合には、

学校のワークで 補うと いいです。

別の ワーク・ドリルなどを 新たに 購入して 手を広げるより、

案外 同じワークを 繰り返す ほうが、実は 力になります。
 

 

 

2. 満足に変える工夫

2.1. お母さん(お父さん)とのコンボが やる気の秘訣

a 「勉強しなさい」では 勉強しない

全く やろうとしないので、やらせるだけで 親の方が 疲れてしまう」
「なかなか 進まなくて、どんどん 教材が たまってしまう」

ひとりでは スムーズに 進めることができない 子供に

「勉強しなさい」と 言うだけでは、

なかなか 思うように 進みません

 

b 改善の きっかけ は、子供と 一緒に ○○ する

ところが、同じ時間を かけるなら、少しアプローチを 変えることで、

イヤな思いもすることなく、違った反応が 見られるかも しれません。

それは、子供と一緒に 取り組むという アプローチです。

子供も 意外な提案に ビックリするかもしれないですね。

子供と一緒に 取り組んでみることで、初めて気づくこともあります。

 

c コツは ツッコミすぎないこと

そのときに注意したいのはツッコミどころは 一旦スルーして、

とにかく進めることを 優先することが ポイントです。

(小言で 子供の やる気が 折れるのを防ぐためです。)
 

スタートして 間もなくしたら、子供も 意外に乗り気なことに 気づくと思います。

お母さん(お父さん)が 一緒に 取り組むことで 心が 後押しされて、

やる気も 上がりやすいのかも。

案外、塾任せ・家庭教師任せより、子供の やる気UP には いいかも しれないです。

 

d お母さん(お父さん)も 15分から 気軽に

つき合うと いっても せいぜい1回 15分 程度ですし、

学習内容は 全て 進研ゼミに お任せで 大丈夫なので 意外と 気楽です。

久しぶりの 中学校の勉強を、懐かしみながら 子供と一緒に 楽しめるかもしれませんね。

子供の 勉強にとって、実は「お母さん(お父さん) & 進研ゼミ」が 最強の 方法かも。
 

 


ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
(↑ クリック! 資料請求・お申し込みは こちら(公式ページへ) ↑)

 

 

2.2. ワーク・問題集との併用

a 学校の ワーク・問題集

進研ゼミだけでの 学習や 演習に、ボリューム不足を 感じた場合には、

学校の ワーク・問題集を 活用するのが 一番です。
 

b 数を増やすより 繰り返す

それでも足りない場合には、1回だけで 終わるのではなく、

2巡目、3巡目と ワークを 繰り返すと いいです。

意外と 2巡目、3巡目になって 理解が深まり、はじめて 気づけることも あります。

ワークや 問題集は 数を増やすよりも、何回も 繰り返すことのほうが 大事です。
 

参考 レベル的に もの足りないときは レベルアップも

進研ゼミには スタンダードコースのほか、レベルの 高いコースも あります。

内容的に もの足りないと 感じた時には、コースを 切り替える こともできます。

 


ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
(↑ クリック! 資料請求・お申し込みは こちら(公式ページへ) ↑)

 

 

3. さいごに

進研ゼミは 実績が豊富で、勉強内容は もちろんですが、

実は 子供の やる気にも 着目して とことん工夫された 教材です。

それだけに、最初に 進研ゼミに 向き合うところまで、

導くことが できれば、そこからは 好循環に はまっていけるのかも しれません。
 

最初の きっかけを つくってあげるのは、お母さん(お父さん)の 役割なのかも。

その アプローチは「やらせる・叱る」ではなく

一緒に 取り組む」という 形が スムーズで、意外と 楽しめます
 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする