我が家の中学1年の最初の中間テスト体験記@進研ゼミ

我が家の 上の子も 早いもので、中学二年生になりました。ついに母親の私と、身長・体重が並び、嬉しいような 悲しいような 複雑な心境です。

今回は1年前を振り返り、中学1年の時の初めての中間テストについて、私と 上の子 の奮闘記を紹介します。

中間テストが 近づいてきても、なかなか勉強しない 上の子。ようやく 始まっても、すぐキレて 止まる勉強でした。ところが、あることを境に 勉強するようになり、徐々に集中力も・・。
 

このページのガイド(目次)

 1. 我が家の初めての中間テスト奮闘記
  1.1. いろいろ心配な中学校生活がスタート
  1.2. 上の子の人生初めての定期テスト
  1.3. 周りは塾に通う子だらけ
  1.4. 中間テスト2週間前
  1.5. それでも勉強しない上の子
  1.6. 私のとった作戦
  1.7. 上の子vs私@進研ゼミ
  1.8. 超苦手&超嫌いな英語の勉強
  1.9. 中間テストの結果とその後
 2. 進研ゼミの特徴と感想
  2.1. 塾に比べるとすごく経済的
  2.2. 基本から応用まで・全教科対応で便利
  2.3. 子供の取組み内容を親に お知らせする機能
  2.4. 子供のやる気は最初から丸投げしないのがコツ
 3. さいごに
 

我が家の初めての中間テスト奮闘記

いろいろ心配な中学校生活がスタート

親の立場で 初めて迎える 子供の中一の中学校生活は、あたりまえのことですが、何もかも 初めてのことでした。

サッカー部に入り初めての中学校の部活動、自転車通学も初めて、学生服も初めて、恋愛はどうなのかな・・。どれも、親ばかな私にとっては、学校に見に行こうかなぁって思うぐらい心配でした。

上の子は、まじめで、大人しいので、ムチャはしないと思いますが、人見知りなので、うまく友達ができているかなぁとか、すごく気になってしまってました。
 

上の子の人生初めての定期テスト

中学校生活がはじまり、生活面のことも何かと心配でしたが、それよりも 心配で心配でたまらなかったのが「定期テスト」です。

小学校の頃から テストはありましたが、中学校では 「中間テスト」「期末テスト」「実力テスト」・・と、テストの嵐がやってきます。学校内で成績の順位がつけられ、中学卒業後の進路をも左右します。内申点に響くと思うと、どのテストも気が抜けません。

上の子の人生初の中間テストのときは、親子で緊張しました。
 

 

周りは塾に通う子だらけ

中学生になったら、高校進学を考えて、塾に通い出す子が増えました。小学校の頃から通っている子も少なくないので、周りには塾に通う子だらけです。

やはり、どこの親も勉強のことは心配なんですね。

我が家でも、何もしないのは、親として不安で しかたがないので、自宅で学習する 進研ゼミを 中学入学の3カ月前から受講していました。

最初の頃は それなりに勉強していたのですが、部活が始まって 遅い&くたくた帰宅で、進研ゼミも滞りがちに なっていました。
 

中間テスト2週間前

上の子の通う中学校は二学期制なので、前期中間テストは6月です。

中間テストの二週間前に 学校から、テスト範囲と 学習計画表が 配布されました。学習計画表は、その日に勉強する教科・内容・勉強時間を記入して、翌日に担任に提出する仕組みになってます。

その時のクラス担任は とても熱心な先生で、二週間前よりもっと前から、子供にも保護者にも、テストに向けた思いや対策を お便りで発信してくれていました。
 

それでも勉強しない上の子

学校と先生のお膳立てもあり、これでテストに向けた 心構えは バッチリ、「いざテスト勉強だー」ってなると思っていたけど・・。そう思っていたのは、親の私だけ?

上の子は、相変わらずのぐだぐだモード。学校から帰ってくると、部活の疲れを 言い訳に 勉強は始まらない。なのにゲームはしないといけないとか言い出して・・。

もう、私の怒りはマックスでした。
 

私のとった作戦

上の子の やる気スイッチを入れるために、とうとう私も決意しました。

家事は二の次にして、中間テストに向けて 私も一緒に 机に向かって勉強することにしました。
 

上の子vs私@進研ゼミ

進研ゼミには定期テスト対策として、全教科分の「定期テスト厳選予想問題」という教材があります。

「定期テスト厳選予想問題」を開くと、たとえば数学の場合、「数学テスト範囲早わかり表」というのがあります。学校によって使っている教科書が違うので、それぞれの教科書ごとに、厳選予想問題の対応ページが記載されています。

例えば、
○○書籍・教科書の「方程式とその解き方(p.82~92)」・・厳選予想問題のp.24~25
□□出版・教科書の「1次方程式(p.84~98)」・・・・・・厳選予想問題のp.24~25
のように教科書との対応が分かるので、学校で発表されたテスト範囲と照らし合わせると、「定期テスト厳選予想問題」でのやるべき範囲が分かります。

まずは、中間テストで 取り組むべき「定期テスト厳選予想問題」のページに 付箋を貼っていきました。

5教科分となると 付箋で一杯になって・・ これは結構な量です。二週間で ほんとに全部 こなせるかが 不安になります・・。

問題内容を ざぁっと見た感じでは、基本から応用まであって、中間テスト対策には バッチリそうです。

数学の計算は、私と 上の子で 競争しました。まだまだ 負けません。

今のことろ、中一の しかも最初の 学習内容なので、まだ 私でも余裕で、意外と 楽しんでたかも。
 

超苦手&超嫌いな英語の勉強

特に苦労したのは、超苦手で 超嫌いな 英語です。

分からなくなるとキレます。「意味ない」とか、ネガティブ発言の連射が止まりません。でも その数ある言葉の中で「世界の標準語が日本語になれば良いんだ」というのには、ちょっと同意してしまいました。

英語は、中学になって本格的に始まった教科なので、慣れるまでなかなか大変で、・・見ている私もキレそうでした。

小学校のうちに、英語の塾とかに 入れておけば良かったかなぁ なんて思うときも ありました。

ところで、上の子は ちょこちょこキレながらも、進研ゼミのタブレット学習の中で 英語の取り組み数は 一番多く(※)、本人も「何とかしたい!」という気持ちが あることは、知ることができました。 ・・・(※)2.3. 子供の取組み内容を親に お知らせする機能

私も その思いに 応えようと がんばりました。

学習の内容は、まずタブレット学習で、単語の発音や 英文の聞き取りなど リスニングや、単語を 並べ替えて 正しい英文を作ったり、絵を見て 英文を作ったり、ゲーム感覚で 学習します。

タブレット学習の後は、紙の教材のドリルで 問題を解きながら、実際に 単語や 英文を 書いて覚えます。ちなみに、月に一度のペースで提出する 赤ペン先生の課題もやって 提出しました。

そして いよいよ「定期テスト厳選問題」に挑戦です。

進研ゼミの勉強の他にも、学校に毎日勉強ノートを提出しないといけないので、そのノートには 英単語を びっしりと 書いて練習しました。

ひとつ ひとつ 進んでいくごとに 手ごたえも感じることが できたのでした。

英語以外の教科についても、進研ゼミをフルに活用して中一の前期中間テストに臨みました。
 

中間テストの結果とその後

目標の点数にも届いて がんばったかいが ありました。 でも残念ながら、順位は かなり落ちました。 テスト期間は がんばったけど、その前の勉強が ほとんどされてなかったのが 痛かったです。

中間テストが過ぎると、一度は盛り上がった勉強も、いったん再び ぐーたらに戻ってしまいました。(それでも かろうじて 中間テストで かなり苦労した 英語だけは 止めずに 進めさせてましたが・・。)

英語以外は ほとんど進んでない教材、それでも 次々に届く進研ゼミ・・、もう任せっぱなしにはできない!と思ったところで、私、再び登場です。

上の子と一緒に、二人三脚で 進研ゼミに 取り組むようにしてからは、テスト前じゃなくても どんどん進むようになりました。
(関連)進研ゼミに我が子は向いてる人?中一講座の1年間&続かない時の工夫

*****

初めての中間テストから1年たって、進研ゼミの効果が 出てるなぁって 感じます。

例えば、「light」「right」どちらもightで、ghは発音しないですが、最初のうちは ここに引っかかって「何であるの?」って、そこから先に進めなくなって勉強が止まってました。今では もちろん そんなことでは 止まりませんし、何事もなく 過ぎていきます。

他にも、伸ばす発音にrを 使うことにも 引っかかって 止まってたけど、今では 眉ひとつ動きません。あたりまえですが・・。

英語への取り組み方は、この1年で大きく成長したと思います。一緒にやってると、たまに 上の子が正解で、私が 間違う時もあります。(それは それで 悲しいですが・・私、がんばれ)

いろいろありましたが、一番の成長は、自分から進研ゼミに 取り組むようになった ことだと思います。前ほど、私が 一緒に机に 向かわなくても よくなりました。

これから、2年生になって 勉強も難しくなってくるし、部活も 忙しくなってくると思いますが、進研ゼミを しっかり 学んで 使いこなして、がんばってもらいたいです。
 

 

進研ゼミの特徴と感想


ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

塾に比べるとすごく経済的

進研ゼミは家計にも優しいので、我が家には とても助かります。

もし塾に行ったら、私のママ友リサーチによると1教科で 月謝1万円くらい。個別指導になると もっと高いでしょうし、ということは・・・、1年間だと1教科でも12万円以上ということですね。

それが 進研ゼミだと、全教科(国数理社英の5教科に加え、実技も入って9教科)で、なんと1年・67,200円(一括払いの場合)です。

約半分です。

進研ゼミは 教材とはいえ、分からない問題は 電話相談もできます。赤ペン先生の添削もあります。さらに、おそらく塾ではやらないであろう、実技のテキストと予想問題もあります。お得度がすごいです。

子供のやる気さえ、サポートしてあげれば、これ以上の方法は ないと思います。
(関連)2.4. 子供のやる気は最初から丸投げしないのがコツ
 

基本から応用まで・全教科対応で便利

長年、多くの子供たちの学習を支え、支持されてきた 進研ゼミだから、基本から応用まで そろっていて、安心して これひとつで がんばることができそうです。

しかも、国語、数学、理科、社会、英語の5教科に加え、実技科目の4教科も含めた9教科についてサポートしてくれています。

本当に 勉強に関しては、この進研ゼミだけ、で大丈夫そうです。

そのほか、子どもたちの勉強をサポートする、アイデアツールやグッズ、保護者への いろいろな情報提供も 充実していて、期待以上の満足度です。
 

子供の取組み内容を親に お知らせする機能

進研ゼミには、保護者に向けた サービスも いろいろあります。

我が子の 進研ゼミの 取り組み状況を メールで知らせてくれるサービスも そのひとつです。

「取り組みお知らせメール」は、子供が 学習に 取り組んだ日の 翌日の朝に 届きます。

届く お知らせ内容は、子供が 取組んだ「教科」と「項目」、「問題への正答率」、及び 間違った場合の「解き直し後の正答率」などです。

これを見ると、どの教科のどの部分に取り組んで、分かるところまで できたのか、あるいは 途中でやめたのか が分かります。

このサービスのおかげで、上の子の 取り組み状況の ウソも 見破れましたし、反抗的な 言葉とは 裏腹に がんばっていたこと にも気づけました。

*****

進研ゼミは、塾と違って 自宅学習なので、勉強をするか しないかは 子供の やる気に かかっています。

でも 進研ゼミのサービスを活用すれば、取り組み状況が少ないと思ったら、子供と向き合うことができます。取り返しが つかなくなる前に 対処できます。

私は、このサービスを 毎日確認して、がんばってるときは 褒めて、足りないときは、ちょっと小言を 言ってます。

*****

もう一つ取り組み状況関係のサービスとして、ログインすると、赤ペン先生の提出情況や採点内容、さらに実力マークテストの結果をみることができます。

マークテストの結果は 県の順位や 全国順位も出ます。志望校を 選択しておくと、もっと詳しく知ることが出来ます。

このほかにも、だいたい二か月に一回ぐらいのペースで「保護者通信」という情報誌が届きます。なるほど~ってためになる内容です。とても参考になります。
 

子供のやる気は 最初から丸投げしないのがコツ

進研ゼミを始めてから、最初の頃こそ 自分で進めていたけど、しばらくして、部活も忙しくなると、やらなくなっていきました。

いくら「やりなさい!」と言っても、ぜんぜん進まず、手つかずの教材が どんどん積っていきました。

このままでは どうにもならない!と思い、私も一緒に 取り組むことにしました。自前の 家庭教師 状態です。家庭教師とはいっても、教えることは 進研ゼミが 担当してくれるので、かなり お気楽な 家庭教師です^^。

でも そこから 変化が見えてきました。いくら言ってもやらなかった人が、キレながらも やるようになり、しだいに キレずに やるようになりました。だんだん 一緒に いなくても がんばるように なりました。

今は 順調なうちは 放っておいてます。でもまた やる気が 緩んできたら、てこ入れして あげられるように 見守っているのでした。


ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

 

さいごに

進研ゼミって、実際にやってから 気づくことも多いです。たとえば、まさか 私が 子供の家庭教師 みたいなことをする(できる)とは、進研ゼミを 始める前は 夢にも思いませんでした。

でも、なんとなく務まっちゃうのが、進研ゼミの 教材の 面白いところですね。私は、子どもの やる気部分に 徹するだけで、学習内容は 進研ゼミが しっかりサポートしてくれます。

自分でいうのもなんですが、案外「お母さん + 進研ゼミ」のコラボって、子供の勉強にとっては 最強かもしれないです^^。
 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする