戦国姫・初(常高院)の本※敵対する立場の姉妹・茶々と江を繋いだ人生

姉の 茶々(淀殿)や、妹の 江が 有名すぎて、その陰に 隠れがちですが、この二人にも負けないくらい、波乱万丈な 人生を 歩みます。人生で 4度の 落城に 巻き込まれるも、その命のピンチを 4度とも 生き延びます。

亡くなる直前の 豊臣秀吉から、女性としては珍しく 夫とは 別に 2つの村(2千4百石)が 与えられるほど、能力を 買われるとともに、信頼されていた 人物でした。

三姉妹(茶々・初・江)の中では 最も 地味なイメージですが、もしかしたら、最も できる人だったのかもしれません。

戦国姫シリーズ(藤咲あゆな・作/マルイノ・絵)の「初の物語」では、三姉妹では あまり スポットが 当てられなかった、初(常高院)の人生を 描いています。

(参考)1.2. 「戦国姫 初の物語」/小学上級・中学から

 

注目されやすい 姉・茶々(淀殿)や、妹・江(崇源院)の 物語で 描かれている、初(常高院)とは 違った 姿や エピソードを みることができます。

このシリーズをきっかけに 歴史に 興味を 持つようになった 我が家の 小6娘は、好きなテレビも 忘れて 夢中になっていました。

(参考)1.2. 「戦国姫 初の物語」/小学上級・中学から

 

このページのガイド(目次)

 1. 初(常高院)の物語
  1.1. 初(常高院)について
  1.2. 「戦国姫 初の物語」/小学上級・中学から
  1.3. 関係する戦国姫シリーズ
 2. 浅井三姉妹について
  2.1. 姉・茶々(淀殿)/豊臣秀吉の側室・秀頼の母
  2.2. 妹・江(崇源院)/徳川秀忠の妻(継室)・家光の母
 3. さいごに
 

1. 初(常高院)の物語

1.1. 初(常高院)について

a 誕生の年から波乱の先ぶれ

初 が 生まれたのは、生家の浅井家が、同盟を結んでいた信長と 敵対することになった「金ヶ崎の退き口」や「姉川の戦い」があった年といわれています。

浅井家の命運が、奇しくも暗転しだした 年のことでした。

(参考)1.2. 「戦国姫 初の物語」/小学上級・中学から

 

b 小谷城落城で父・浅井長政との別れ

初が4歳のとき(茶々は5歳、江は生まれたばかり)、人生で初めての 落城(敵に城が攻め落とされること)で、大きな悲しみを 経験します。

この小谷城の落城で、父・浅井長政を失くし、生家の 浅井家は 滅亡してしまいます。一緒に暮らしていた 異母兄の 万福丸も、捕らえられ 命を絶たれます。

初は、母親のお市(信長の妹)と、姉・茶々、妹・江とともに、浅井家を討った 秀吉(当時は藤吉郎)を通じて、織田家に 保護されます。

(参考)1.2. 「戦国姫 初の物語」/小学上級・中学から

 

c 母・お市の再婚

初が 13歳の年、本能寺の変が起こります。母・お市の兄である織田信長が 明智光秀に討たれ、その明智光秀は 秀吉に 討たれます。

その後開かれた 織田家の 後継者を 決める清州会議で、わずか3歳の信長の孫・三法師を推した秀吉に対し、信長の三男・信孝を推す柴田勝家が対立します。

信孝は、お市を 柴田勝家の 正室に迎えて 信長の義弟とすることで、秀吉に対抗しようと動きます。 お市も 亡き夫・浅井長政の仇である 秀吉への思いから 再婚を受け入れます。

多感な時期の 初にとっては、母の再婚という 複雑な思いがあったことでしょう。

(参考)1.2. 「戦国姫 初の物語」/小学上級・中学から

 

d 北ノ庄城落城で母・お市との別れ

この頃、初は 自分の人生に 大きくかかわる 人物と 出会っていたようです。ひとりは、浅井家の生き残りである 異母弟の万寿丸(のちの喜八郎)です。

もうひとりは、父・長政の 姉の子にあたる従妹の 京極高次です。後に 初の 夫となる人物です。

お市の再婚で 移ってきた、北ノ庄城での 生活も、翌年の戦により 終わりを迎えます。勝家は 秀吉に 敗れ、母・お市は 勝家とともに 北ノ庄城で 命を絶ちます。

初が14歳の年です。初と、姉・茶々、妹・江の 三姉妹は、人生で 二度目の 落城を経験し、母・お市を失います。 そして 三姉妹は 織田の血筋として 秀吉に 保護されます。

(参考)1.2. 「戦国姫 初の物語」/小学上級・中学から

 

 

1.2. 「戦国姫 初の物語」/小学上級・中学から

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

戦国姫 -初の物語ー (集英社みらい文庫) [ 藤咲 あゆな ]
価格:734円(税込、送料無料) (2018/8/13時点)

カバーの挿絵には、まだ 幼さの残る 初の姿が描かれています。描かれた 小鳥は、身動きが 取れなかった姉・茶々や、妹・江とは 対照的に、敵対する 豊臣方の茶々や、徳川方の江との間を 自由に 飛び交うことができたことを 象徴しているようです。

我が家の小6娘が、好きなテレビやゲームを放ったらかして、読書に夢中になっていました。

女性視点で見る 戦後時代は 新鮮で、女子にも この時代への 興味が 持てるかもしれません。
 

 

1.3. 関係する戦国姫シリーズ

1.3.1. 「戦国姫 茶々姫の物語」

茶々姫は 初の姉です。 浅井三姉妹の一番上です。

秀吉の 側室となり、秀吉の嫡男・秀頼を生み、最期は その秀頼とともに、大阪城で 徳川家康に 攻められて 命を絶ちます。徳川家に敵対したことで、亡くなった後も、悪女としての 汚名を着せられます。

茶々は、初の 姉として ともに 小さい頃から 苦労を 重ね、しかも 父・長政の仇である 秀吉の側室になるという 普通では 考えられない 人生を歩んだ人物です。

近年は、茶々が見直され、茶々に同情的な 物語も出てきています。従来の「悪女」というイメージとは違った、新鮮な姿が見られるはずです。

 関連記事 淀殿(茶々)は悪女?悲劇の姫?小学生・中学生女子が夢中になれる本
  

 

2. 浅井三姉妹について

2.1. 姉・茶々(淀殿)/豊臣秀吉の側室・秀頼の母

浅井三姉妹の一番上です。

父の仇である・秀吉の側室となりますが、嫡男・秀頼を生むことで、豊臣家滅亡の最期まで 豊臣方として、家康と敵対しました。

そのため、亡くなった後も、徳川家がつくった 江戸時代には、悪女としての汚名を着せられています。

浅井三姉妹でも 最も 過酷な 人生を歩んだ人物かもしれませんね。

戦国姫シリーズにも、「茶々姫の物語」があります。

 関連記事 淀殿(茶々)は悪女?悲劇の姫?小学生・中学生女子が夢中になれる本
 

2.2. 妹・江(崇源院)/徳川秀忠の妻(継室)・家光の母

浅井三姉妹の一番下です。

生まれた年に浅井家が滅亡し、お市と三姉妹とともに 織田家に保護されます。

上の二人の姉妹と異なり3度結婚しています。一度目は、秀吉が決めた婚姻にもかかわらず、秀吉の都合で離縁させられます。二度目の結婚は 夫が戦で病死してしまいます。三度目の結婚が、家康の子・秀忠で、後の三代将軍・家光を生むのでした。

浅井三姉妹の中では 一番 出世した ことになりますね。
 

 

3. さいごに

浅井三姉妹の中では、最も目立つことのないポジションの 初(常高院)です。

しかし敵対する 豊臣側にも、徳川側にも どちらにも通じることができた 数少ない人物であり、彼女にしか見えない 世界も きっと あったはずですね。

初の視点で、どんな世界や 歴史が 見えてくるのか 楽しみです。

(参考)1.2. 「戦国姫 初の物語」/小学上級・中学から

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする