小6娘が好きな本「戦国姫-松姫の物語」&そこで語られない松姫の話も

我が家の娘(小学6年生女子)が 読み出したことが きっかけで、「戦国姫(藤咲あゆな・作/マルイノ・絵)」シリーズが 家族の中でも ブームになっています。

戦国時代の 姫に スポットを 当てた 小説ですが、時代柄 悲しいエピソードが 多くて、涙なしには 読めない 作品ばかり。この 松姫も 時代に 翻弄された 人物の ひとりです。

松姫は 武田信玄の 娘です。武田家と 織田家の 同盟のため、遠くに暮らす 織田信長の 嫡男と婚約しました。それから 5年にわたり手紙を 通して 心を通わせ、恋心を育んでいきますが、戦により 婚約が 破棄されてしまい・・・。

松姫の物語は、遠距離恋愛という 他の戦国姫とは 全く違った かたちの物語でした。でも 松姫の 物語は、それだけでは終りません。涙・涙の物語ながらも、松姫の 素敵さに 心が 打たれます。
 

このページのガイド(目次&比較一覧)

 1. 松姫(まつひめ)の物語
  1.1. 「戦国姫 松姫の物語」
  1.2. 関係する戦国姫の物語
 2. 松姫(まつひめ)調べ
  2.1. 松姫の物語 ほかにも
  2.2. 松姫にちなんだ場所
  2.3. 松姫にちなんだもの
 3. さいごに
 

1. 松姫(まつひめ)の物語

1.1. 「戦国姫 松姫の物語」

松姫は、「甲斐の虎」と 恐れられた戦国武将・武田信玄の娘です。武田信玄と 織田信長の 同盟により、信長の嫡男・奇妙丸(のちの信忠)と婚約します。

そして、奇妙丸からの 手紙を 最初に、二人の手紙の やりとりが 始まります。手紙の やりとりを 通じて、二人のお互いへの想いは どんどん高まっていきます。とても素敵なエピソードに、心 温まるのでした。

ところが、戦により 突然の 婚約解消、そして その後の 二人に 降りかかる 悲劇・・・。涙・涙の 物語ながらも、松姫の素敵さに 心が 打たれたのでした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

戦国姫 -松姫の物語ー (集英社みらい文庫) [ 藤咲 あゆな ]
価格:734円(税込、送料無料) (2018/5/27時点)


 

カバーの表紙の絵には、優しそうで かわいい 松姫の姿が 描かれています。花束をもって、微笑んでいます。

そんな 松姫の 人柄を表すような 表情とは 裏腹に、数々の 悲痛な 出来事のなか、翻弄されつつも、力強く生きる 素敵な松姫に 心が打たれました。

小6我が家の娘も、これまでの 戦国姫シリーズは、一気に 読みましたが、松姫の物語は、じっくり 噛み締めながら 読んでいる 感じです。

この物語では、松姫と 信忠(奇妙丸)の 二人の間の 素敵な 手紙も 見どころの ひとつです。奇妙丸の 最初の 手紙は、見落とせないです。とにかく 素敵です。
 

 

1.2. 関係する戦国姫の物語

「戦国姫 濃姫の物語」

奇妙丸(信忠)の義母に あたる濃姫(帰蝶)の物語が、「戦国姫 濃姫の物語」として、あります。

今回の「松姫の物語」の中で 濃姫(帰蝶)は、奇妙丸から松姫への 最初の 手紙づくりに 大切なヒントを くれます。このヒントをもとに、とても素敵な 手紙が うまれるのでした。

「戦国姫 濃姫の物語」には、濃姫の人生を通じて、奇妙丸(信忠)に近い側の視点で、この時代が どうなっていたかを 読むことができます。両方 読むと、さらに 深く この時代のことが 実感できて、物語も 心に響きます。


 

2. 松姫(まつひめ)調べ

松姫に 関係のある ことを いろいろ 調べてみました。調べれば 調べるほど、松姫の人気が 分かってきます。

2.1. 松姫の物語 ほかにも

2.1.1. 「おんな風林火山」

1986年10月から 1987年3月まで、TBS系列で 日曜の 8時から 放送されていた 時代劇ドラマです。当時話題にはなりましたが、視聴率が低迷して、打ち切りとなったドラマです。

松姫と、信忠の 悲恋の物語が 描かれたドラマです。当時 初主演の鈴木保奈美が 松姫を演じました。信忠役は 松村雄基でした。
 

2.1.2. 「託孤の契り」

第一部で、松姫と信忠の悲しい恋が描かれ、第二部では、出家して信松院(松姫)となった後のことが描かれます。

高橋銀次郎の2014年の作品です。
 

2.1.3. 「松姫はゆく」

定説である「松姫と信忠の純愛」とは違う見方の 松姫の物語が 描かれています。

歴史小説・時代小説を得意とする小説家・仁志耕一郎の2014年の作品です。
 

2.1.4. NHK大河ドラマ「武田信玄」

1988年に放送された、NHK大河ドラマ「武田信玄」にも、松姫が登場します。

松姫と信忠の 婚約と解消についても 物語の中に 登場します。
 

2.2. 松姫にちなんだ場所

2.2.1. 松姫峠

松姫が 織田信長の 軍勢から 逃れるために 越えたことが 由来となり、峠の名前として 現在に 残されています。

場所は、国道139号(静岡県富士市~山梨県郡内地方~東京都西多摩郡奥多摩町の一般国道)の旧道の区間内にあり、山梨県北都留郡小菅村と山梨県大月市の間にある峠です。
 

2.2.2. 信松院

松姫が 晩年を 過ごした 草庵が、現在の 信松院です。

1582年は1年で 多くのことが 起こりました。その年の3月、松姫は、武田滅亡後、武蔵国(むさしのくに/現在の八王子)に逃れました。信忠が そのことに気づき、自分が匿おうと 松姫を 呼び寄せようとした矢先、本能寺の変が 勃発。松姫は 信忠の 手引きで 京に向かう途中で、信忠が 命を 落としたことを 知ります。6月のことでした。

松姫は その年のうちに、武蔵国で 出家し、信松尼となります。そのとき、22歳だったそうです。

その8年後(1590年)、御所水の里に移ります。そして 蚕を飼い 織物を作ることで、ともに連れて逃げた 3人の姫を 育てる日々を送ります。

しばらくして、武田の旧臣で 徳川家康の 家臣となった 人物から 寄進された 上野原宿の 草庵に移り、そこで1616年に 亡くなるまで 暮らしたそうです。

この草庵が、信松院です。

 

2.3. 松姫にちなんだもの

2.3.1. ゆるキャラ・松姫マッピー

八王子市の八王子観光PR特使として がんばっているそうです。とっても かわいい、ゆるキャラです。衣装が、ドレスに 帯という 和洋折衷な感じも 素敵です。

八王子商工会議所 女性経営者の会・シルクレイズのキャラクターです。

キャラクターを見ても、松姫の人気が うかがえますね。
 

2.3.2. 松姫もなか

松姫最中は、八王子では よく知られる 和菓子です。お土産用に 好まれています。
 

3. さいごに

戦国時代にも 遠距離恋愛ってあったんですね。今と違って、手紙のやりとりだけですし、それでも これほどの 絆が 生まれることがあるって 素敵です。

ところで、松姫は すごく有名で、いろいろ分かっていることも多いです。これは、多くの信玄の旧臣が、徳川家康の家臣となって、生き残ったことも 大きく影響しているのかなぁと思います。

有名な 人物に 近い人でも、あまり史料が残っていない人物もいます。たとえば、織田信長の 正室で、信忠の義母だった 濃姫(帰蝶)は、史料が あまり残されていない人物の一人です。「戦国姫」シリーズにも 濃姫の物語が あります。
 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする