幼児・子供のヘルメット選び!子供乗せ自転車用おすすめ・人気を一覧

子供乗せ 自転車の 利用に 欠かせない 幼児用ヘルメット。どんなヘルメットを 選ぶかで、子供の テンションも けっこう 変わります。

喜んで かぶりたくなる お気に入りの ヘルメットなら、子供との 自転車での お出かけも スムーズで もっと 楽しいものに できるのかも。

子供の 安全を 守る大事なもの だからこそ、しっかり選んで 納得のモノを 選びましょう。

 

このページのガイド(目次&比較一覧)

 

子供乗せ自転車用ヘルメット おすすめ一覧
名称
(詳細情報へリンク)
特徴 値段と送料
1.1. Nutcase Little Nutty(ナットケースリトルナッティ) デザイン・機能・安全性・使いやすさ充実
オシャレで 選べるデザインが豊富。ベルトの留め具がマグネット式で子供にも簡単。
税込 8,424円
送料無料
1.2. BELL ZOOM2(ベル ズーム2) 軽量でオシャレ
オシャレで 選べるデザインが豊富。
税込 3,790円
送料無料
1.3. PALMY(パルミー) P-MV12 軽量でリーズナブル(長頭型)
超軽量でリーズナブル。長頭型のヘルメット。
税込 1,645円
送料別
4.1. bikke(ビッケ)キッズヘルメット おなじみビッケブランドのヘルメット
bikke(ビッケ/ブリヂストンの子乗せ自転車)ブランドのヘルメット。
税込 3,100円
送料別
4.2. コロン 幼児用自転車ヘルメット CHCH4652 日本人にはやはり日本のメーカー
ブリヂストンの幼児用ヘルメット。北欧テイストのカラフルでポップ。
税込 2,290円
送料別
4.3. OGK KABUTO 子供用自転車ヘルメット PINE(パイン) ヘルメットで有名なOGKの幼児用ヘルメット
OGK KABUTOの幼児用ヘルメット。落ち着いたカラーリング。軽量。
税込 3,680円
送料無料

 

1. おすすめの ヘルメット 最初の3選

1.1. Nutcase Little Nutty(ナットケース リトルナッティ)

デザイン性・機能性・安全性・使いやすさ充実。おしゃれな たくさんの デザインの中から 選べる わくわくのヘルメットです。デザイン性に加え、機能性・安全性も充実しています。



(↑ クリックすると ショップページにて 確認できます ↑)

 
特徴
安全性・機能性・デザイン性・使いやすさが 充実した ヘルメットです。

安全性
アメリカ及びヨーロッパの安全基準テストをクリアしており、日本でもSGマークを取得。

デザイン性
おしゃれで 子供たちが ワクワクしそうな デザインが豊富。多くのバリエーションの中から選べます。付属の専用バイザーもおしゃれです。

使いやすさ
サイズ調整は、インナークッションの付け替えと、スピンダイヤルででき、簡単に しかもフィット感も 失わない仕様。
ベルトの留め具が マグネット式で、子供でも 簡単に 片手で 装着できるのが 嬉しいです。

仕様
サイズXS 頭囲:48~52cm 重量:368g 素材:ABS樹脂、EPS
(サイズXXS 頭囲:47~50cm 重量:250g 素材:ABS樹脂、EPS)
(サイズS  頭囲:52~56cm 重量:406g 素材:ABS樹脂、EPS)


(↑ clickで ショップにて 確認できます ↑)

バリエーション
バリエーションが豊富。様々なデザインから選べます。

1.ドッツ 2.シルバーフライ 3.ユニオンジャック 4.レディーバグ 5.バンブルビー 6.ロッタラブ 7.ダイノマイト 8.アホイ! 9.ティンロボット

ほかにも、10.フラッターバイ 11.ブルーバーズ&ビーズ 12.レディオウェーブ 13.ダートフロッグス 14.スターズ&ストライプ 15.ケーキポップス 16.ハッピーハーツ 17.ピンクレモネード 18.パープルパンダ 19.スカイフライヤー など。

 

 

 

1.2. BELL ZOOM2(ベル ズーム2)

軽量でオシャレ。デザインの種類も豊富で、軽量なのも嬉しいヘルメットです。人気のズームです。



(↑ クリックすると ショップページにて 確認できます ↑)

 
特徴
キッズヘルメットでは、人気のズームです。選べるデザインもいろいろあり、軽量なのも嬉しいのでした。

仕様
サイズXS/S 頭囲:48~54cm 重量:200g 年齢:1~4歳
サイズ M/L 頭囲:52~56cm 重量:218g 年齢:4~8歳頃

バリエーション
バリエーションが豊富。様々なデザインから選べます。
1.ニンジャスター 2.アメリカンスター 3.パープルブロッサム 4.ホワイトハーツ 5.シルバー/ブルースタント 6.レッドバタフライ 7.ピンクレインボーアニマル 8.ピンクフラワー 9.グリーンファートモンスター 10.ブルートラックス 11.ブラック/レッドフレイムス 12.オレンジカモ など。

 

 

 

1.3. PALMY(パルミー) P-MV12

軽量でリーズナブル(長頭型)。軽量で、リーズナブルなのも 嬉しい ヘルメット。頭の形が 前後に長い子に 適しています。デザインも いろいろ選べます。



(↑ クリックすると ショップページにて 確認できます ↑)

 

特徴
頭の形が長頭型(前後に長く 横幅が小さい)の子のヘルメット。リーズナブルなのが 嬉しいです。さらに軽量で、バリエーションも豊富。


(↑ clickで ショップにて 確認できます ↑)

仕様
長頭型(頭の形)のヘルメットです。
※参考)2.3. サイズ選びは 頭の形にも注意

頭囲:52~56cm 内横幅:14.5cm  重量:220g
年齢:幼稚園年少(3歳)~幼稚園年中(5歳)

バリエーション
おしゃれなデザインが選べます。
1.フラワー/ピンク 2.キノコ/ピンク 3.レッド/ブラック 4.シルバー/ブルー 5.ファイヤ/ブラック 6.フラワー/ブルー など。

 

 

 

2. 子供乗せ自転車用のヘルメットについて

2.1. ヘルメットは必要?

2.1.1. 道路交通法

道路交通法では、次のように記載されています。

『児童又は幼児を保護する責任のある者は、児童又は幼児を自転車に乗車させるときは、当該児童又は幼児に乗車用ヘルメットをかぶらせるよう努めなければならない。』(道路交通法 第六十三条の十一)

このように、保護者は 子供の ヘルメットの 着用を 努める 事になっています。
 

2.1.2. 過去の転落・転倒事故で多い頭部のケガの理由

消費者庁で、子供乗せ自転車の 転落・転倒事故などについて 情報を公表しています。それによると、転落・転倒事故によって たくさんの子供たちが、体や顔、頭などに 打撲や 骨折等のケガをしています。中には 生命に関わるような、重症・重篤なケガも 発生しています。

体の小さい 幼児にとっては、子供乗せシートの高さは、自分の身長より はるかに高いことも多く、そこからの転落・転倒は 大きなケガに つながります。

転落・転倒事故の際に ヘルメットを着用していなかったケースでは、頭骨骨折や 頭蓋内損傷も 発生しており、ヘルメット着用が 欠かせません。

事故の発生は、走行時に限りません。たとえば 停車中に 目を離した すきに 自転車が転倒したり、あるいは、二人目を 乗せ降ろし中に、自転車がバランスを 崩して転倒するなどの 事故も起こってます。自転車に 乗せる前に、ヘルメットを着用することが、頭のケガを 防ぐためには 重要です。
 

2.2. サイズと頭囲(1歳前後~6歳)

ヘルメットのサイズ選びで 目安になるのが 頭囲です。女の子のほうが、最初の頃は 頭囲が 小さい傾向に ありますが、6歳になると ほぼ追いついているようです。

1歳前後~6歳までの頭囲の目安
年齢 男の子 女の子 備考
10カ月 43 cm ~ 48 cm 42 cm ~ 46.5cm 自転車幼児座席NG
1歳 43.5cm ~ 48.5cm 42.5cm ~ 47.5cm 前乗せ可・後乗せNG
1歳6カ月 45 cm ~ 50 cm 43.5cm ~ 49 cm
2歳 45.5cm ~ 51 cm 44.5mc ~ 50 cm 後乗せ可
3歳 47 cm ~ 52 cm 46 cm ~ 51 cm
4歳 47.5cm ~ 52.5cm 47 cm ~ 52 cm
5歳 48 cm ~ 53.5cm 47.5cm ~ 53 cm
6歳 48.5cm ~ 54 cm 48 cm ~ 54 cm 法律は6歳以上NG


 

2.3. サイズ選びは 頭の形にも注意

おしゃれで人気のヘルメットの中には海外製のものもあります。ところが 外国人の 頭の形と、日本人の 頭の形には、違いもあるため 頭囲はあってるはずなのに きつい!ということもあります。

頭の形については、「頭型(とうけい)」といわれ、長頭型、中頭型、短頭型など の名称があり、類型化されています。これは頭の「幅」と「前後の長さ」に 着目した考え方で、前後の長さが 長い形を「長頭型」といい、前後の長さに 幅が近く 丸に近い形のものを「短頭型」といいます。「中頭型」は その中間ですね。

長頭型は、頭の形に 奥行きがあるため、小顔に見える 効果もあるようです。短頭型は、幅があるため 顔が大きく見える 傾向があるようです。

欧米人は 長頭型の傾向で、日本人は 短頭型の傾向と 言われますが、必ずしも一様ではなく 日本人にも 長頭型の人もいます。

ところで、ヘルメットの形も 一様ではないので、同じ頭囲を選んでも、たとえば 短頭型の人が、長頭型のヘルメットを かぶると、幅がきつい!ということもあります。

ヘルメットの 説明ページに、頭の形の 説明がない場合は、購入レビューが ヒントになります。サイズについての クレームの有無や、その内容を確認することで 判断に役立つ情報が 得られると思います。

不安な時は、頭囲の調節が できる アジャスター等が 付いたものを選ぶか、もしくは海外製ではなく、日本製から 選ぶという 方法もあります。

ところで、楽天市場の人気ショップの「Con Spirito コン・スピリート」には、人気ヘルメットの頭囲・縦・横のサイズを一覧したページがあります。こちらも 参考になると思います。
Check! >> 人気ヘルメットのサイズ(頭囲・縦・横)一覧はこちら(楽天市場ショップ)
 

2.4. 安全性について(SGマーク等)

安全を示す基準としては、安全な製品の目印として 一般財団法人製品安全協会が 定める「SGマーク」が一般的です。SGマーク付き製品の欠陥により人身事故が発生したときは賠償措置が講じられるそうです。


 

3. 特徴で選ぶヘルメット

3.1. 軽いヘルメット

軽いヘルメットのほうが、つける 負担も 小さく、ジャマに なりにくいですね。 使う時間が 長い場合ほど 重視したほうが良いですね。

 

3.2. 安いヘルメット

値段の 安い ヘルメットは こちら。

 

3.3. 日本メーカーのヘルメット

日本人の 頭の形に あったヘルメットを 見つけるには、日本のメーカーのヘルメットが 一番かも。

 

3.4. 長頭型のヘルメット

日本人には 少数派といわれる 長頭型の 頭のかたち 用の ヘルメットです。

 

ちなみに 長頭型は、頭の形が 前後に長く 幅が小さめで 欧米人に 多いとされ、日本人は 短頭型(長頭型とは逆に 前後に短く 幅が大きめ)の頭が 多いといわれます。

 

 

4. おすすめの ヘルメット 追加の3選

4.1. bikke(ビッケ)キッズヘルメット

おなじみビッケブランドのヘルメット。ブリヂストンの 子供乗せ自転車の bikke(ビッケ)と 同じ ブランドの キッズヘルメットです。



(↑ クリックすると ショップページにて 確認できます ↑)

特徴
ブリヂストンの 子供乗せ自転車の bikke(ビッケ)と 同じ ブランドの キッズヘルメット。


(↑ clickで ショップにて 確認できます ↑)

使いやすさ
サイズ調整アジャスター付きです。あごひもは バックルで 留めるタイプです。

安全性
SGマークで安心安全

バリエーション
1.ドットピンク 2.ドットイエロー 3.ドットブルー 4.ボーダーピンク 5.ボーダーブルー 6.モブダークグレー 7.ブルーグレー

 

 

 

4.2. コロン 幼児用自転車ヘルメット CHCH4652

日本人にはやはり日本のメーカー。デザインは、北欧テイストの カラフルで ポップな 幼児ヘルメット。ブリヂストン推奨の純正品。



(↑ クリックすると ショップページにて 確認できます ↑)

特徴
ブリヂストンの幼児用自転車ヘルメット。北欧テイストのカラフルでポップなデザインです。


(↑ clickで ショップにて 確認できます ↑)

安全性
SGマークで安心安全

バリエーション
1.ピンク 2.ブルー 3.レッド 4.イエローグリーン 5.ライトブルー

 

 

 

4.3. OGK KABUTO 子供用自転車ヘルメット PINE(パイン)

ヘルメットで 有名な OGK KABUTO(オージーケーカブト)の 幼児用ヘルメットです。



(↑ クリックすると ショップページにて 確認できます ↑)

特徴

ヘルメットで有名なOGKの幼児用ヘルメット。OGK KABUTO(オージーケーカブト)の 幼児用ヘルメット。洋服にも合わせやすい落ち着いたカラーリングです。


(↑ clickで ショップにて 確認できます ↑)

安全性
SGマークで安心安全

使いやすさ
毎回のサイズ調整が いらない ゴム式アジャスターの「フィットバンド」が 便利です。

バリエーション
1.フラミンゴレッド 2.ドルフィンブルー 3.ラビットピンク 4.ベアーブラウン 5.ミンクベージュ 6.ホエールネイビー

 

 

 

5. さいごに

子供の ヘルメットも、子供乗せ自転車を 安全に 利用するためには 欠かせないもの。

でも 子供が 気に入って使ってくれるか どうかは、デザインなども けっこう 関係します。なので、デザインは 子どもと 一緒に 楽しみながら 選ぶのもいいかも。

お気に入りの ヘルメットが 見つかれば、届くまでも ワクワク 楽しめるはずですね。
 

参考資料:
※1. 消費者庁発表資料 平成30年5月9日 子どもを乗せた「幼児用座席付自転車の事故」(転倒など)に気を付けましょう ほか
 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする