方程式が苦手な人と得意な人の違い|中学の数学嫌いを直すカギと方法

 

 

「意味が分からない」「式に文字入れて何になるの?」「分んないしイヤだなぁ」等々・・。中学校の数学で「方程式が分からない!」という人は 多いです。でも 実は 方程式って、「分かる」もの ではなくて 「使い慣れる」もの なんです。

「方程式」は 問題を解く ためのツール(道具)。例えば、紙を切る ための「ハサミ」や、どこかへ行く ための「自転車」と いっしょ。

 

ツール(道具)を 使いこなす ために 必要なのは 「分かる」こと より「使い慣れる」こと。 たとえば、ハサミを 使いたい とき、ハサミ(の構造など)を「分かる」ことより、ハサミを「使い慣れる」ことのほうが 大事ですよね。(しくみ なんか 分からなくても 慣れれば 使えます。)
 

方程式も 同じ。まず「分かる」ことより、「使い慣れる」ことのほうが大事。「分らない」といって 立ち止まる ことが、方程式を 苦手にしている 最大の原因 なんです。

 

このページのガイド(目次)

 

1. 方程式が苦手な理由

1.1. 頭の良し悪しではなく、取り組み方の良し悪し

「方程式」は、数字と 記号を 使った 単なる ルール。でも そのルール を 覚えて 使いこなせば、問題を 解くことが できる「ツール(道具)」に なります。

方程式は、見た目も とっつき にくく、難しい という 先入観を もつ人も 多いです。もし 間違った 先入観で、とらえ方を うっかり 間違えると、それが苦労 の 原因に なります。

  • 「意味が分からない」
  • 「式に文字入れて何になるの?」
  • 「分んないしイヤだなぁ」
  • 「ストレスで見たくもない」等々

方程式に 対して イヤな イメージが 先行すると、使い こなせなく なってしまいます。

「方程式」は、数字と記号を使った「単なるルール」。余計な 感想を 抱く前に、ルールを 覚えて、「使い慣れる」こと。そのために 手を動かして 数を こなす ことが 大事。

方程式の ルールには、数学 独特の 癖も あって、使い慣れる までには 間違える ことも あるでしょう。でも その間違いを 経ることが、正しいルールの習得に つながります。だから、間違うことを 恐れずに、どんどんトレー二ングして ルールに 慣れちゃいましょう。

(参考)3.1. 選ばれている 進研ゼミ 中学講座

 

 

1.2. 前の準備不足が原因のことも

方程式に入る前に「文字を使った式」を習っているはずです。これも もちろん「慣れるべき 単なるルール」ですが、ここでの準備が不足すると、方程式で つまづくことに なります。

もし、自信がないとすれば、ここで もっと繰り返し問題を といて、トレーニングして 使い慣れて おくべきです。

それから、「分数」や「四則計算の順番」なども、方程式と 組合わせて 使われるように なるので、それぞれ しっかり 慣れて おくことも 大事です。

ひとつ 不安が あると そこから 分からない!が 全体に 広がって しまう こともあるので、ひとつ ひとつ 着実に 慣れて いきましょう。

 

1.3. 勘違い・思い込みが招く落し穴

第一印象の とっつきの 悪さから、必要以上に 難しいものと とらえると、苦労することになります。

ルールは、ひとつ ひとつ覚えて 慣れていけば、実は 難しいことは ない はずです。ところが 慣れる前に やめたり、あるいは あせって 進み過ぎると、混乱してきて 難しいと 勘違いしてしまいます。

勘違いが 積もると、負の循環(スパイラル)に はまります。「難しいと感じる」→「気持ちが乗らない」→「トレーニングに集中できない」→「間違える!」→「難しいと感じる」→「気持ちが乗らない」→「トレーニングに集中できない」→「間違える!」→「難しいと感じる」→・・。

一旦 これにハマると、なかなか抜け出せなくなる人も多いです。注意しましょう。ちなみに、この状態からの打開策も、やっぱり 慣れるまで とことん やりきることです。(「単なるルール」と割り切ってトレーニングすることを忘れずに)

とにかく 慣れるまでは、何度も間違えることは 当たり前のことです。いちいち気にしないで、間違わなくなるまで とことんやり切れば、ある時期からは、意識しなくても 空気のように 使いこなせるように なるはずです。

このあたりは、「ハサミ」にたとえるより、「自転車」に たとえたほうが いいのかも。自転車も 最初は 苦労するけど、慣れてしまえば、もう 乗り方を 忘れることはないですよね。「方程式」も 慣れてしまうまでが 勝負です。

(参考)3.1. 選ばれている 進研ゼミ 中学講座

 

 

2. 方程式を得意にする方法

2.1. 何度間違っても繰り返しトレーニング

方程式は「単なるルール」とはいえ、数学ならではの独特な「ルール」なので、慣れるまでは 何度も 繰り返し トレーニングすることが 大事です。

(1)両辺に 同じ何かを 足す
  A=B ならば A+C=B+C
   例:     x-7=9
      (x-7)+7=(9)+7  ・・両辺に「7」を足す
            x=9+7 ・・・・・いわゆる「移項」の書き方
            x=16
(2)両辺から 同じ何かを 引く
  A=B ならば A-C=B-C
   例:     x+7=9
      (x+7)-7=(9)-7  ・・両辺から「7」を引く
            x=9-7 ・・・・・いわゆる「移項」の書き方
            x=2

(3)両辺に 同じ何かを かける
  A=B ならば A✕C=B✕C

(4)両辺を 同じ何かで 割る
  A=B ならば A/C=B/C

慣れるまでは、おそらく何度も間違えることでしょう。いちいち気にしないで、慣れるまで とことん がんばりましょう。
 

2.2. できるまで やり通すだけ(意外と早いかも)

できるように なるまで やり通す! ことが 大事。最初は とっつき が悪くても、それに 気分を 害されずに、もくもくと やり通す だけ。

「方程式が 得意 な人」と「方程式が 苦手 な人」の違いは、やり通す ことが できたか・できなかったか だけの 違い です。

このあたりは、「自転車」の乗り方 みたいなもの だと思って、割り切って 考えること が大事です。自転車も、最初に 乗れるように なるまで は大変ですが、一度コツを つかんで しまえば、もう一生 忘れることが なくなるもの ですよね。

(参考)3.1. 選ばれている 進研ゼミ 中学講座

 

 

3. 間違った方向に それない学習スタイルを

ひとりで進める勉強って、もし 知らず 知らずのうちに 間違った方向に それていても 気づきにくいです。気がつかないまま、時間だけが過ぎてしまうことも あります。

たとえば 方程式のことも、最初の印象が 悪かったというだけで つまづいて、前に進めなくなっている人も たくさんいます。

「慣れる」こと が大事で そのためには もっとトレーニングしなければ ならないのに、「分からない」とか 言って 立ち止まった ままの人も います。

適切な かたちで 取り組めば、スムーズに 乗り越えられるはずのことでも、勘違い・思い込みに はまっていたら、乗り越えることが できなくなることもあります。

何かに つまづいたときこそ、先が見えずに 悶々とするよりも、今の壁を乗り越えるために、実績のある方法を 試してみるのも いいかもしれませんね。

(参考)3.1. 選ばれている 進研ゼミ 中学講座

 

3.1. 選ばれている 進研ゼミ 中学講座

  数学に加え 国語 理科 社会 英語 も しっかりサポート! ニガテも きちんとフォロー!
  5教科だけじゃなく 実技科目も サポート
  タブレット学習だから 気持ちが 乗らない日も 楽しく学べる
  紙のドリルや 添削課題などで 記述力も きっちり トレーニング
  豊富な内容なのに 塾より ずっと 経済的
 

Check! 進研ゼミの公式ページはこちら(↓)です。
【進研ゼミ中学講座】では、レベル別・志望校別・都道府県別コース制教材で、授業対策から志望校合格までをバッチリサポート!


ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
(↑ クリック! 公式ページで確認 ↑)

 

 

 

4. さいごに

もし、できないと思っていた 方程式が できるようになれば、それは、大きな自信になります。数学嫌いを ひっくり返せるほどの モチベーションを 生み出す きっかけに できるかもしれません。

取り組み方・がんばり方を 間違えなければ、だれにでも できることです。1回1回の 間違いに 動じることなく、たんたんと トレーニングを重ねて、まずは「単なるルール」である 方程式を 自分のものにしちゃうことですね。

(参考)3.1. 選ばれている 進研ゼミ 中学講座

 

関連記事

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする