サッカースポ少・チームが強くなるほどに揉め事・対立・ストレスも増え・・

私の子供が サッカーのスポ少に入ったのは、2年生の春のこと。まだ 同学年の子が 2人しかいなくて、すごい歓迎ムードでした。最初の頃は、試合に出ても 負けてばかりだったけど、和気あいあいとして 親も子も仲の良いチームでした。

それが いつしか メンバーも14人となり、全県大会でも上位に行くまでのチームになりました。ところが その一方で、チームの内情は 揉め事や対立、派閥など、最初の頃の 和気あいあいな 雰囲気は いつのまにか 無くなっていたのでした。

いろいろあったけど、なんとか乗り切ってきた、私の体験を紹介します。

最初は和気あいあい

私の子供が サッカーのスポ少に 入ったのは小学校2年生の春。

まだ同じ学年の子が2人しかおらず、歓迎ムードでした。

ちょうどその頃、立て続けに何人か入り、学年の大会にも 出られる 人数になりました。

最初の頃は、なかなか試合に勝てず、大会でも やっと1勝できるくらいのチームでした。

それでも、みんなで楽しくって 感じで 親も子も仲が良く いい 雰囲気でした。

運動できる子が入団

それから少しして、子供が通う小学校の学年でもトップの 足の速い子と、運動神経バツグンの子が 入団しました。

きっと すぐ上手くなるんだろうなぁって思ってたら、予想通り あっさり、うちの子は 抜かれ、その2人は チームの 主力になりました。

残念ながら、うちの子の 存在感は ドンドン薄くなることに・・。

そのころを境に、チームはどんどん強くなっていきました。

初めての決勝

地域の10チームほどが参加する大会でした。

その日は、1試合目から、それまでとは 雰囲気が違いました。

いつもは、押されっぱなしだった うちのチームが 逆に相手を 押している感じです。

なんだか めずらしく 調子いいなぁと 思っていたら、あっさり1試合目で1勝しちゃいました。

親の間でも、「なんか、今日は いつもと違うね」という話も ちらほらと・・。

そして、続く2試合目。難なく 勝ちました。

さらに、3試合目。普通に 勝ちました。

こうして、予選リーグで 順調に勝って、決勝まで 進んだのでした。

順調に進んだけど、そこは 初めての決勝!子供も 親も 興奮しました。

これまでの 大会では、せいぜい1日1勝しか したことが無かったのですから。

そして、そのまま勢いに 乗るように 優勝しました。

もしかしたら、このときが チームが ひとつにまとまった 1番のピークだったのかも・・。

強いという評判が定着

その大会以降は、優勝や 準優勝などの 結果を 安定して 出すようになりました。

そして、周辺でも 強いチームとして 知られるようになりました。

大会に行くと、他のチームの ママ友に、「強くていいなぁ」と言われることもありました。

またスポ少内でも、他の学年のママ友に、「強くていいなぁ」と言われることもありました。

そしてこの学年の 快進撃は続き、全県でも 上位をとるような チームに なりました。

強くなったけど問題も・・

チームが 強くなっていくにつれ、自然に子供たちも、レギュラー組と ベンチ組に 分かれていきました。

ちなみに うちの子は ベンチ組でした。

親の方も子供と同様に、レギュラー組とベンチ組に 分かれるようになってきました。

ある大会にて

その大会も 順調に 勝ち進んで いってました。

そして 準決勝のとき、普段は ベンチ組の子が 交代で 出てきました。

そしたら、上手な子グループの親達が、なんで「○○を出すのー」と お怒りの様子。

その○○の お母さんにも、そのデリカシーのない 言葉は 聞こえていたと思います。でも 自分の子供が 出てるので 一生懸命 応援していました。

上手な子グループの 親の態度が・・

レギュラー組の 親の中でも、特に上手い子グループの態度が、どんどん変わっていきました。

ときどき デリカシーのない 言動をとるようになりました。

また、最初の頃は 協力していた、テントの設営や、タオル洗いなどの作業も、ちっとも やらなくなってしまいました。

その分、ベンチ組の 親が動いて、子供たちや 団の運営のサポートを支えていました。

ベンチ組の 親としては、面白くはないですが、トラブルになって 子供たちに イヤな思いをさせたくないので、大人の対応です。

上手な子グループの 親の悪評がよそからも・・

上手な子グループの 親の態度が悪いのは、スポ少でだけではなかったようです。

スポ少とは 全然違う 複数の知人から、「あの人、気をつけたほうがいいよ」と 忠告されました。

そういう態度は、どこに行っても 出ちゃうんでしょうね。

派閥同士の争いについて

スポ少によっては、派閥同士の 争いの 話も耳にしましたが、うちはそういうこともなく、平和でいることができました。

それは、ベンチ組の親が、不快なことを言われても ぐっとこらえてきた からだと思います。

もし、争いになっていたら、チームは崩壊していたかもしれないです。

上手い子の親どうしの対立と揉め事

上手い子の親どうしでは、何度か対立や 揉め事がありました。

子供のトレセンの選出などに からんだ、意地の張り合いっぽいです。

お互いが、フェイスブックで、名前は伏せつつも 中傷しあったりということが、一度や 二度では なかったようです。

そのうちの一人は、同じチームの上級生の 親ともトラブルを起こし、憤慨させていました。

子供の活躍が、親のふるまいを こんな形で 変えてしまうものなのかなぁ・・と思うのでした。

さいごに

子も 親も チームが 一番 ひとつになれたのは、初めて 優勝したときだったと思います。

そして それ以降は、上手な子の 親たちが どんどん強くなっていった 感じがします。

ベンチ組の 親に関しても 私を含めて、試合に 子供が なかなか出られない 悔しさから、レギュラー組の 親たちとは、距離を 置くようになり、それも ダメだったのかもしれません。

スポ少の親の関係って 子供の実力なども絡んで とても複雑なのでした。
 

注目記事 スポ少・習い事・勉強の両立!すきま時間もムダにしない学習で成績アップ
人気記事 進研ゼミ小学講座の体験・感想/テレビ・動画大好き6年生が自ら勉強を!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする