初めての好成績!でも喜べない親子の複雑な思い@サッカースポ少

初めての好成績に、試合に出た選手と保護者は、ものすごく喜んでいる一方で、控え組の選手と 保護者には 手放しには喜べない 複雑な思いも・・。

チームとしては 嬉しい出来事でも、その経緯によっては、あるいは 立場が 違うと 受け止め方は 全然 違ったものになるということを知ったのでした。

このページのガイド(目次)

 1. 大会でなかなか勝てなかった日々
 2. 学年が上がってチーム方針の変更
 3. チーム方針が変わり試合に勝ちだした
 4. 喜びに隠れた不満
 5. 自分の学年の大会に出られない不満は間違ったもの?
 6. 小学生が伸ばせる能力 と 勝敗に必要な能力の ギャップ
 7. 試合に出たくてムリすると・・
 8. 試合に出られないのは努力不足?
 9. 控え組の憂鬱
 10. 下の学年の控え組の親の心配
 11. 学年ごとの活動にすれば 控え組の不満は 解決するけど・・
 12. 勝ち優先の もうひとつの弊害
 13. さいごに
 

1. 大会でなかなか勝てなかった日々

サッカーのスポ少では、学年ごとに試合・大会があります。

小学校のサッカーは 大人の11人制とは違い、8人制です。ピッチも小さく、大人ピッチの ちょうど半分の広さです。

ウチの学年は 10人いて、その学年のメンバーだけでも 試合に出られるということで、上手くても 下の学年の選手を 呼ばないで、いつも この学年のメンバーだけで 試合に臨んでいました。

コーチの方針としては、勝ちは もちろん目指すものの、10人全員で 戦うという スタンスで、交代により みんなが試合に 出るかたちで 戦いました。

試合でも 惜しいところまでは いくのですが、結果としては なかなか 賞状には 手が届かなかったのでした。
 

2. 学年が上がってチーム方針の変更

学年があがり、コーチが代わり、チームの方針も変わりました。

1コ下の学年と一緒に 練習も 試合も 行うことになりました。

1コ下の学年には、上の学年でも活躍できる 力をもった子が3、4人います。その一方で、入団間もない サッカーを始めたばかりの子も2、3人います。

下の学年と合同になることで、チームは18人になりました。

試合は、スタメン8人で戦い、とくに必要がなければ 交代しないスタイルです。

そのため、チームの半分の選手は、大会にいっても 公式戦には ほぼ出場することのない ベンチ要員です。

選手の実力からすると、ほぼ8人のスタメンが安定していて、たまに入れ替わる3人を加え、上位11人で 公式戦を戦うという形です。その11人には、1コ下の学年の子4人が含まれます。

そのため、ウチの学年の3人と、下の学年の4人は、大会にはついていっても、ほぼそこで公式戦に出ることはないです。

1コ下の学年は、ウチの学年との合流により、自分たちの学年だけでの練習が ほぼなくなりました。そして、自分たちの学年の大会に出場するときは、さらに下の学年から 上手い子が呼ばれて 出場するというかたちです。
 

3. チーム方針が変わり試合に勝ちだした

チームの方針が変わったことで、試合でも結果に変化が出てきました。

予選を勝ち上がり、県大会の出場を決めたり、大会で準優勝までいったり・・、初めての好成績に盛り上がりました。

4. 喜びに隠れた不満

チームの好成績により、コーチや 試合に出場しているメンバーとその保護者は、大変な盛り上がりですが、その一方で 不満も募っていたのでした。

ひとつは、チームの方針の変化で、自分の学年の大会なのに、公式戦への出場機会が減ったり、出場できなくなった 控え組の子たちと その保護者です。

もう ひとつは、上の学年の大会への帯同で、親子ともども 準備などで 忙しくなるのに、試合では ベンチに座っているだけ という、下の学年の 控え組の子たちと その保護者です。
 

5. 自分の学年の大会に出られない不満は間違ったもの?

下の学年の 上手い子に ポジションをとられ 公式戦に出られなくなった 子と その保護者にとっては、チームの好成績も 手放しには 喜べないのでした。

出れないのは 実力によるものですし、もちろん チームに 文句を言えないことは 分かってます。悔しければ 実力をつけて 見返さなければいけない という理屈があることも 分かってます。それでも、面白くない気持ちは 沸々と 湧き上がってきます。
 

6. 小学生が伸ばせる能力 と 勝敗に必要な能力の ギャップ

小学生の場合、成長の早い・遅いが 実力に 反映される度合いが けっこう大きいです。

よほど 上手くトレーニングを 積んでも、技術や センスは身についても、試合の勝敗で 重視される 運動量、強さ、足の速さ、キック力、スタミナ等は、成長の早い子には 追いつけない 部分もあります。

子供の 体の成長との バランスを考えると、小学生年代のトレーニングは、パワーや 持久力などの フィジカル(身体能力)を 重視しすぎると 体を壊すことにもなりかねないため やりすぎはNGです。

むしろ、ゴールデンエイジである この時期は、技術や 試合勘、センスを養うのに ぴったりな 時期で、この時期を 逃すと 身につきにくいものも たくさんあります。

ところが、この技術・試合勘・センスの向上は、ある程度 運動量・強さ・足の速さ・キック力・スタミナ等のフィジカル(身体能力)が伴わないと、それだけでは 現実的に 試合での活躍には つながらないです。残念ながら・・。

たとえば、リフティングを何百回できても、どれだけポジショニングや トラップが上手くても それだけではダメで、勝つための戦力としては、リフティング・トラップは 下手でも 走れる子や キック力のある子のほうが 上だったりします。
 

7. 試合に出たくてムリすると・・

試合の勝敗を重視した 選手選考では、どうしても 運動量、強さ、足の速さ、キック力、スタミナ等、フィジカル(身体能力)面が 重視されやすいです。

ところが、これらを 小学生が 努力だけで 力の差を 埋めようとすると、試合に出る前に オーバーワークによる ジャンパー膝、オスグッド、シンスプリント、かかと痛などで、ますます試合から 遠のくという オチも よくあります。

しっかり柔軟をすれば、そんなことはない!という意見もありますが、成長の早い・遅いの差を 埋めるのは、相当難しいということには 変わりはないです。
 

8. 試合に出られないのは努力不足?

フィジカル(身体能力)の差は、小学生が努力だけで 埋めるのは 難しいこともあり、努力だけでは どうにもならないこともあります。

そもそも 努力しないから 上達しない子もいますので、一概には言えませんが・・。

勝ちに こだわった選手選考だと、がんばって努力している子でも 試合に出られない ということは よくあります。

小学生のときには 鳴かず飛ばずでも、中学・高校になって エースクラスで 活躍する選手もいるのを見ると、才能の差というわけではないようです。

成長の早い・遅いの差が、試合の出場機会の差になり、そこで 多くの 晩熟(晩成)型の子は、自信と興味を失い、サッカーをやめてしまうというパターンも多いように思います。
 

9. 控え組の憂鬱

2015年から日本サッカー協会の指導で、U12のカテゴリー(6年生以下)でも、リーグ戦が 導入されることになり、試合数が 一気に増えました。

そのため、毎週のように 試合があり、親も 子も 忙しい日々を 送る割には、控え組にとっては、ベンチで過ごす時間が 長くなり、ほとんどサッカーが できない という状況が 続くこともあります。

スタメン組は、へとへとになりながらも、多少のケガを おしてでも、試合に出るのに、控え組は ベンチで 応援するだけ。控え組の保護者も、準備や サポートで 忙しいのに、スタメンを ベンチで応援するだけの 我が子を 見るだけの つらい日々。

貴重な週末を潰して、このような状況が続いてくると、案外 子供より 保護者のほうが そのストレスに 耐えられなくなる場合も あります。

10. 下の学年の控え組の親の心配

1コ下の学年の 控え組にとっても、上の学年の 試合に 帯同することは ストレスのようです。結局 忙しい割に、ベンチで長い時間を過ごして、練習ができないという状況が 続くこともあります。

野球などのスポ少では、上級生がレギュラーで、下学年はもっぱら応援についていく という状況も 多いですが、学年ごとに大会・試合がある サッカーでは 意外と 珍しいことです。

こういう練習できない状況が 続いているとき、気になるのは さらに下の学年の子たちです。試合に拘束されることなく、練習をしている下の学年の子たちに、試合続きでベンチに拘束され 練習できない 我が子が、自分の学年の試合の スタメンをかけて 競うことになるからです。

1コ下の学年には、入団間もない経験の 浅い子もいます。練習不足で、下の学年の子に 自分の学年の大会の 出場機会を取られないか 心配なのでした。

かといって、同じ学年の子 みんなが 上の学年の試合に帯同している状況で、自分だけ 下の学年に 混ざって 練習するというのも つらい話です。

どうしたらいいのか 分からないという ジレンマな ストレスですね。
 

11. 学年ごとの活動にすれば 控え組の不満は 解決するけど・・

もし、1コ下との合同を解消して、学年ごとの活動に戻せば、ウチの学年・1コ下の学年の 控え組の不満は 解決できるでしょう。

しかし、試合では 今よりは 勝てなくなるでしょう。そうなると、今度は スタメン組に 不満が 出てきます。

1コ下との合同チームにすることは、団としても大会結果が残せますし、大会結果を重視する スポ少は多いです。

つまり 利害関係的には、「団・指導者+スタメン組」vs「控え組」という構図に なりがちです。そもそも 控え組には 厳しい 状況になりやすい ということです。
 

12. 勝ち優先の もうひとつの弊害

勝ちを優先することで、上手な子に 試合経験が 集中する傾向が 強まります。これは、一握りの選手の 育成を 重視しているようにも見えます。

ただ、試合を集中させ過ぎて、小学校のうちに体を壊したり(ジャンパー膝、オスグッド、かかと痛など)、ムリして半月板を損傷して 将来の可能性を絶たれた という話も 聞いたことがあります。あるいは、中学校を前に 早くも 燃え尽き症候群に なって サッカーをやめてしまう 子の話も、実は 少なくないです。

なんでも やり過ぎは 良くないですね。
 

13. さいごに

たとえ 控え組としての時期が 続いても、学年が進むにつれて、徐々に 体力、スピード、運動量等が 伸びてくる 場合もあります。それまで 腐らずに しっかりトレーニングを 積んでいれば、実力を逆転させて、スタメンを勝ち取ることもできます。

もし小学校では 芽が出なくても、粘り強く がんばって、中学・高校になってから 活躍する人もいます。

逆に、身体能力に頼り過ぎて、練習をテキトーに やってた 子たちの中には、低学年までは 活躍していたのに、学年が進むにつ入れて 周りの子たちも身体能力が追いついてきて 目立たなくなり、実力も 逆転されるということも よくあります。

努力は いずれは 報われることもあるけど、小学校のうちには 実現しないリスクもあるので、いっそ 考えを 切り替えて、家族の時間を 大事にするという 発想もアリなのかもしれないです。
 

 

関連記事 サッカー・スポ少/レギュラーになれない子・下手な子の親の逆襲

注目記事 スポ少・習い事・勉強の両立!すきま時間もムダにしない学習で成績アップ
人気記事 進研ゼミ小学講座の体験・感想/テレビ・動画大好き6年生が自ら勉強を!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする