ジュニア甲高幅広3Eで選ぶ!子供のサッカースパイク特集!土/芝/人工芝

 

 

子供の 靴選び、幅が 窮屈で ちょっと大きめ の 靴を 選んで いないですか?

 

日本人の足は欧米人より 幅広・甲高の人が 多い と いわれてます。ナイキ(アメリカ)や アディダス(ドイツ)等 の 欧米メーカーの スパイクを 狭いなぁと 感じる人が 多い のは それが 理由。
 

子供の 足に あった スパイク・シューズを 選ぶことが、パフォーマンス向上のほか、ケガ のリスク軽減 にも 役立ちます。ところが 幅広タイプで 時間を かけて探しても、子供が 気に入ってくれる デザインが なかなか見つからない ことも^^;。

そこで 納得の サッカー スパイクを、幅広・甲高タイプから 探すために、ワイズ「3e」以上の 幅広タイプを ピックアップして紹介。(参考:2 「ワイズ3E」とは? 靴のサイズについて解説
 

ところで サッカースパイクには、芝用 や 土用 など の グランドやピッチに 応じた 区分が あることは ご存知でしょうか?これらの区分についても 見落とすことなく 選ぶことも 大事です。(参考:3 グランド・ピッチに応じた区分について

 

このページのガイド(目次&比較一覧)

 

1. 幅広・甲高の足の子にあう おすすめサッカースパイク

1.1. ミズノの幅広・甲高(ワイズ3E)

ミズノ(MIZUNO) の「モナルシーダ(MONARCIDA)2」のジュニア モデル。


(↑ click! ショップで 確認 ↑)

 
用途(コート サーフェス)は、土・人工芝 兼用となっていますが、天然芝などでも 使える サッカー スパイクです。

日本人に 多い といわれる 甲高・幅広といえば、やはり日本のメーカーである ミズノ(MIZUNO)は 定番かも しれませんね。
 
特徴

  • 土・人工芝兼用
  • 甲材(アッパー):合成皮革
  • 底材(ソール):合成底
  • ゆったりとした 履き心地の「ワイドラスト」(3E相当)

 


 

 

1.2. ニューバランスのワイズ3E&指先ゆったり

ニュー バランス(new balance)の「ビザロ(VISARO)」のジュニア モデル。


(↑ click! ショップで 確認 ↑)

 
用途(コート サーフェス)は、土・人工芝 兼用と なって います。普通は「土・人工芝 兼用」なら 天然芝でも 使われてます。
 
特徴

  • 土・人工芝 兼用
  • 甲材(アッパー):合成皮革
  • 3E(幅広・甲高タイプ)
  • 足指の動きを妨げない ゆとりあるキッズ用ラスト
  • ※「ラスト」シューズの先端部分のこと

 

幅広 対応の ワイズ3Eに 加え、ニューバランスの シューズは、足指の 動きを 妨げない ゆとり ある つくりの ラストに なっています。

少し前の モデルですが、左の「ニューバランスのシューズ」と、右の「ミズノのシューズ」を 比べて みると 分るように、足指がくる 先端部分(ラスト)が 広く できている のが 分かりますね。

ウチの長男は、このニューバランスの シューズが お気に入りです^^。
 


 

人気の シューズなので 売り切れ ることも。でも 楽天市場 なら 他にも 取扱店が あるので 便利です。セールの タイミングなどで、ついでに もっと お得な ショップが 見つかるかも。

Check! >>楽天市場で ニューバランス・ビザロ(VISARO)を 選ぶ!

 

 

1.3. ヒュンメルの ゆったり幅広

ガイナーレ鳥取や アイナック神戸で おなじみ の ヒュンメル(hummel)の ジュニア サッカー スパイク。ゆったり 幅広の「プリアモーレ 4 Jr.」です。

甲高・幅広 足の 日本人の足に 適したモデルです。
 
特徴

  • 幅広モデル/ワイドモデル
  • 甲材(アッパー):人工皮革、合成繊維

 
ちなみに、ヒュンメルは デンマークの スポーツブランドです。北欧ブランドらしい シンプルで 洗練された デザインが 世界中で 愛されています。

 

 

1.4. アンブロの ジュニア専用ワイドラスト

アンブロ(UMBRO)『アクセレイター』シリーズの ジュニア専用 ラバー スパイク モデル。
突き上げ に配慮した 踵部分に 衝撃 緩衝材など 子供の足を 考えた構造 のスパイク。ジュニア専用 ワイドラスト アッパーです。
 
特徴

  • ジュニア専用 ワイドラスト アッパー
  • 人工皮革/ゴム底

 
アンブロ(umbro)は、もともとは イギリスの サッカー・ラグビー用品の ブランドで、世界に 知られる ブランドです。

 

以上、ミズノ(MIZUNO) ニューバランス(new balance)ヒュンメル(hummel)アンブロ(umbro) の 幅広の サッカースパイクでした。
 

 

2. 「ワイズ 3E」とは? 靴のサイズについて解説

ワイズ(またはウィズ)」とは「足囲(そくい)」のことで、JIS規格で定められている 靴のサイズの 一種です。足の 横幅 と 厚み を 記号 で 示します。

足囲 または 足幅 により、B、C、D、E、EE、EEE、EEEE、F、G、の9段階があります。標準幅が EE(2E)で、それより 1段階 幅広甲高なのが EEE(3E)です。

なお、「足幅」は足の幅。そして「足囲」は足を横断方向ぐるりと 巻いて測った長さ(横幅と厚みが反映されます)です。


 

JIS規格で 定める ワイズの サイズ表は 3種類。

  • 「子供用(11歳以下)」
  • 「男性用(12歳以上)」
  • 「女性用(12歳以上)」

の 3つ です。

子供用の サイズ表 の一部を 見てみましょう。

3Eと2Eの足幅・足囲を比べてみると、「3E」の数値は、「足長を0.5cmアップさせた2E」の数字に近いです。

つまり 自分の足長サイズで「3E」が ないときの 次善の方法は、「2Eの足長0.5cmUP」ということになります。たまに 靴の説明で「幅広の方は 0.5センチ大きいサイズを 試してみてください」と 書かれているのを 見かけたりしますね。
 

ところで、海外の靴の サイズの 表記は、残念なことに 日本とは 全く 違います。そのため 海外メーカーの 幅の表記のしかたや、表記が ないことに 戸惑うことも。

もともと 海外メーカー製には 細身のシューズも多く、日本でいう E や D 相当の 細身幅も 普通に あったりするので、足長0.5cm大きくしたのに まだ 幅が窮屈!ということも あります。

近頃は、海外メーカーでも 「ワイド設計」「WIDE」などの表現で、幅広甲高の 足向けのシューズも あるので、選択肢が 昔より 増えてます。「3E相当」「4E相当」など 日本の表記に あわせてくれるものも。

スパイク選びで 失敗しないために、幅に注意した スパイク選びが すごく大事です。
 

 

3. グランド・ピッチに応じた区分について

コートサーフェスなどともいわれます。HG、FG、SG、AGなどの記号で表記されることもあります。

  • HG : 土・砂などの硬いグランド。学校などの校庭に多いです。
  • FG : 天然芝や やわらかい土のグランド。
  • SG : 雨などでぬかるんだグランド。
  • AG : 人工芝。

硬い土用(HG)のスパイクは、汎用性が高く どんなグランドにも 使えるとされます。ポイントの数が10~14程度と多いのが特徴。ジュニアのサッカー スパイク は、ほとんど このタイプです。

FG、SG のように やわらかいグランド用のスパイクは、ポイント(スタッド)の数が 6~8程度と少ないです。硬い土のグランドでは、足にかかる衝撃が 大きく、不向きとされます。

なお 体がまだ 成長途中の ジュニア年代は、足の骨も 大人の骨と違い まだ 軟らかく、強い 衝撃には 弱いです。そのため、ポイントの 数が 少なく 足にかかる 衝撃が 大きいスパイクは 適切ではありません。ふつう ジュニア年代は、ポイント数の多い HG が 使われます。
 

 

4. すぐ欲しいとき!今注文して 明日届くお店は?

大会や試合が 迫っていて、とにかく すぐ欲しい!という場合には、楽天市場の「あす楽」が便利です。「あす楽」とは、楽天市場の「今日買って、明日届く」というサービスです。

サービスの利用には、正午12時とか 15時とか お店が決めた時間までに 注文することが条件です。また、その お店が 宅配で1日圏内にあること、休業日でないことなども大事です。

「明日届く お店・商品(サッカースパイク)」の見分け方は簡単です。対象品には【あす楽】や「あす楽対応」という 印があります。無ければ「あす楽」ではないです。

先に「明日届く お店・商品(サッカースパイク)」の中から、幅広タイプのスパイクを探すという方法もあります。その手順はこうです。

楽天市場のサッカースパイク・シューズの商品一覧は こちら
のページ左側の検索メニュー内の「配送先」で都道府県を選ぶ
のページ左側の検索メニュー内の「翌日配達(あす楽)」で希望を選ぶ
: 検索結果が 出るので その中から 購入したい サッカースパイクを探す

午前中の注文なら「あす楽」対応の ほとんどの店が 対応します。ところが、正午 12時を 過ぎると 対応できる店が 減っていき、15時過ぎだと ほとんどないかも。勝負は 午前中ですね。
 

 

5. さいごに

サッカースパイク選びって、ついつい デザインと 値段を 優先しがちです。でも 体への負担や パフォーマンスを考えると、足とのフィットや グランド・年齢に 応じた 区分なども 見落せない部分です。

子供が 安心して 活躍できるように、大人の わたしたちが 正しい知識をもって 選んであげることも大事ですね。
 

関連記事

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。